Select Language



【OLYMPUS】OM-D E-M1 Mark IIと里帰り

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月10日 15時45分]



千葉県匝瑳(そうさ)市晴海。旧八日市場市。
親戚の家が自動車整備会社を営んでおり、幼いころはよく父親に連れて行ってもらっていました。
この日はOM-D E-M1 Mark IIM.ZUIKO DiGITAL ED 12-100mm F4 PRO ISを手に、実に十数年ぶりに訪れてみました。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:12mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:250

工場(こうば)の風景。
幼い頃、作業をしていない時は良くこのスペースで遊ばせてもらっていました。
今改めて見ると昔から変わることのない景色に時間の流れが止まっているかのような気持ちにさせられます。
※OM-D E-M1 Mark IIのアートフィルター「ブリーチバイパス」で処理。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:34mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200

工場の裏は一面水田が広がります。
毎日眺めている新宿の風景とは真逆の世界です。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:54mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/640秒 ISO:200

家のすぐそばを流れる川。
一緒に来ていた甥が石を投げ込んで遊んでいました。
自身も昔は同じように遊んでいたことを思い出します。
子どもにとってはこういった田舎ならではの風景が新鮮なのだと思います。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:200

親戚の家を離れ、同市内にある「ふれあいパーク八日市場」へ。
この日は天気もよく、子どもたちが遊べる広い公園があり、私自身ものんびりと休日を満喫できました。
100mm側の望遠でのカットですが背景のボケも程よく綺麗で、
ピントを合わせた姪の後ろ姿が強調されて立体感のある描写となっています。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:12mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200

息子の足元を広角側12mmのローアングルで。
改めてバリアングルの液晶モニターが搭載されていることはすごく有り難く思います。
ローアングルの写真は普段なかなか観ることのできない世界感を観せてくれます。撮影の幅を広げてくれますのでオススメです。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:100mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:200

近くにある農園でいちご狩りも満喫しました。
このレンズは新鮮ないちごの瑞々しさまで伝えてくれます。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

いちごのポートレート写真とでも言いましょうか・・・
赤い色も自然な見たままの色を再現してくれます。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:29mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:200

いちご狩りに夢中な姪。
肌色の発色もとても健康的で綺麗な色です。
解像感もとても高く、画素数以上の描写を感じることができます。


OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
焦点距離:100mm 絞り:F7.1 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

最後に長閑なこの土地ならではの1枚。
ガードレールもないこういった道がたくさんあります。
私にとっては懐かしい気持ちにさせてくれる場所であり、今後も変わらぬ姿で
あって欲しいと勝手ながらに思ってしまいます。
実は望遠側の100mmで撮影しています。マイクロフォーサーズセンサーでも
圧縮効果はきちんと出ていて、遠くの景色もよく見えてきます。


発売されてから早いものでもう1年以上経ち、所有されている方も増えてきていると思います。
定番の組み合わせではありますが、やはりこの組み合わせならではの6.5段分の手ぶれ補正は強力で、
少し遅いくらいのシャッタースピードであれば全く手ブレを気にすることなく軽快に撮影することできました。
OM-D E-M1 Mark IIを手にするのであれば必ず一緒に所有しておきたいレンズです。
ズームレンズとは言え、やはりOLYMPUSの誇るPROシリーズのレンズ。描写力も申し分ありません。
広角から望遠までカバーできますので大抵の撮影はこの1本で任せることができます。
おでかけのお供に改めてこの組み合わせをおすすめしたいと思います。

▼今回撮影した機材はこちら▼
今ならマップカメラオリジナルセットで発売中!!







今回ご紹介した機材は、実際に店頭でお手にとってお試しいただけます。
スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ちしております。

また、電話でのお問い合せも受け付けております。
お気軽にお問い合せください。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月10日 15時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]