Select Language



【SONY】みしまよいとこ。

[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月28日 10時00分]








FE 24-70mm F2.8 G

あっという間に桜の季節が通り過ぎ、新緑の季節漂い始めた4月中旬。
仕事上がりに向かった先は、青空に映える青看板が眩しい国道一号線・・・国道三号線育ちには、一号線が特別眩しく映ります。
・・・という冗談はさておき、向かった先は静岡県三島市。
バックパックには、風景に行事撮影に大活躍のSONY α7RIII
昨年の冬に奮発して購入したFE 24-70mm F2.8 GMFE 70-200mm F2.8 GMと共に、親戚の祝い事がてら観光を楽しんできました。



FE 70-200mm F2.8 GM

市街地から20分ほど車を走らせやってきた国内最大級の吊り橋から、三島市を臨んだ一枚。
自宅に帰り、写真を見返して驚きました。等倍まで拡大すると、降り立った三島駅などがしっかりと描写されていました。
これは何と言っても、α7RIIIの高画素とFE 70-200mmF2.8の解像力の賜。シンプルな言い回しですが、良い仕事をしてくれます。



FE 24-70mm F2.8 GM

吊り橋を渡り、展望台に向かう道中に点在するかわいいオブジェ。
FE 24-70mm F2.8 GMを望遠端、絞り開放の状態にして、最短撮影距離付近まで近づくことで、背景を大きくぼかしてみました。オブジェの魅力も際立ちます。



FE 24-70mm F2.8 GM

ここは元々、池だったところ。
富士山の雪解け水が湧いてくることがあるようで、5~6年に一度のペースで満水になるようです。
「今年の秋はひょっとすると・・・」と含みを持たせてくるガイドさん。また訪問したくなりました。



FE 70-200mm F2.8 GM

箱根まで足を伸ばし、遊覧船に乗った時の一枚。
午後から雲が立ちこめ強まりつつある中、僅かの間雲の切れ目から差し込んだ光。
陰影の美しさに思わず会話そっちのけでシャッターを切ってしまいました。
高解像と瞬発力を兼ね備えたα7RIII、今までの「高画素機=瞬発力に欠ける」という構図を払拭してくれます。



FE 70-200mm F2.8 GM

雨のち曇り、生憎の天候が続いた一日の終わりに、ふと現れた富士山。
次の日は、また雲に隠れてしまったため、この光景は貴重な一瞬でした。



FE 24-70mm F2.8 GM

有名店のウナギを食べる直前、近くにあったメロンパン屋に衝動を覚えた筆者。別行動をとっていた姉たちを待ちながら、ふわふわの生地に舌鼓を打ちました。合流した姉から「良いものあったよ」と受け取ったのは、美味しそうなメロンパンでした。

東海道新幹線・こだま号で約1時間の当地。
お盆や年末の帰省時には決まってのぞみ号を使うため、三島はもちろん静岡に降り立ったのも初めてでした。
ちょうどよく賑やかな駅前に、少し歩けば緑あふれる楽樹園。うなぎの名店にクリーミーな舌触りのご当地コロッケ。
小一時間車を走らせれば、メジャーな観光地・箱根にも行ける立地の良さ。
持ち運びしやすいミラーレス一眼も相まって、観光地巡りを楽しんできました。

GWに突入した皆様、良い写真を沢山撮って休暇を満喫しましょう。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月28日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]