Select Language



【Voigtlander】NOKTON F0.95を携えて

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月09日 17時00分]



お手頃な価格にも関わらず大口径のVoigtlander NOKTONシリーズ。
特にマイクロフォーサーズ専用として設計された5本はいずれも
開放F値0.95を実現しつつ、実用的なサイズ感を実現しています。

今回はその中の1本 Voigtlander NOKTON 17.5mm F0.95 と
OM-D E-M5 MarkIIを携え街に・旅に出掛けてきました。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

今ではすっかり静かになってしまった地元商店街のとある一角で。
3月の寒い日でしたが、暖かそうな格好をしています。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

天ぷら屋さんのお品書き。売り切れたら外す様です。
偶然見つけたお店ですが、祖母が子供の頃からあるくらいの老舗でした。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

日は変わって、特急列車に乗って旅に出掛けます。
こちらは自由席の様ですが・・・誰もいない?


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

機関車のマスターコントローラー。
群馬県にある碓氷峠鉄道文化むらにやってきたのでした。
最短撮影距離0.15m、最大撮影倍率1:4を実現しており、ここまで寄ると
大きなボケを得る事ができます。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

古い車掌車の設え。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

落ち着いた内装とだるまストーブの雰囲気が素敵です。
何もかも合理的な現代には無い何かを感じます。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

格納庫の天井から差し込む淡い光。
ノクトンはどんな光も優しく捉えます。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

いまは全く使われなくなった回転変流機。
メンテナンス性も効率も現代のインバータには敵いません。
でも、その質感や作り込みは現代に無い何かを感じます。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

鉄道文化むらを見終えて、同級生とアプトの道へ。
F0.95の明るさがその状況や表情を余すことなく捉えます。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

トンネル内の暗さに加えて日没直前。
とても光量の少ない条件ですが、OM-Dの5軸手ぶれ補正に加えて
ノクトンのF0.95の明るさでまったく躊躇することはありません。


NOKTON 17.5mm F0.95+OM-D E-M5 MarkII

学生時代、毎週のように出掛けていた同級生も今では各々の道に進み、
今回は久し振りの旅でした。楽しい時間はあっという間、
また近いうちにこんな機会が来る事を祈って・・・。


より大型センサーのフォーマットと比較した際、マイクロフォーサーズはどうしても
センサーサイズの小ささによる被写界深度の深さ(ボケにくさ)と画素ピッチによる
高感度特性の不利さが見えてしまいます。
しかしそれと引き換えに、F0.95のノクトンと始めとする大口径レンズが取扱いやすいサイズ、
重量、そしてお手頃価格で用意されている事は大いに評価できることだと思います。
驚異的な大口径F0.95の世界に、貴方も飛び込んでみませんか。



気兼ねなく使いたいお客様には中古品をお勧め致します。
良品・並品は新品との値段差が大きくお買い得です!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月09日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

三度沖縄 三度沖縄~mitabi,okinawa~ 2018年07月19日
まだ 夏本番 というわけではありませんが沖縄に行ってきました。 事前の天気予報は曇りor雨 で朝から雨、行きの飛行機も雨。 だったのに沖縄に着くころには眩しい太陽、青い空。 晴れました。 一枚目は青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜 と言いたいところですが、深い森のディープなグリーン、黒の締りをご紹介いたします。 なぜこの写真を一枚目に選んだかといいますと、撮影テストの結果を凝縮したく選びました。 絞りは開放、驚くような解像と描写力です。 レンズは EF35mm F...
続きを読む
【Nikon】夏を撮るwith ニコン 【Nikon】夏を撮るwith ニコン 2018年07月18日
日に日に気温が上がり、夏の本番が始まろうとしている今日この頃。 夏といえば、アウトドアを楽しむには一番のシーズン。 むしろ、夏こそ楽しめるイベントも沢山あります。 キャンプ、花火大会、夏祭りなどなど・・・。 うだるような暑さに負けず、この夏は 是非たくさん写真を撮りましょう。 今回使用した機材は「Nikon AF-S 24-70mm F2.8G」 「今更旧型のGタイプでいいの?」とよくお客様にご質問をいただきます。 しかし、今だからこそ知って頂きたいGタイプの良さもあるのです。 Gタイプの良さ...
続きを読む
夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]