【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月02日 10時30分]



Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


皆様こんにちは!
その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか?
1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。
レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり
ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。
朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。

さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウント用レンズとして復活を遂げました!!
80年ほどの時を経ての復活です。
当時のスクリューマウントの物は前述の通り生産数が少ないため
手に入れたいと思っても、お目にかかることさえ滅多に無いレンズです。

今回の復刻版では、フィルター径が以前のE48からE49になりました。
また、特徴的なセンターフィルターやフードの形状は当時のそれを思わせる再現ぶり。
見ているだけでも心躍ります。

さっそく試す機会に恵まれたので撮ってきました!
使用したカメラはLeica SL(Typ601)です。
全て絞り開放で撮影しました。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


ちょっとだけ桜吹雪!
私は今年、お花見をしないまま桜が終わりそうです。
今年は開花も早くてビックリしました。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


枝垂れ桜。
ボケを見てみたくてパシャリ。
特徴的なリングボケが出ています。
後ボケよりも前ボケのほうが気になったのですが上手く撮れず…。
また次回使うことがあれば前ボケを意識した撮影をしたいです。


Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


さて、モデルさんのご登場。
90mmという焦点距離ですから、やはりポートレートで使ってこそ!というレンズな気がします。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


お腹が空いたので早々にご飯に行き、夜の撮影スタート。
夜らしい雰囲気の衣装のチョイスがナイス。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


ストロボは持ってこなかったので、キャッチライトが入るところでパシャリ。表情が活き活きして見えます。
普段は薄暗いバーで撮ることが多いですが、光の入れ方ってすごい大事です。


今回はこの辺で。
ソフトフォーカスレンズなので、解像感よりは雰囲気重視で光の入れ方を意識して使いたいところ。
中々にクセのあるレンズですが、次こそは上手く撮りたい…。
チャンスがあればリベンジしたいと思います。







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月02日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]