【Leica】Tにあえてつけてみました。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】Tにあえてつけてみました。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月24日 10時30分]


Leica (ライカ) T(Typ701)  ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.


「完璧かつ簡潔」
そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT

何故今ライカTなのか?
TLでもTL2でもなく何故?
その理由は後程。

Leica (ライカ) T(Typ701)


アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。

Leica (ライカ) T(Typ701)


背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。
まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。

さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレンズアダプターを使用することで、Mマウントレンズも使用できます。
今回は数あるMマウントレンズの中から、こちらをつけてみました。

Leica (ライカ) T(Typ701) Super Elmar M21mm F3.4 ASPH.


Super Elmar M21mm F3.4 ASPH.

小型軽量の超広角レンズ。
その焦点距離と開放絞り値を聞いて、かの銘玉「スーパーアンギュロン」を思い出される方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Leica (ライカ) T(Typ701) Super Elmar M21mm F3.4 ASPH.


非常にバランスがいいです。

こちらのレンズをライカTにつけると、35mm判換算で約30mm相当のほどよい広角レンズになります。

null


null


目に見えたものを素直に撮れる、丁度よい画角です。

null


広角レンズを使用すると、無性に空を撮りたくなるのは私だけでしょうか・・・

null


フィルムモードの中にある、白黒ハイコントラストでも撮影してみました。
コントラストが強調され、重厚な雰囲気が漂っています。

軽快なこちらの組み合わせ、街中散歩のお供に、あるいはなにげない日常のお供にいかがでしょうか。

※Mマウントレンズに関しまして、一部ご使用いただけないレンズもございますので、ご利用の際はお気軽にお問い合わせください。

ところで
何故今ライカTなのか?
その理由はこのお値段です。
ご覧ください。





TLそしてTL2が出ました。
そして今こういうお値段でライカTは手に入るようになりました。

だからこそ今ライカTなのです。

今回使用したMレンズアダプターそしてSuper Elmar M21mm F3.4 ASPH.の在庫はこちらでございます。
どうぞご覧ください。













5月10日にライカの価格改定があります!!
今回ご紹介したMレンズアダプターSuper Elmar M21mm F3.4 ASPH.も価格改定の対象になっています!!
今ならまだ値上がり前の金額で手に入ります!

是非ご検討ください!
null


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
Canon EOS M5+EF-M32mm F1.4 STM 【Canon】Mと夜景。 2018年11月15日
ハロウィンも終わり、 街はイルミネーションやクリスマスマーケットが始まり、 いよいよクリスマスに突入と言った雰囲気です。 この時期の夜は色んな光が街を彩っており、 そんな街を今回撮影してきました。 F2.8 2秒 ISO 100 レインボーブリッジが入った夜景写真。 東京では定番で、似たような写真を数え切れない程見た事があるかも知れません。 しかし、それは何度見ても「全く飽きない」その証拠でもあるのかもしれません。 F1.4 1/40秒 ISO 500 船乗り場付近の灯りを撮影。 少し冷え始...
続きを読む
秋が誘う 【FUJIFILM】秋が誘う 2018年11月14日
『FUJIFILM X-Pro2 + CarlZeiss Touit 12mm F2.8』 -言葉を写真に- 1/60 F5 ISO1250 ASTIA 季節は人々に"きっかけ"を与える。 いつもとは違う、少し遠いところへお出かけしてみたり、 季節を感じるために誰かを誘ってみたり、誘われてみたり、 毎年の楽しみになっていたり、お決まりのことであったり、 好きな季節が近づくと楽しむための準備をはじめたり… 積極的に外へ出かけることが少ない私にとって、 季節は外へ出かけさせてくれるきっかけになっています。 1/250 F2.8 ISO1250 ...
続きを読む
河童寫眞部 "※写真はイメージです。展" 写真展のご案内 ~ 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 2018年11月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『河童寫眞部 "※写真はイメージです。展"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]