Peak designのすゝめ | THE MAP TIMES 
Select Language



Peak designのすゝめ

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



読者の皆様は「Peak design」というカメラストラップやカメラバックを手掛けるアクセサリーメーカーをご存知でしょうか。
アメリカ発のブランドで数年前に日本へ上陸した急成長のメーカーです。
そんな、「Peak design」ですが最近は国内外問わず多くのカメラユーザーが使っているのを目にするようになりました。
筆者は2年ほど前にカメラの展示会「CP+」で見て購入したのがきっかけで、
当初は「アンカーリンクス」というカメラストラップを簡単に脱着可能にするアイテムを導入し、
気に入って使っていました。去年ストラップを2本導入してからは、完全に虜になりました。

ずばり「Peak design」の魅力とは・・

美しいデザインと革新的な機能

カメラバックを例にあげると、当然ながら撮影を重視した製品が多いためかシンプルで黒いものが多い。
それに比べ「Peak design」の製品はカジュアルで彩色良いものが多く、
普段のお出掛けプラス撮影という時に最適で、その趣はどんな場面にも調和してくれる。
旅行やデート、カメラを持ってはいくものの撮影が主体ではない時でもメインのバックとして使えるのがおすすめのポイントです。


筆者の所属する本館4階には、
「Peak design」の魅力に魅せられたスタッフが数名いるので使用機材とともに紹介します。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


まずはニコンD500ユーザーのYさん、「リーシュ カメラストラップ アッシュ」が取り付けられています。
簡単にカメラに脱着ができるストラップ、リーシュは、スリングストラップ、ネックストラップ、セーフティテザーなど、
様々な使い方をこの1本で可能にします。アルミニウムとハイパロン製のクイックアジャスターにより、指1本で調整ができます。
また、簡単に取り外しができ、ストラップをポケットやバッグの中に収納するのも簡単です。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ


そして筆者のTも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」
キヤノンEOS5D MarkⅣにEF24-70mm F2.8L Ⅱ USMのセット
ストラップ先端のアンカーは一見するに細身で心細く思えますが、総重量1.7Kgのセットでも問題なし。
アンカー1つの耐荷重はなんと90Kg以上。劣化すると警告する機能付きで安心して使うことが出来ます。

peak design (ピークデザイン) リーシュ カメラストラップ アッシュ



筆者から薦められて導入したHさんも「リーシュ カメラストラップ アッシュ」。
キヤノンEOS5DsRにEF135mm F2L USMの組み合わせで使用。


最後にアンカーリンクスを利用しているSさん

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス

peak design (ピークデザイン) アンカーリンクス


沖縄旅行でふらっと入った革製品のお店で購入した本革ストラップ。
お気に入りのストラップを複数の機種で使いたい…そんな要望に応えてくれるのがこのアンカーリンクスです。
ストラップを取り外して装着し直すのは大変ですが、これさえあれば10秒で付け替え完了。

現行モデルは紐が細くなり、より多くのアイレットやストラップホールに取り付けられるようになった一方、耐荷重は90kg以上を維持していますので、フルサイズ機にも安心して利用出来ます。

また、取付け部分はピークデザイン製品と互換性があるので、ピークデザイン製のストラップもお好みでつけることが可能です。



本館4階スタッフの間では「リーシュ」が圧倒的な人気。
カメラを持ち寄って集まったら面白そうです。

未だカメラバックを導入しているスタッフはいないものの、見るからにそそられるのでユーザーは導入検討中です。

そんな本館4階では「Peak design」コーナーを開設しました。
代表的なストラップとカメラバックを実際に手に取って見ていただくことが可能です。

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)

peak design (ピークデザイン)




▼ご検討はこちらから!▼


まずは、読者のみなさまがお持ちのストラップを活かして使うことが出来る「アンカーリンクス」がおすすめです。






▼こちらもチェック!▼



〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月26日 14時02分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、手...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]