【Nikon】Nikonの話 ~お買い得なミドルクラスで行楽に出かける話~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Nikonの話 ~お買い得なミドルクラスで行楽に出かける話~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年04月19日 18時40分]



Nikon D7500 SIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


今年は気温が高低が大きく4月の初めには温かい日々が続いたので
桜に引き続きチューリップも10日以上の早さで見頃を迎えているようです
色とりどりの花々が咲き誇るこれからの季節は行楽のついでに撮影に臨むには良い季節です

今回はNikon D7500にSIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMを使用しています

Nikon D7500はミドルクラスながらフラッグシップ機たるD500と同一の画像処理エンジン「EXPEED 5」とCMOSセンサーを搭載
高画質・高速性能を受け継ぎながら軽量化を図った贅沢な中級機です

そのD7500が今、キャッシュバックキャンペーンを行っております

キャンペーン期間中に対象商品をご購入のうえ、ご応募いただいた方全員に
10,000円をキャッシュバックとなります
これからゴールデンウィークを迎えるにあたり
行楽先にて撮影したいなと思われる方はこの機会を見逃せませんように!

null


さて春といえば桜にチューリップ
今頃ならばチューリップにまつわるイベントが各地で開催されているかと思います
私の周囲では連日の風が強かったせいか花が全体的に乾燥しており少し元気のないものも見受けられましたが
それでも春の訪れを感じさせる華やかな景色を見せてくれました
ここ最近の雨で元気を取り戻してくれているとよいのですが

Nikon D7500 SIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


「佐倉チューリップフェスタ」
関東最大級の70種60万本がみられる大迫力のフェスタで撮影してみました
オランダ風車の「リーフデ」を背景に鮮やかな色彩を楽しめます

Nikon D7500 SIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


D7500は軽量で機動性にも優れますが高画質で細部まで鮮鋭感のある描写を得られるので
旅先で見かけた風景を綺麗に写しとるには良い機体です
性能と軽快性を兼ね備えた機種といえるでしょう

Nikon D7500 SIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


今回使用しているレンズ SIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
旅先であまり荷物を増やしたくない方
レンズを一つに絞りたいときにはオススメのレンズになります
「レンズの画質水準を刷新する」と謳うだけはあり高倍率ズームレンズではありますが
発色・コントラストは良好で精細さも兼ね備えておりクリアな描写も望めます

Nikon D7500 SIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM


圧縮効果を活かしたボケも映えます
便利ズームという名前で高倍率のズームレンズは称されることは多いですが
描写される写りは決して侮れないものになっているように思えます

メーカーによるキャッシュバックキャンペーンがスタートし
ゴールデンウィークに向けて高性能と軽快さを兼ね備えた
Nikon D7500はとてもお勧めできる機種となっています
行楽のお供に早めにお手元に準備してみてはいかがでしょうか

null












〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年04月19日 18時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]