【SONY】みしまよいとこ。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】みしまよいとこ。

[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月28日 10時00分]








FE 24-70mm F2.8 G

あっという間に桜の季節が通り過ぎ、新緑の季節漂い始めた4月中旬。
仕事上がりに向かった先は、青空に映える青看板が眩しい国道一号線・・・国道三号線育ちには、一号線が特別眩しく映ります。
・・・という冗談はさておき、向かった先は静岡県三島市。
バックパックには、風景に行事撮影に大活躍のSONY α7RIII
昨年の冬に奮発して購入したFE 24-70mm F2.8 GMFE 70-200mm F2.8 GMと共に、親戚の祝い事がてら観光を楽しんできました。



FE 70-200mm F2.8 GM

市街地から20分ほど車を走らせやってきた国内最大級の吊り橋から、三島市を臨んだ一枚。
自宅に帰り、写真を見返して驚きました。等倍まで拡大すると、降り立った三島駅などがしっかりと描写されていました。
これは何と言っても、α7RIIIの高画素とFE 70-200mmF2.8の解像力の賜。シンプルな言い回しですが、良い仕事をしてくれます。



FE 24-70mm F2.8 GM

吊り橋を渡り、展望台に向かう道中に点在するかわいいオブジェ。
FE 24-70mm F2.8 GMを望遠端、絞り開放の状態にして、最短撮影距離付近まで近づくことで、背景を大きくぼかしてみました。オブジェの魅力も際立ちます。



FE 24-70mm F2.8 GM

ここは元々、池だったところ。
富士山の雪解け水が湧いてくることがあるようで、5~6年に一度のペースで満水になるようです。
「今年の秋はひょっとすると・・・」と含みを持たせてくるガイドさん。また訪問したくなりました。



FE 70-200mm F2.8 GM

箱根まで足を伸ばし、遊覧船に乗った時の一枚。
午後から雲が立ちこめ強まりつつある中、僅かの間雲の切れ目から差し込んだ光。
陰影の美しさに思わず会話そっちのけでシャッターを切ってしまいました。
高解像と瞬発力を兼ね備えたα7RIII、今までの「高画素機=瞬発力に欠ける」という構図を払拭してくれます。



FE 70-200mm F2.8 GM

雨のち曇り、生憎の天候が続いた一日の終わりに、ふと現れた富士山。
次の日は、また雲に隠れてしまったため、この光景は貴重な一瞬でした。



FE 24-70mm F2.8 GM

有名店のウナギを食べる直前、近くにあったメロンパン屋に衝動を覚えた筆者。別行動をとっていた姉たちを待ちながら、ふわふわの生地に舌鼓を打ちました。合流した姉から「良いものあったよ」と受け取ったのは、美味しそうなメロンパンでした。

東海道新幹線・こだま号で約1時間の当地。
お盆や年末の帰省時には決まってのぞみ号を使うため、三島はもちろん静岡に降り立ったのも初めてでした。
ちょうどよく賑やかな駅前に、少し歩けば緑あふれる楽樹園。うなぎの名店にクリーミーな舌触りのご当地コロッケ。
小一時間車を走らせれば、メジャーな観光地・箱根にも行ける立地の良さ。
持ち運びしやすいミラーレス一眼も相まって、観光地巡りを楽しんできました。

GWに突入した皆様、良い写真を沢山撮って休暇を満喫しましょう。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:SONY|掲載日時:2018年04月28日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】FE400mm F2.8 GMが本館5階にやってきた!! 【SONY】FE400mm F2.8 GMが本館5階にやってきた!! 2018年10月13日
マップカメラ本館5階にて10月13日~10月28日までの期間限定で、 大口径超望遠Gマスターレンズ、SONY FE400mm F2.8 GM OSSの展示をしています! SONY FE400mm F2.8 GM OSSは、焦点距離400mm、開放F値2.8の大口径超望遠を僅か2895gで実現したレンズです。 軽量かつ堅牢性の高いマグネシウム合金製部品を鏡筒本体に用いた本レンズとα9&α7シリーズを組み合わせると、 今までにない機動力の高い超望遠撮影が出来ます。 初めて手に取ったスタッフの感想は 「軽い!!これがヨンニッパ!?」と感嘆...
続きを読む
究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 究極の明るさを求めて「中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95」 2018年10月08日
人間の目のF値は1.0と言われおり、今回使用したレンズの明るさはF0.95。 肉眼より明るいレンズで撮影すると夜景はどの様に写るのでしょうか。 今回は現行販売されているレンズの中でもトップクラスの明るさを誇る 中一光学「SPEEDMASTER 50mm F0.95」を使って撮影してみました。 今回撮影した映像 使用機材:SONY α9+中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 撮影設定:F0.95/4K24fps記録 ISO AUTO(100~6400)で撮影 動画撮影時はフレームレートの関係からシャッタースピードを大きく下げて露出を調整する...
続きを読む
【SONY】α77II 虫撮り 【SONY】α77II 虫撮り 2018年10月06日
猛暑が落ち着いたと思いきや雨と台風による悪天気の繰り返しで、 なかなか撮影に行けないと思っている方は多いのではないでしょうか。 そんな天気の中、貴重な晴れ間に、 愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2とTAMRON SP 180mm F3.5 Di LD[IF] MACROを持って、 近くの公園に虫撮りに行ってきました。 公園の入り口にハナゾノツクバネウツギ(公園でお馴染みの植物です)にオオスカシバが舞って吸蜜をしていました。 名前だけは仰々しいですが、見たことがある人が多いのではないでしょうか。 ...
続きを読む
【SONY】とある島 【SONY】とある島 2018年10月04日
一年の半分が過ぎて、肌寒くなって来ました。 SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650を持って夜行バスに。 秋の訪れを横目に、とある場所へ向かいました。 夜行バスと電車、船を乗り継いで辿り着いたのは 明治時代から第二次世界大戦まで旧日本軍の要塞施設となっていた島。 現在は当時の砲台跡や施設跡が残されつつ、キャンプ場などの観光施設としても役割を果たしています。 SONY α5000+SONY E PZ16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 F8 1/4000 ISO800 平日という事もあり人は...
続きを読む
null 【SONY】秋を撮ろう。その2 2018年10月01日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 夏も終わり、日中出歩いていても過ごしやすい日が続いて絶好の写真日和となっています。 皆様、秋の写真楽しまれていらっしゃいますか? 今回は「秋を撮ろう。」という事で秋の風物詩を撮影して参りました。 それではどうぞ。 ご存知の方はご存知でしょうか。 彼岸花の群生地として日本一を誇る有名なスポットですが、 彼岸花の見頃を終えると今度はコスモスやそばの花が見られたりと秋に一度は訪れたい場所。 まずは広く風景を写...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]