【Panasonic】 LUMIX DC-G9 PRO と OLYMPUS の PROレンズを合わせる | THE MAP TIMES 
Select Language



【Panasonic】 LUMIX DC-G9 PRO と OLYMPUS の PROレンズを合わせる

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年05月03日 15時43分]



ずっと続いてきたGモデルの体型からより筋肉質になった
Panasonic LUMIX DC-G9 PRO。
がっしりとしたボディに詰め込まれた機能の数々。
今回の使用だけでは機能の全てを使うことが出来ませんでしたが
最近ふらっと行く公園でのささやかなレビュー、良ければご覧ください。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/5000秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO 45mm F1.2 PRO

センサーサイズの話をするとき、
フルサイズと比較するとボケ量に違いが出る。という
数値上の話はするのですが、では実際ボケないのかと
いう疑問に関しては「そんなことはない」というのも話したいです。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F6.3/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

今回は開放でもなくF2.0。続いてはF6.3です。
45mm(フルサイズ換算90mm)というボケが出しやすいレンズではありますが
レンズと撮り方でボケ量はコントロール出来ると思います。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/20000秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

今回の写真ですがシャッタスピード。20000です。2000ではないです。
電子シャッター なんと1/32000 まで設定出来ます。
撮影の段階でシャドウを意識して撮りたかったので使用しました。
といっても意識的に設定したというよりは1/8000より早くなると
自動的に電子シャッターに切り替わります。
単焦点で静止物をよく撮る私には撮影時の楽しみが増えます。
※メカシャッターだけ、電子シャッターだけという切替も出来ます。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO
絞り:F3.2/ シャッタースピード:1/20000秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO

ここでG9 PRO とは少し話が逸れますが
今回使用した OLYMPUSのPROレンズ(つまりPROセット!と一瞬ニヤッと、、写真を撮った数だけ歳も取りました)
ですが、写りの良さに感動しました。
被写界深度が深めのマイクロフォーサーズは絞って撮影をすると
画の締り具合がたまりません。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/2500秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO

公園内に「野鳥の森」というエリアがあるのですが
その名の通りバードウォッチングする方や望遠レンズを持つ方も御見かけしました。
先ほどの整った道と比べますと自然が豊かな場所です。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

野鳥の森の画像がありました。
大丈夫です、入り口はあります。
ややふざけている感じがあるかもしれませんが
のんびりしたい時に何度も足を運んでいる場所です。
近隣に住む方にとっても憩いの場所なので機会があればぜひ足を運んでみて下さい。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/16000秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

あえて陽をたっぷり浴びた花よりも
淡い光で透けた花を選んでみました。
撮影者の意思と写真の仕上がりががっちり噛み合う。
いいカメラとレンズの必須条件だと思います。
ちなみにこの写真は開放で撮っています。
日中開放で撮りたい時に電子シャッターはとても便利な機能です。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/3200秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

あえて陽が雲に隠れたシチュエーションで撮影してみました。
こんな時にあえて木を撮ることもないと思いますが
サンプルとして載せておきます。感想としては
解像申し分なし、このシーンでもよく撮れるものだと驚きです。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/32000秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

色が少ない、と言われるのが怖くて花の写真も載せておきます。
こちらは開放での撮影。1/32000秒という限界で撮りました。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F1.2/ シャッタースピード:1/32000秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

どれだけ写るものかと撮影してみたのですが
とにかくよく写ります。常に期待した以上の写りです。
実はこちらも開放。面を意識すれば「ボケすぎない」のも
マイクロフォーサーズの利点と言えるのではないでしょうか。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO
絞り:F4.5/ シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:200 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

背景の電柱の輪郭は残したいと思いながら絞って撮影。
45mmはボケのコントロールが楽しいレンズです。
17mmと45mmを持って歩けば撮りたいものはほとんどカバーできると思います。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.2 PRO

今回は純粋に写真だけをご紹介。
Panasonic LUMIX DC-G9 PRO には写真と動画どちらにも
多彩な機能が盛りだくさん搭載されています。
その機能の一つ一つを紹介するにはブログの一つでは足りません。
誰か教えてくれる方がいらっしゃればこのカメラの魅力を知ってもらえるのですが。。




と思っていたら本当にタイミング良く
【講師】に上田晃司氏をお迎えして
マップカメラでセミナーを開くことが決定しました。


実は私、以前にもマップカメラで上田晃司氏のセミナーに
同席させてもらったことがあるのですが、とても勉強になりました。
セミナーが終わった後も参加者の皆様からの質問に
丁寧に応えてくださっていて、とてもいい印象が残っています。

その時のセミナーの様子
Panasonic GH4で撮る4Kムービーセミナーを開催しました!
ちなみに私も番外編で書きました。(控えめに、、)
【Panasonic】Panasonic GH4で撮る4Kムービーセミナー 番外編


今回のセミナーでは5月24日発売予定の新レンズも
お試しいただけるので参加して得しかないセミナーかと思います。
Panasonic LUMIX DC-G9 PROを検討中の方、気になっていた方、このセミナーに興味が湧いた方、
是非ご参加お待ちしております。

1000円となっていますが参加特典として
シュッピンポイント1,000P付与させていただいておりますので
ぜひマップカメラでご利用ください。

参加方法はこの真下にあるバナーをクリックしていただくと
最短でご予約画面に移行出来ます。









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年05月03日 15時43分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]