【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.2

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 12時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


昨日に続き、「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開!」Vol.2です。

私の好きな被写体は鉄道や飛行機。
故に機材は高速連写のできるカメラと望遠系のズームレンズがメインとなります。
カメラを始めて約30年。カメラ機材の増加に合わせてカメラバッグも増え続けている筆者ですが、今回は本気撮り時に持ち出すフルセット用バッグを紹介いたします。


ACAM-8000N

「ARTISAN&ARTIST ACAM-8000N」(完了品)


バック中身

現行モデルの「ACAM-7100」を1回り大きくした(外寸:W390 H300 D170mm)モデルは収容力抜群で、一眼レフボディ1台と大三元レンズ3本が丸々収まります。
10号キャンパス・ナイロンを使用したフラップ付きのシンプルなデザインで、カメラバッグぽく見えないのもポイントです。


フルセット

これが私の本気撮りセット。ボディにレンズ3本と簡易クリーニングキットです。これですでに約7Kgありますので、三脚やストロボ等の撮影アクセサリーはほとんど持ち出しません。
強いて言えば、過去の撮影で突然の夕立に見舞われてから「レインスリーブ」とタオルを携帯するようになったことぐらいでしょうか。


Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR

鉄道写真では24-70mmと70-200mmをメインに使用します。もう少し寄りたいと思うときはテレコンバーターを使ったりもします。


Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR

飛行機を撮る際は、もっと大きなレンズを持ち出すこともありますが、季節の花が綺麗なGW前後は24-70mmも重宝します。

このセットを他のスタッフに見せると「よくそんな重いもの持ち出せるよね」と驚かれます。
私に言わせれば、鉄道写真を撮り始めた頃はバッグ自体が3.5Kgある「銀箱」を使っていましたから、十分軽くなったんですけど....。
と、やせ我慢もそろそろ限界。さすがに45歳過ぎると、重い機材が堪えるようになってきました。
私も他のスタッフのカメラバッグを参考にして、スリム化を図りたいと思います。

【バッグの中身】






本日はもう1人ご紹介します。
私の機材を見て、対抗心を燃やす弊社のニコン博士T氏です。



Manfrotto MB NX-M-IGY

通勤時でもプライベートでも、いつもこのバッグを使っています。
「ManfrottoのNEXT メッセンジャー MB NX-M-IGY(生産完了品)」。
メッセンジャーバッグなのでカメラを出し入れするのが楽ちん。
後継の「NEXTメッセンジャーII MB NX-M-IGY-2」では、さらに収納スペースが広がったとのこと。
こちらのバッグは5/31まで期間限定特価で販売中。要チェックです!


中身

バッグと中身です。
カメラは「D5 ボディ(XQD-Type)」、レンズは「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR」。
細かい説明は不要でしょう。まさに最高の組み合わせです。
それに加えて12インチのノートパソコン、SONYのXQDカードアダプター 「QDA-SB1」、USB変換器。
撮影してすぐに編集できる体制を整えています。
ちなみにストラップ、手帳、ポーチはニコンクイズグランプリの優勝賞品。
レンズフードは「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E ED VR」の開発者である藤原誠氏(開発リーダー兼メカ設計)と原田壮基氏(光学設計)お二人のサイン付きです!


中身

バッグに詰め込んだ様子がこちら。
フラッグシップカメラ、大口径標準ズームレンズ、ノートパソコンを入れてもまだ余裕があります。


香港の夜景

旅行先の香港で撮影した夜景です。
前モデルも良いレンズですが、本レンズは更に解像度が向上しており、夜景にはバッチリ。
人の多い観光地では素早くカメラを出して撮影し、撮り終えたら即座にしまえるメッセンジャーバッグが便利です。


忘年会

忘年会での一コマ。左手にグラス、右手にカメラといったシーンでもブレることなく撮れます。


東京駅周辺

東京駅の前にあるKITTEにて。造形美に酔いしれます。


ニコンちゃん

ニコンファンミーティングでお披露目されたニコンちゃん。
ニコンのカメラとレンズでニコンちゃんを撮る、それこそがニコンファンです。



【バッグの中身】




同じNikon D5ユーザーでも全く異なるバッグの中身でした。大変興味深いです。
果たして明日のスタッフはどんなバッグの中身を披露してくるのでしょうか?
どうぞお楽しみに!

▼バックナンバーはこちらから▼
カメラバッグの中身大公開!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 12時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]