Select Language



【Leica】Tにあえてつけてみました。

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月24日 10時30分]


Leica (ライカ) T(Typ701)  ズミクロン TL23mm F2.0 ASPH.


「完璧かつ簡潔」
そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT

何故今ライカTなのか?
TLでもTL2でもなく何故?
その理由は後程。

Leica (ライカ) T(Typ701)


アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。

Leica (ライカ) T(Typ701)


背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。
まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。

さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレンズアダプターを使用することで、Mマウントレンズも使用できます。
今回は数あるMマウントレンズの中から、こちらをつけてみました。

Leica (ライカ) T(Typ701) Super Elmar M21mm F3.4 ASPH.


Super Elmar M21mm F3.4 ASPH.

小型軽量の超広角レンズ。
その焦点距離と開放絞り値を聞いて、かの銘玉「スーパーアンギュロン」を思い出される方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Leica (ライカ) T(Typ701) Super Elmar M21mm F3.4 ASPH.


非常にバランスがいいです。

こちらのレンズをライカTにつけると、35mm判換算で約30mm相当のほどよい広角レンズになります。

null


null


目に見えたものを素直に撮れる、丁度よい画角です。

null


広角レンズを使用すると、無性に空を撮りたくなるのは私だけでしょうか・・・

null


フィルムモードの中にある、白黒ハイコントラストでも撮影してみました。
コントラストが強調され、重厚な雰囲気が漂っています。

軽快なこちらの組み合わせ、街中散歩のお供に、あるいはなにげない日常のお供にいかがでしょうか。

※Mマウントレンズに関しまして、一部ご使用いただけないレンズもございますので、ご利用の際はお気軽にお問い合わせください。

ところで
何故今ライカTなのか?
その理由はこのお値段です。
ご覧ください。





TLそしてTL2が出ました。
そして今こういうお値段でライカTは手に入るようになりました。

だからこそ今ライカTなのです。

今回使用したMレンズアダプターそしてSuper Elmar M21mm F3.4 ASPH.の在庫はこちらでございます。
どうぞご覧ください。













5月10日にライカの価格改定があります!!
今回ご紹介したMレンズアダプターSuper Elmar M21mm F3.4 ASPH.も価格改定の対象になっています!!
今ならまだ値上がり前の金額で手に入ります!

是非ご検討ください!
null


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年04月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
leica オールドレンズを使ってみる vol.1 2018年06月30日
暑かったり、涼しかったり、風が強かったりと天候が安定しない日が続いていますが皆さんは写真を撮れていますでしょうか? 今回はすっかり防湿庫でコレクション化していたライカ ズマール L50mm F2を 眠らせておくだけだと逆にレンズに悪い、ライカM(Typ240)につけて外に連れ出してみました。 さすがに、季節を過ぎたので枯れ始めてしまっている紫陽花 これだけでも、分かってしまう癖の強いボケ。 当時、あまり評判が良くなかったらしく酷評だったようですが 時代が流れてデジタルの時代にな...
続きを読む
Qと海を渡る 【Leica】Qと旅する~台湾編~Part2 2018年06月26日
前回に引き続き、Qで撮影した台湾の景色をお届けいたします。 さて、日は変わり朝食です。 タレがこんなに種類があります。 そのままでも美味しいのですが、色々試している間にあっという間に完食です。 その後は甘~~いコーヒーを飲んだり、お土産を見ながらフラフラ。 余談ですが台湾で見かける車は、日本車ではトヨタ、マツダ、ホンダが多く、 その他ではBMWやベンツが多い印象でした。 そして再びのかき氷 こちらは流行りの店らしく、大変な賑わいでした。 マン...
続きを読む
【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.2 【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.2 2018年06月24日
皆様こんにちは! 前回のブログに続きライブ写真をお送りします。 今回は引きの写真を載せていないので、機材はLeica SL(Typ601)とアポズミクロン M90mm F2 ASPHです。 マニュアルフォーカスで追いかけるのは楽しいですが難しいです。 コチラのバンドは初めて見たのですが、圧巻のパフォーマンス! 他のバンドもそうですが、歌で観客を惹き込むってすごいことです。 良い光が来た!と思ってパシャリ。 ブルースハープも吹いて歌も歌ってすごいタフです。 そして今回のトリを務めるのは...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~台湾編~ 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]