Select Language



Peak designのすゝめ

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。
アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。
そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。
筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、
当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、
気に入って使っていました。去年ストラップを2本導入してからは、完全に虜になりました。

ずばり「Peak design」の魅力とは・・

美しいデザインと革新的な機能

カメラバックを例にあげると、当然ながら撮影を重視した製品が多いためかシンプルで黒いものが多い。
それに比べ「Peak design」の製品はカジュアルで彩色良いものが多く、
普段のお出掛けプラス撮影という時に最適で、その趣はどんな場面にも調和してくれる。
旅行やデート、カメラを持ってはいくものの撮影が主体ではない時でもメインのバックとして使えるのがおすすめのポイントです。


筆者の所属する本館4階には、
「Peak design」の魅力に魅せられたスタッフが数名いるので使用機材とともに紹介します。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


まずはニコンD500ユーザーのYさん、「リーシュ カメラストラップ アッシュ」が取り付けられています。
簡単にカメラに脱着ができるストラップ、リーシュは、スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、
様々な使い方をこの1本で可能にします。アルミニウムとハイパロン製のクイックアジャスターにより、指1本で調整ができます。
また、簡単に取り外しができ、ストラップをポケットやバッグの中に収納するのも簡単です。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


そして筆者のTも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」
キヤノンEOS5D MarkⅣにEF24-70mm F2.8L Ⅱ USMのセット
ストラップ先端のアンカーは一見するに細身で心細く思えますが、総重量1.7Kgのセットでも問題なし。
アンカー1つの耐荷重はなんと90Kg以上。劣化すると警告する機能付きで安心して使うことが出来ます。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ



筆者から薦められて導入したHさんも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」。
キヤノンEOS5DsRにEF135mm F2L USMの組み合わせで使用。


最後にアンカーリンクスを利用しているSさん

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス


沖縄旅行でふらっと入った革製品のお店で購入した本革ストラップ。
お気に入りのストラップを複数の機種で使いたい…そんな要望に応えてくれるのがこのアンカーリンクスです。
ストラップを取り外して装着し直すのは大変ですが、これさえあれば10秒で付け替え完了。

現行モデルは紐が細くなり、より多くのアイレットやストラップホールに取り付けられるようになった一方、耐荷重は90kg以上を維持していますので、フルサイズ機にも安心して利用出来ます。

また、取付け部分はピークデザイン製品と互換性があるので、ピークデザイン製のストラップもお好みでつけることが可能です。



本館4階スタッフの間では「リーシュ」が圧倒的な人気。
カメラを持ち寄って集まったら面白そうです。

未だカメラバックを導入しているスタッフはいないものの、見るからにそそられるのでユーザーは導入検討中です。

そんな本館4階では「Peak design」コーナーを開設しました。
代表的なストラップとカメラバックを実際に手に取って見ていただくことが可能です。

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)




▼ご検討はこちらから!▼


まずは、読者のみなさまがお持ちのストラップを活かして使うことが出来る「アンカーリンクス」がおすすめです。






▼こちらもチェック!▼



〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]