Select Language



そうだ花見に行こう!(信州上田編)

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年04月03日 00時25分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。

しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。


今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。
FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。


都内の桜のピークもあっという間に過ぎてしまった頃に、桜前線を北上し追いかけるか?標高の高い場所に行くかで毎年悩みます。
この日は別の(※後程お見せします)楽しみも仕込み、北上(東北)よりも近い信州に向け車を走らせました。


1枚目の写真は途中のサービスエリアでの一コマ。風は少し冷たくジャケット1枚欲しくなる気温ですが、桜の花も正に今が満開!長距離運転の疲れも癒されます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



上信越道上田インターで下車し街を抜け郊外に向かいます。
信州の古刹前山寺に到着。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


石畳を歩き奥へと進みます。
立派な山門の手前には、正に撮ってくれ。と言わんばかりの綺麗な桜が出迎えてくれます。


撮影はこの後じっくり楽しむとして、その前に先ずはこちらを頂きます。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



前山寺名物の「くるみおはぎ」をご相伴にあずかります。
『花より団子』ならぬ『花よりおはぎ』です。上品な甘さと、香ばしいクルミの風味が絶妙です。
私は今回で2回目の訪問ですが、この味に魅了され春の楽しみとなっています。


さてお腹も満たされ撮影再開です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



山門をくぐるとそこには春満開の景色が出迎えてくれます。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



建物もどれも立派で貫禄があります。ふと春も良いけど「雪に包まれた時期に来てみたい」と感じました。これはカメラマンの欲張りな性でしょうか。


途中、抜け道?らしい路地に入り(すみません。こういった寄り道筆者は大好きです)木漏れ日の中で1枚。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



強い光線が入り、非常に意地悪なテストになりましたが、このレベルの描写であればキットレンズもなかなかのものだと思います。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



あちこち寄り道しながら市内中心部へ戻ってきたころには、だんだん夕陽も傾いてきました。


今日最後の楽しみは夜桜見物です。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS



昔のフィルム撮影ではもはやISO1600以上の撮影継続、まして「手持ち」なんてご法度だと思います。


ここでもこのカメラの優秀さが証明されました。


色の再現性はここでも強みです。


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS




交換レンズも持って行きましたが、結局この日は標準ズーム1本でいろんなシーン、を撮ることができました。


皆さんもお気に入りの機材を片手にお花見散布に行かれては如何でしょうか。









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2018年04月03日 00時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]