ねことほそ道 | THE MAP TIMES 
Select Language



ねことほそ道

[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月30日 19時00分]



その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount



そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度にゆったりとした時間の流れにノスタルジーを感じていたのですが、それが今日の気分にぴったりだったのです。

SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


高層ビルが立ち並ぶ都心部とはうってかわって細路地が続き、一歩路地に踏み込めばそこには地元に根付いた生活が垣間見えてきます。
一見無造作に置かれた自転車はれっきとした駐輪スペースかもしれません。道にせり出すようにプランターをこれでもかと並べて様々な植物を育てているところもあれば、突如現れるネオンの付いた看板を覗きこむと細路地の一角にこぢんまりとした飲食店が顔を見せたりと、ギュッと詰め込まれた生活がそこにはあります。


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


そんな中にゃあ。と声がしたので振り向いてみれば、猫ちゃんがおりました。洗濯機の上に寝そべっているのでしょうか。この日の気温は30℃にも届きそうな程暑い日でしたので、そんな事を思い返してみると日陰でひんやりとした金属は確かに涼しそうです(しかしあの洗濯機はどうやって使うんでしょうか)


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


野良猫が多い街と少ない街、恐らくはその街毎の自治体によるものだとは思うのですが三ノ輪ではよく猫ちゃんに遭遇します。こちらも日陰で涼んでいるのでしょうか、だらりと寝そべりつつも近づく筆者に一瞥をくれるのですが暑さで面倒なのかそのまま何枚か撮らせてくれました。


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


別の猫ちゃんですがこちらは日光の下でお昼寝中でした。
肉球に触りたいという衝動を抑えつつ起こさないようにそっと一枚。肉球、ふにふにしたくなります。


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


佳い光です。いただきます。


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


間違いなくここは東京都であり、住宅街のど真ん中でしかも休日なのですが本当にゆったりとした時間が流れています。
「わが手で守ろう わが街 わが家」が印象的。


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)


細路地を広角レンズで下からズバンと仰いでみました。もう少し太い路地だと電信柱が立ち並び、電線がクモの巣のように広がっているのですがここまで細いと意外とスッキリとしているものです。


SONY (ソニー) α7RIII ボディ ILCE-7RM3+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount


住宅街を抜け近所の神社に辿り着きました。「はて、見慣れない物が結ってあるな。」と思えば傘みくじというそうで、"傘が開く"と"運が開く"をかけてこのおみくじが誕生したそうです。元は山口県にある神社が発祥の地なんだとか。
筆者も良い被写体に巡り合えますようにと一本引いて結い、その場を後にしたのでした。
結果は・・・聞いてはいけませんよ。


本日使った機材、お求めはコチラから









マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo

撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月30日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
null 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む
【タカラトミー】Printoss de スマホ写真プリント 【タカラトミー】Printoss de スマホ写真プリント 2018年12月05日
▼Printoss de スマホ写真プリント▼ var forcia_var = { JAN_CODE: "4904810897231,4904810897224" ,SELL:"new" ,LIMIT: "2" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4904810897231,4904810897224" ,LIMIT: "7" ,SELL:"used" ,SORT:"random" ,NO_SHOW:"subtitle,rating,review,icon_sp" ,GadgetType:"medium" ,DISP_PAGE_LINK: "1" }; ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]