Select Language



Peak designのすゝめ

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。
アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。
そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。
筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、
当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、
気に入って使っていました。去年ストラップを2本導入してからは、完全に虜になりました。

ずばり「Peak design」の魅力とは・・

美しいデザインと革新的な機能

カメラバックを例にあげると、当然ながら撮影を重視した製品が多いためかシンプルで黒いものが多い。
それに比べ「Peak design」の製品はカジュアルで彩色良いものが多く、
普段のお出掛けプラス撮影という時に最適で、その趣はどんな場面にも調和してくれる。
旅行やデート、カメラを持ってはいくものの撮影が主体ではない時でもメインのバックとして使えるのがおすすめのポイントです。


筆者の所属する本館4階には、
「Peak design」の魅力に魅せられたスタッフが数名いるので使用機材とともに紹介します。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


まずはニコンD500ユーザーのYさん、「リーシュ カメラストラップ アッシュ」が取り付けられています。
簡単にカメラに脱着ができるストラップ、リーシュは、スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、
様々な使い方をこの1本で可能にします。アルミニウムとハイパロン製のクイックアジャスターにより、指1本で調整ができます。
また、簡単に取り外しができ、ストラップをポケットやバッグの中に収納するのも簡単です。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


そして筆者のTも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」
キヤノンEOS5D MarkⅣにEF24-70mm F2.8L Ⅱ USMのセット
ストラップ先端のアンカーは一見するに細身で心細く思えますが、総重量1.7Kgのセットでも問題なし。
アンカー1つの耐荷重はなんと90Kg以上。劣化すると警告する機能付きで安心して使うことが出来ます。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ



筆者から薦められて導入したHさんも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」。
キヤノンEOS5DsRにEF135mm F2L USMの組み合わせで使用。


最後にアンカーリンクスを利用しているSさん

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス


沖縄旅行でふらっと入った革製品のお店で購入した本革ストラップ。
お気に入りのストラップを複数の機種で使いたい…そんな要望に応えてくれるのがこのアンカーリンクスです。
ストラップを取り外して装着し直すのは大変ですが、これさえあれば10秒で付け替え完了。

現行モデルは紐が細くなり、より多くのアイレットやストラップホールに取り付けられるようになった一方、耐荷重は90kg以上を維持していますので、フルサイズ機にも安心して利用出来ます。

また、取付け部分はピークデザイン製品と互換性があるので、ピークデザイン製のストラップもお好みでつけることが可能です。



本館4階スタッフの間では「リーシュ」が圧倒的な人気。
カメラを持ち寄って集まったら面白そうです。

未だカメラバックを導入しているスタッフはいないものの、見るからにそそられるのでユーザーは導入検討中です。

そんな本館4階では「Peak design」コーナーを開設しました。
代表的なストラップとカメラバックを実際に手に取って見ていただくことが可能です。

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)




▼ご検討はこちらから!▼


まずは、読者のみなさまがお持ちのストラップを活かして使うことが出来る「アンカーリンクス」がおすすめです。






▼こちらもチェック!▼



〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]