【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月02日 10時30分]



Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


皆様こんにちは!
その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか?
1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。
レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり
ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。
朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。

さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウント用レンズとして復活を遂げました!!
80年ほどの時を経ての復活です。
当時のスクリューマウントの物は前述の通り生産数が少ないため
手に入れたいと思っても、お目にかかることさえ滅多に無いレンズです。

今回の復刻版では、フィルター径が以前のE48からE49になりました。
また、特徴的なセンターフィルターやフードの形状は当時のそれを思わせる再現ぶり。
見ているだけでも心躍ります。

さっそく試す機会に恵まれたので撮ってきました!
使用したカメラはLeica SL(Typ601)です。
全て絞り開放で撮影しました。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


ちょっとだけ桜吹雪!
私は今年、お花見をしないまま桜が終わりそうです。
今年は開花も早くてビックリしました。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


枝垂れ桜。
ボケを見てみたくてパシャリ。
特徴的なリングボケが出ています。
後ボケよりも前ボケのほうが気になったのですが上手く撮れず…。
また次回使うことがあれば前ボケを意識した撮影をしたいです。


Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


さて、モデルさんのご登場。
90mmという焦点距離ですから、やはりポートレートで使ってこそ!というレンズな気がします。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


お腹が空いたので早々にご飯に行き、夜の撮影スタート。
夜らしい雰囲気の衣装のチョイスがナイス。

Leica SL (Typ601) + Thambar M90mm F2.2


ストロボは持ってこなかったので、キャッチライトが入るところでパシャリ。表情が活き活きして見えます。
普段は薄暗いバーで撮ることが多いですが、光の入れ方ってすごい大事です。


今回はこの辺で。
ソフトフォーカスレンズなので、解像感よりは雰囲気重視で光の入れ方を意識して使いたいところ。
中々にクセのあるレンズですが、次こそは上手く撮りたい…。
チャンスがあればリベンジしたいと思います。







〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月02日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

私がカメラを始めたきっかけ 私がカメラを始めたきっかけ Vol.8 2018年09月21日
-私がカメラを始めたきっかけ- さて、「私が愛してやまないニコン」、の切り口で いつも記事を書かせていただいておりますが、 もっとも私が最初に手をしたカメラは、 今所持しているD850などとは似ても似つかない、 さらにはメーカーはニコンでもない、 非常にコンパクトなカメラだったのです。 私は平成に生を受けました。 私が物心付いたころに周囲にあったカメラといえば、 デジタルカメラがほとんどで、 フィルムカメラなどは「写ルンです」程度しかしらない世代です。 カ...
続きを読む
【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]