【SONY】みしまよいとこ。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】みしまよいとこ。

[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月28日 10時00分]








FE 24-70mm F2.8 G

あっという間に桜の季節が通り過ぎ、新緑の季節漂い始めた4月中旬。
仕事上がりに向かった先は、青空に映える青看板が眩しい国道一号線・・・国道三号線育ちには、一号線が特別眩しく映ります。
・・・という冗談はさておき、向かった先は静岡県三島市。
バックパックには、風景に行事撮影に大活躍のSONY α7RIII
昨年の冬に奮発して購入したFE 24-70mm F2.8 GMFE 70-200mm F2.8 GMと共に、親戚の祝い事がてら観光を楽しんできました。



FE 70-200mm F2.8 GM

市街地から20分ほど車を走らせやってきた国内最大級の吊り橋から、三島市を臨んだ一枚。
自宅に帰り、写真を見返して驚きました。等倍まで拡大すると、降り立った三島駅などがしっかりと描写されていました。
これは何と言っても、α7RIIIの高画素とFE 70-200mmF2.8の解像力の賜。シンプルな言い回しですが、良い仕事をしてくれます。



FE 24-70mm F2.8 GM

吊り橋を渡り、展望台に向かう道中に点在するかわいいオブジェ。
FE 24-70mm F2.8 GMを望遠端、絞り開放の状態にして、最短撮影距離付近まで近づくことで、背景を大きくぼかしてみました。オブジェの魅力も際立ちます。



FE 24-70mm F2.8 GM

ここは元々、池だったところ。
富士山の雪解け水が湧いてくることがあるようで、5~6年に一度のペースで満水になるようです。
「今年の秋はひょっとすると・・・」と含みを持たせてくるガイドさん。また訪問したくなりました。



FE 70-200mm F2.8 GM

箱根まで足を伸ばし、遊覧船に乗った時の一枚。
午後から雲が立ちこめ強まりつつある中、僅かの間雲の切れ目から差し込んだ光。
陰影の美しさに思わず会話そっちのけでシャッターを切ってしまいました。
高解像と瞬発力を兼ね備えたα7RIII、今までの「高画素機=瞬発力に欠ける」という構図を払拭してくれます。



FE 70-200mm F2.8 GM

雨のち曇り、生憎の天候が続いた一日の終わりに、ふと現れた富士山。
次の日は、また雲に隠れてしまったため、この光景は貴重な一瞬でした。



FE 24-70mm F2.8 GM

有名店のウナギを食べる直前、近くにあったメロンパン屋に衝動を覚えた筆者。別行動をとっていた姉たちを待ちながら、ふわふわの生地に舌鼓を打ちました。合流した姉から「良いものあったよ」と受け取ったのは、美味しそうなメロンパンでした。

東海道新幹線・こだま号で約1時間の当地。
お盆や年末の帰省時には決まってのぞみ号を使うため、三島はもちろん静岡に降り立ったのも初めてでした。
ちょうどよく賑やかな駅前に、少し歩けば緑あふれる楽樹園。うなぎの名店にクリーミーな舌触りのご当地コロッケ。
小一時間車を走らせれば、メジャーな観光地・箱根にも行ける立地の良さ。
持ち運びしやすいミラーレス一眼も相まって、観光地巡りを楽しんできました。

GWに突入した皆様、良い写真を沢山撮って休暇を満喫しましょう。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月28日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]