【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月14日 18時50分]


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


皆様こんにちは!
今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。
この日はタンバール M90mm F2.2ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。
撮影していてすごく楽しい1日でした!

私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって)
夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。

まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。
上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバランスもあえてそのままに。
レンズが明るいおかげでISO感度は640で済みました。
F2のレンズで撮っていたらISO2500くらいだったでしょう。
感度を上げずに撮影出来るのでノイズが気にならず、レンズ本来の滑らかな階調が楽しめます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


上に小さい照明があったので、キャッチライトを入れてみました。
光源がない場所だったら小さめのLEDライトなどで演出してみるのもいいかもしれません。


Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


目線をあえて外してもらってパシャリ。
膝を立ててもらったら構図の中に動きが出ていい感じに。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


また階段がありました。
必ずと言っていいほど階段を見つけたらそこで撮ります。
上からも下からも撮れて動きが出るからというのもありますが、何故だか好きな階段。
番町皿屋敷は怪談。偉い人が集まるのは会談。言いたいだけです、すみません。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


喧騒を離れて小路でパシャリ。
この道は以前も写真を撮って気に入っている場所なのです。
まさにノクティルックス、という大きなボケと程よい遠近感です。
90mmなどの中望遠レンズでは全身を写そうとすると被写体とかなり距離を取らないといけなくなるのに加えて
背景が圧縮されるので広がりが無くなってしまいます。

Leica SL (Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


絞り開放ではピント合わせがシビアなレンズですが、Leica SL(Typ601)との組合わせなら、かなり扱いやすいです。
ファインダーが見やすいだけでなく、グリップも大きく握りやすいのが大きなポイント!
ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHは770gとMマウント用レンズにしては重量級です。
M型デジタルカメラに装着すると、ずっしりとその重さを感じます。

Leica SL(Typ601)の大きなグリップは、重量級レンズを装着してもガッシリとホールドできる安定感が魅力。
ノクティルックスを装着しても重心がボディ側に残るので、手ブレしにくく安定した撮影が可能になります。

マップカメラ店頭では実機でのお試しも出来ますので是非ご体感ください!







5月10日にライカの価格改定があります!!
今回ご紹介したノクティルックスも価格改定の対象になっています!!
今ならまだ値上がり前の金額で手に入ります!
魅惑の大口径レンズ、一度写真を撮れば虜になること間違いなしです!
是非ご検討ください!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月14日 18時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 【SONY】冬の紆余曲折 2019年01月18日
新しい年が明け、年始ムードが落ち着いてきた平日のある日。 ふと冬の新宿御苑で撮影をしたことがない事に思い当たり、早速、新宿へ出掛けました。 到着したのは少し遅めの、午後2時を回った頃。 閉園の4時30分まではじゅうぶん時間があります。 入場門に到着して早々に目に飛び込んできたのは、まさかの「営利目的の撮影禁止」の看板。 念の為、インフォメーションセンターで確認するも、自身の行為が営利目的であると太鼓判を押されただけでした。 「そういえば、プライベートでしか撮りに来た...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III 続いてはα7RIIIとα7III。この2機種は今年4月にVer.3.0をリリース予定されています。 Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化 シャッターボタン半押しで作動/動物瞳AF 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。そして、動...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]