Select Language



【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月14日 18時50分]


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


皆様こんにちは!
今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。
この日はタンバール M90mm F2.2ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。
撮影していてすごく楽しい1日でした!

私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって)
夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。

まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。
上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバランスもあえてそのままに。
レンズが明るいおかげでISO感度は640で済みました。
F2のレンズで撮っていたらISO2500くらいだったでしょう。
感度を上げずに撮影出来るのでノイズが気にならず、レンズ本来の滑らかな階調が楽しめます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


上に小さい照明があったので、キャッチライトを入れてみました。
光源がない場所だったら小さめのLEDライトなどで演出してみるのもいいかもしれません。


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


目線をあえて外してもらってパシャリ。
膝を立ててもらったら構図の中に動きが出ていい感じに。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


また階段がありました。
必ずと言っていいほど階段を見つけたらそこで撮ります。
上からも下からも撮れて動きが出るからというのもありますが、何故だか好きな階段。
番町皿屋敷は怪談。偉い人が集まるのは会談。言いたいだけです、すみません。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


喧騒を離れて小路でパシャリ。
この道は以前も写真を撮って気に入っている場所なのです。
まさにノクティルックス、という大きなボケと程よい遠近感です。
90mmなどの中望遠レンズでは全身を写そうとすると被写体とかなり距離を取らないといけなくなるのに加えて
背景が圧縮されるので広がりが無くなってしまいます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


絞り開放ではピント合わせがシビアなレンズですが、Leica SL(Typ601)との組合わせなら、かなり扱いやすいです。
ファインダーが見やすいだけでなく、グリップも大きく握りやすいのが大きなポイント!
ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHは770gとMマウント用レンズにしては重量級です。
M型デジタルカメラに装着すると、ずっしりとその重さを感じます。

Leica SL(Typ601)の大きなグリップは、重量級レンズを装着してもガッシリとホールドできる安定感が魅力。
ノクティルックスを装着しても重心がボディ側に残るので、手ブレしにくく安定した撮影が可能になります。

マップカメラ店頭では実機でのお試しも出来ますので是非ご体感ください!







5月10日にライカの価格改定があります!!
今回ご紹介したノクティルックスも価格改定の対象になっています!!
今ならまだ値上がり前の金額で手に入ります!
魅惑の大口径レンズ、一度写真を撮れば虜になること間違いなしです!
是非ご検討ください!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月14日 18時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]