遠くへ行きたい その1 | THE MAP TIMES 
Select Language



遠くへ行きたい その1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月06日 12時00分]


Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


3月のとある金曜日、
1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル

羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。

税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080-
私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ
季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、
仁川と金浦の関係性は、東京なら成田と羽田、大阪なら関西と伊丹に近い感じでしょうか。

途中の駅で友人と合流して、今度は金浦空港から国内線に乗ります。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


2本の飛行機を乗り継いで到着したのは韓国第2の都市、釜山の金海(キメ)国際空港。
今回は待ち合わせの為にソウルを経由しましたが、
成田や関西、さらに地理的に近い九州地方など、日本各地8都市から直行便も出ています。

ここ釜山はソウルからは直線距離で320キロほど離れており、距離感は違えど東京と大阪の様な位置づけといえばわかりやすいかもしれません。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


ここからは路線バスで移動します。
途中混雑しても優先席は空席のまま。ここが年配者を敬う儒教国家であることを感じさせます。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


バスを降りたら、ひたすら急な坂道や階段を登ります。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


登ります…



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


登ります……



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


にゃー……
はぁ……
まだ登ります………



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


歩くこと、30分…

視界の四隅がケラレはじめて意識が遠のき、代わりに
瞼の裏にお花畑が見え始めた我々を待っていたのはこんな景色でした。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


ここは甘川文化村(カムチョン ムナマウル)

もともとは朝鮮戦争の際に逃れてきた人々が作った集落で、山肌に沿って家屋と入り組んだ路地が形成されています。
2000年代後半にはカメラマンやデザイナーなどを中心とした町おこしプロジェクトによってアートとしても見直され、
様々なオブジェや色鮮やかなカラーリングの家々が特徴的な、釜山のマチュピチュと称される観光地になりました。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック
Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


建物には実際に住人の方が住んでおり、斜面に沿って形成された家々の配置は、皆が日照権で不利益を被ることの無いように
工夫されているんだそうです。



Leica (ライカ) Q(Typ116) ブラック


文化村の中心地、急な斜面を歩いてきましたが、
ここに来てもっと便利なバスがあることを知りました…



null


最後にスマートフォンからの画像で恐縮ですが、甘川文化村のパノラマを、
港町釜山の潮風が気持ちいいおすすめスポットです。


・・・


ずいぶんと長くなったので今回はこのあたりで。
次回に続きます。(その2はこちらから)




今回の使用機材はこちら







[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月06日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]