MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Canon】EOS Kiss M レビュー エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力

[ Category:Canon|掲載日時:2018年04月12日 21時00分]




null
Canon EOS Kiss M


2018年3月23日に新発売となったEOS Kiss M
気になっている方も多いのではないでしょうか?

今までキヤノンのKissシリーズはすべて一眼レフカメラでしたが、ついに満を持してミラーレス機としてデビューを果たしました。
今回EOS Kiss Mを使う機会がありましたので、作例を交えたレビューをお伝えしたいと思います。

エントリークラスとしての位置付けですが、実質的には現行のEOS M5やM6に対しての下剋上機種といって差し支えない完成度です。

新映像エンジンDIGIC 8が搭載され、デュアルピクセル CMOS AFのさらなる高速化を実現。
更にエントリー機としては初の4K動画を採用し、今まで他社に遅れを取っていた瞳AF機能をEOSシリーズとしては初搭載。
ハイエンドユーザー向けのRAW画像も、新たにCR3形式に更新されており、C-RAWという軽容量の新しいフォーマットが搭載されています。

Kissの名前を付けられてはいますが、今までキヤノンのミラーレス機とは全く異なる、最新鋭の一台となっています。

今回のレビューは新搭載の瞳AF、AF性能の向上を体感したく、ポートレート撮影を中心に行いました。
また、標準セットで販売されている便利ズーム EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMと、軽量マクロ EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMマクロの撮影も合わせて行っています。

以下に掲載する写真はすべてJPG取って出し、明るさの微調整以外は編集しておりません。

作例に使用しているSIGMA EFマウントレンズについては、EF-EFM用のマウントアダプターを介しての装着を行っております。
EFマウントレンズを直接本機には装着出来ませんので、ご注意ください。



Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM 24mm ISO 200 F18 SS 30秒


まずは桜の有名所、埼玉の幸手にある権現堂で撮影を行いました。
昼間に撮影するのも楽しいですが、この時期は人が多くポートレートの撮影には不向き。
出店が終わって人もまばらになる23時頃から撮影を行いました。



Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM ISO 4000 F1.6 SS 1/80 マウントアダプターEF-EFM使用


人通りの少なくなった桜並木で一枚。
ピンク色の街灯がメインと、光量の少ない環境下での撮影でしたが、AFの留まりは抜群です。
顔認識も迷うこと無く一発で合致してくれると、撮影のテンポも良くなり撮影が楽しくなります。

感度はISO4000と高い設定での撮影ですが、ノイズも目立つこと無く撮って出しでも問題なく使用できそうです。
DIGIC 8の実力はAF性能だけでなく、画質も向上されていることが実感できます。



Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM ISO 640 F1.4 SS 1/50 マウントアダプターEF-EFM使用

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM ISO 1000 F1.4 SS 1/80 マウントアダプターEF-EFM使用


桜ポートレートの定番、前ボケを活かした撮影です。
入り組んだ枝の隙間から撮影を行いましたが、どのアングルからでも撮影ができる小型軽量のミラーレス機は抜群の使いやすさ。

そして、障害物が多いフレーミングでもAFの精度はバッチリ。
構図を変更しても即座に被写体の顔にピントを合わせるAF性能は、CanonのライビューAFの進化を感じざるを得ません。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM ISO 1000 F1.6 SS 1/80 マウントアダプターEF-EFM使用


この撮影ではストロボを2灯使って行いましたが、難しい調光も難なくこなしてくれます。
KissシリーズとはいえEOSシリーズの最新機、カメラ側からストロボの設定も出来ますし、調光も綺麗です。
元々Canonシリーズの機材を持っている方はアクセサリーの使い回しもでき、サブ機として運用するにはピッタリの1台かも知れません。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM 150mm ISO 125 F6.3 SS 1/100


続いては場所を移動し、東京都立川市にある昭和記念公園での撮影です。
広大に広がる敷地では、四季折々沢山の花を楽しむことが出来ます。
4月上旬は既に桜が散ってしまっていますが、様々な種類のチューリップを思う存分楽しむことが出来ますので
是非足を運んでみてください。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM ISO 100 F3.5 SS 1/160

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM ISO 100 F3.5 SS 1/500

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM ISO 100 F3.5 SS 1/125

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM ISO 100 F3.5 SS 1/80


EF-Mレンズはまだまだレンズの種類が少なく、尖ったスペックのレンズが無いと言われていますが
安定した描写力と本体に合うサイズ感は思っているよりずっと使いやすいです。
マクロレンズもF3.5と、あまり明るいレンズではないですが、強力な手振れ補正に加え、周辺減光が少なく解放からシャープな写り。
ボケ味も癖がなく、花の撮影にピッタリの一本です


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM ISO 100 F3.5 SS 1/2000


このレンズはスーパーマクロモードが搭載されており、より一層ぐっと被写体を大きく撮影することが可能に。
菜の花の細かい花もこのように綺麗に捉えてくれます。
また、光量不足を補えるLEDライトが搭載されているので、多少暗い被写体でも手ブレを気にせず撮影することが出来るのも本レンズの強みです。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM ISO 100 F3.5 SS 1/2000


EOS Kiss Mはバリアングル液晶が搭載されているので、このようなローアングル撮影も安易に行なえます。
難しいAFもタッチパネルで即座に合致するので、誰でも簡単に撮影が楽しめるところはKissらしさかもしれません。

HDRモードは特に使っていないのですが、この一枚は明暗差がありながらも綺麗なグラデーションが表現されており、撮影後に驚いた一枚です。
最新DIGIC8とAPSCセンサーの実力は侮れません。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM 105mm ISO 100 F22 SS 0.8秒

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM 118mm ISO 100 F6.3 SS 1/60

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM 59mm ISO 100 F9 SS 1/50

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M +EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM 79mm ISO 160 F6.3 SS 1/125


レンズキットとして販売されているEF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM
旅行やスナップに最適な使いやすいレンズですが、ボケや描写力も良い一本です。
水に濡れた岩の質感や、望遠側で捉えた花のシャープさは中々のもの。
荷物を少なくしたいときや、持ち出すレンズに迷ってしまったときは、この一本を装着してみてはいかがでしょうか?



Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM ISO 100 F1.8 SS 1/1250 マウントアダプターEF-EFM使用

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM ISO 100 F1.8 SS 1/1000 マウントアダプターEF-EFM使用

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM ISO 125 F1.8 SS 1/250 マウントアダプターEF-EFM使用



昼間のポートレートでもAFの速さはもちろん健在、横顔でもしっかりと瞳にジャスピンです。
シグマのArt 135mm F1.8 を使用した撮影でしたが、AF動作はバッチリ、瞳AFも問題なく機能します。
サードパーティー性レンズでも純正レンズ同様に使用できるのは、ユーザーにとっては嬉しいポイントです。

ピクチャースタイルを人物に設定して撮影しましたが、健康的な肌色の色味はCanonのお家芸。
JPG撮って出しでこの色味を出してくるEOS Kiss M、凄いです。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM ISO 100 F1.8 SS 1/640 マウントアダプターEF-EFM使用


中望遠の大口径レンズを一眼レフに装着して撮影すると、ピンが目元にこない…。
自宅に帰って画像チェックをしたとき、落胆された経験がある方も多いのではないでしょうか?

今回EOS Kiss Mで撮影して一番驚いたのは、ピントが浅いにもかかわらず全ショットがしっかり目元にピントが来ていたこと。
本当に、全ショット目元にジャスピンなのには驚きを隠せませんでした。
瞳AF+顔認証AFの性能には脱帽です。

余談ですが、瞳AF機能は上記写真のような、片方の目のみしかピントが合わないような場面では自動的に機能するのですが
ある程度顔が小さくなると、瞳認識はせず顔認識AFのみの作動でした。(両目ともピントが合うようになるため)


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM ISO 100 F1.8 SS 1/4000 マウントアダプターEF-EFM使用

Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM ISO 100 F1.8 SS 1/2500 マウントアダプターEF-EFM使用


本機の高速AFと安定した顔認証AFは、無理にでも前ボケを活かした撮影をしたくなってしまいます。
どんなフレーミングでも、AFがしっかり顔に来るのは本当に頼もしいの一言。

カメラ内では画像のアスペクト比の変更ができ、最近流行りのスクエア(1:1)画像も容易に撮影が出来ます。


Canon (キヤノン) EOS Kiss M
EOS Kiss M + SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM ISO 125 F1.4 SS 1/640 マウントアダプターEF-EFM使用


最後は木陰で休むモデルさんを一枚。
EFマウントレンズはほぼ全て使用が可能なので(別途マウントアダプターが必要です)
銘玉のSIGMA Art 50mmも楽しむことが出来ます。
EOS Kiss Mを使ってのポートレート撮影、サクサク快適&楽しすぎて嵌ってしまいそうです…。


DIGIC8を搭載し、更なるパワーアップを果たした EOS Kiss M
是非手に取って体感していただければと思います。

マップカメラ本館4階では、本機のタッチ&トライはもちろん
EFレンズやサードパーティレンズを装着しての動作確認なども行えますので
是非お気軽にご来店ください。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年04月12日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
【Canon】海とKiss 【Canon】海とKiss 2018年08月10日
東京も37度超える中、ドライブがてらに都内某所へ。 まずはこちら。 Pモードで撮りました。 レインボーブリッジは夜が定番ですが、昼間もいいですね。 次は夕焼けモードで撮影。 夕焼けチックに。 ここは神秘的な気持ちになります。 某所にある噴水を被写体に、シャッタースピードの速度を変えながら撮影をしました。 今までカメラまかせで撮ることが多かったのですが、 最近は、仕上がりを予想してカメラを積極的に操作するようになりました。 暑くて体力も...
続きを読む
【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 2018年08月09日
【24人の24mm】24mmで24(富士)山登山 マップカメラ24周年記念企画『24人の24mm』という事で、富士山登山へ行って参りました。 私にとっての「24mm」は広角の入り口でした。 長野県上高地でのキャンプに初めてのカメラを持っていった際、星と風景の為の広角レンズを持っていけなかった事を悔やんで次に買ったレンズが換算24mmのレンズでした。 残念ながら当時の機材は残っておりませんが、広角の生きる山岳風景と24mmレンズという組み合わせは、ある意味私個人にとっても記念の...
続きを読む
null 【24人の24mm】ひ・た・す・ら 建物 2018年08月08日
ひ・た・す・ら 建物 自転車(スポーツ車)に乗るのが好きなので、天気のいい日は都内を走り回ることが多いです。 目的地がはっきりしている時、目的なく行き当たりばったりと走る時、いずれにしてもバックの中には”カメラ”をいつも忍ばせています。 街を走行していると、いろいろな景色が眼の中にどんどん飛び込んできます。 特に都心部を走っていると”美しい”、あるいは”面白い”と感じる建物に遭遇することがあります。 これはちょっと自転車をストップして撮影をしてみ...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー05『はじまるno森へTrip2』 【はじまる410】体感型フォトムービー05『はじまるno森へTrip2』 2018年08月08日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』。 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 『はじまるトリップ ~ はじまるno森へ向かう旅 Trip2 ~』 今回の『は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]