遠くへ行きたい その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



遠くへ行きたい その1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月06日 12時00分]


Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


3月のとある金曜日、
1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル

羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。

税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080-
私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ
季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、
仁川と金浦の関係性は、東京なら成田と羽田、大阪なら関西と伊丹に近い感じでしょうか。

途中の駅で友人と合流して、今度は金浦空港から国内線に乗ります。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


2本の飛行機を乗り継いで到着したのは韓国第2の都市、釜山の金海(キメ)国際空港。
今回は待ち合わせの為にソウルを経由しましたが、
成田や関西、さらに地理的に近い九州地方など、日本各地8都市から直行便も出ています。

ここ釜山はソウルからは直線距離で320キロほど離れており、距離感は違えど東京と大阪の様な位置づけといえばわかりやすいかもしれません。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


ここからは路線バスで移動します。
途中混雑しても優先席は空席のまま。ここが年配者を敬う儒教国家であることを感じさせます。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


バスを降りたら、ひたすら急な坂道や階段を登ります。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


登ります…



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


登ります……



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


にゃー……
はぁ……
まだ登ります………



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


歩くこと、30分…

視界の四隅がケラレはじめて意識が遠のき、代わりに
瞼の裏にお花畑が見え始めた我々を待っていたのはこんな景色でした。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


ここは甘川文化村(カムチョン ムナマウル)

もともとは朝鮮戦争の際に逃れてきた人々が作った集落で、山肌に沿って家屋と入り組んだ路地が形成されています。
2000年代後半にはカメラマンやデザイナーなどを中心とした町おこしプロジェクトによってアートとしても見直され、
様々なオブジェや色鮮やかなカラーリングの家々が特徴的な、釜山のマチュピチュと称される観光地になりました。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


建物には実際に住人の方が住んでおり、斜面に沿って形成された家々の配置は、皆が日照権で不利益を被ることの無いように
工夫されているんだそうです。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


文化村の中心地、急な斜面を歩いてきましたが、
ここに来てもっと便利なバスがあることを知りました…



null


最後にスマートフォンからの画像で恐縮ですが、甘川文化村のパノラマを、
港町釜山の潮風が気持ちいいおすすめスポットです。


・・・


ずいぶんと長くなったので今回はこのあたりで。
次回に続きます。(その2はこちらから)




今回の使用機材はこちら







[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月06日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

私がカメラを始めたきっかけ 私がカメラを始めたきっかけ Vol.8 2018年09月21日
-私がカメラを始めたきっかけ- さて、「私が愛してやまないニコン」、の切り口で いつも記事を書かせていただいておりますが、 もっとも私が最初に手をしたカメラは、 今所持しているD850などとは似ても似つかない、 さらにはメーカーはニコンでもない、 非常にコンパクトなカメラだったのです。 私は平成に生を受けました。 私が物心付いたころに周囲にあったカメラといえば、 デジタルカメラがほとんどで、 フィルムカメラなどは「写ルンです」程度しかしらない世代です。 カ...
続きを読む
【Nikon】D500と夏の日々 【Nikon】D500と夏の日々 2018年09月20日
Nikon D500+Carl Zeiss Makro-Planar T* 50mm F2 ZF.2 焦点距離:50mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100 子どもの長い夏休みも終わり、だんだん秋の気配を感じるようになってきました。 夏生まれというのもあってか一番好きな季節が終わるこの時期は少し寂しい気持ちになります。 思い返せば今年の夏もちょっとでも出かける時にはD500を持ち出し、気ままに写真を撮って楽しんでいたなあと思います。 Nikon D500+Nikon AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED 焦点距離:20mm ...
続きを読む
【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]