Peak designのすゝめ | THE MAP TIMES 
Select Language



Peak designのすゝめ

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。
アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。
そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。
筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、
当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、
気に入って使っていました。去年ストラップを2本導入してからは、完全に虜になりました。

ずばり「Peak design」の魅力とは・・

美しいデザインと革新的な機能

カメラバックを例にあげると、当然ながら撮影を重視した製品が多いためかシンプルで黒いものが多い。
それに比べ「Peak design」の製品はカジュアルで彩色良いものが多く、
普段のお出掛けプラス撮影という時に最適で、その趣はどんな場面にも調和してくれる。
旅行やデート、カメラを持ってはいくものの撮影が主体ではない時でもメインのバックとして使えるのがおすすめのポイントです。


筆者の所属する本館4階には、
「Peak design」の魅力に魅せられたスタッフが数名いるので使用機材とともに紹介します。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


まずはニコンD500ユーザーのYさん、「リーシュ カメラストラップ アッシュ」が取り付けられています。
簡単にカメラに脱着ができるストラップ、リーシュは、スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、
様々な使い方をこの1本で可能にします。アルミニウムとハイパロン製のクイックアジャスターにより、指1本で調整ができます。
また、簡単に取り外しができ、ストラップをポケットやバッグの中に収納するのも簡単です。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


そして筆者のTも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」
キヤノンEOS5D MarkⅣにEF24-70mm F2.8L Ⅱ USMのセット
ストラップ先端のアンカーは一見するに細身で心細く思えますが、総重量1.7Kgのセットでも問題なし。
アンカー1つの耐荷重はなんと90Kg以上。劣化すると警告する機能付きで安心して使うことが出来ます。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ



筆者から薦められて導入したHさんも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」。
キヤノンEOS5DsRにEF135mm F2L USMの組み合わせで使用。


最後にアンカーリンクスを利用しているSさん

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス


沖縄旅行でふらっと入った革製品のお店で購入した本革ストラップ。
お気に入りのストラップを複数の機種で使いたい…そんな要望に応えてくれるのがこのアンカーリンクスです。
ストラップを取り外して装着し直すのは大変ですが、これさえあれば10秒で付け替え完了。

現行モデルは紐が細くなり、より多くのアイレットやストラップホールに取り付けられるようになった一方、耐荷重は90kg以上を維持していますので、フルサイズ機にも安心して利用出来ます。

また、取付け部分はピークデザイン製品と互換性があるので、ピークデザイン製のストラップもお好みでつけることが可能です。



本館4階スタッフの間では「リーシュ」が圧倒的な人気。
カメラを持ち寄って集まったら面白そうです。

未だカメラバックを導入しているスタッフはいないものの、見るからにそそられるのでユーザーは導入検討中です。

そんな本館4階では「Peak design」コーナーを開設しました。
代表的なストラップとカメラバックを実際に手に取って見ていただくことが可能です。

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)




▼ご検討はこちらから!▼


まずは、読者のみなさまがお持ちのストラップを活かして使うことが出来る「アンカーリンクス」がおすすめです。






▼こちらもチェック!▼



〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 【SONY】冬の紆余曲折 2019年01月18日
新しい年が明け、年始ムードが落ち着いてきた平日のある日。 ふと冬の新宿御苑で撮影をしたことがない事に思い当たり、早速、新宿へ出掛けました。 到着したのは少し遅めの、午後2時を回った頃。 閉園の4時30分まではじゅうぶん時間があります。 入場門に到着して早々に目に飛び込んできたのは、まさかの「営利目的の撮影禁止」の看板。 念の為、インフォメーションセンターで確認するも、自身の行為が営利目的であると太鼓判を押されただけでした。 「そういえば、プライベートでしか撮りに来た...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III 続いてはα7RIIIとα7III。この2機種は今年4月にVer.3.0をリリース予定されています。 Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化 シャッターボタン半押しで作動/動物瞳AF 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。そして、動...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]