Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.1

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月28日 14時00分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


皆様こんにちは!
今年も始まりました「ゴールデンウィーク(以下、GWと表記します)」
なんと最大で9連休というから驚きです。
有り難いことに店頭では「東京に来たついでに寄ってみたよ」という遠方からのお客様もいらっしゃったり、
沢山のお客様で毎年にぎわっております。

さて、今年のGWはどんなことをして盛り上げようかと考えていたら
「スタッフが普段使っているカメラバッグの中身を紹介するのはどうか」という案が出たので、いただきました!

…ということで今年のGW特別企画は「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開!」です!

前置きが長くなってきましたので、さっそくご紹介!
今回は私が撮りたいシチュエーションや、その日の気分によって変えている
2種類のカメラバッグと、その中身をご紹介します。

DOMKE F-2 マップカメラオリジナル

…しばらくSNSのアイコンにしていた写真です。良く撮れてます。
望遠レンズを使いたい時、風景撮影がメインの時はこのセットで出かけます。
ちなみにこのドンケ F-2、マップカメラ限定のオリジナルカラーなのです。

大集合!

中身はこのようになっています。
気合が入っている時はPENTAX K-1に55mm、85mm、300mmの3本を持っていきます。
ブロアーなどのメンテ用品もお忘れなく。サイドポケットが2つあるのでそこに入れています。
空いたところにお財布をインすれば何処へでも行けます。

肩パッドと広角のカメラがポイント!

ショルダーバッグを選んだのは動き回るときに便利だから、という理由が一番なのですが
やはりこれだけの機材を片方の肩にかけて長時間持ち歩いていると負荷がきます。
そこでクッションパッドを導入したところ負担が激減!!
ここまで変わるのか、と使ってみてビックリ。特に次の日の朝の体が楽です。

そして、PENTAXの機材で広角レンズを持っていない私。
交換レンズのラインナップとにらめっこした末、割り切って別のカメラを買いました。
「SIGMA dp0 Quattro」最高です。広角なのに歪まない、目が覚めるほどシャープ、色もよく出る。言うことなしです。
広角レンズをどうしようか考えている方に是非オススメしたいです。

DA★300mm F4 ED IF SDM

こちらはPENTAX DA★300mm F4の写真。DAレンズですがフルサイズでも使えます。
高い枝に咲く桜も望遠レンズで撮ればキレイに大きく撮れます。
キレ味抜群のシャープな写りをするレンズで、お気に入りの1本です。

SIGMA dp0 Quattro

こちらは交換レンズを買うつもりで買い足した、広角単焦点レンズという尖ったカメラ、dp0 Quattroにて。
持ち運びに苦労しないので、特に広角を使わなそうな日でも持っていきます。

以上、1つめの「一眼レフで何処までも」がテーマの構成でした!





【バッグの中身】






続いて2つめの「mac bookを持ってポートレートを撮ろう」がテーマの構成をご紹介!

industria IND-210

シンプルな黒いリュック。カメラバッグと言われなければ見た目には分からないのがミソです。
生地も強くてベルトの部分がネオプレーン生地なので負担も少なく感じます。

mac bookを持ち運びたい!

中身はいたってシンプル。mac bookを持ち運びたいが為にこのバッグを選んだので他のものはあまり入っていません。
ポートレート撮影ではLeica SL(Typ601)ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHを好んで使っています。
「F0.95」が描くボケは一度味わうともう他のレンズには戻れません。
広角で全身を撮りたい時や遠近感を出したい時はズミルックス M24mm F1.4 ASPHで撮ります。

スッポリ入るのでちょうどいいです!

背中側の内ポケットにmac book pro 13インチがジャストサイズで入ります。
撮影が終わった後で、その場で現像したり相手に写真を見てもらったりと活躍しています。
ポータブルHDDなども一緒に持ち運んでいるのでケースは必須です。

Noctikux M50mm F0.95 ASPH

少し距離を開けてもピント面以外のところは大きくボケます。
被写体が浮き立つような描写はノクティルックスならでは。

Noctilux M50mm F0.95 ASPH

夜の街でも難なく撮れるので、写真が上手くなったような気分にしてくれるレンズです。


十人十色のカメラバッグ事情。
明日は別のスタッフが登場です!お楽しみに!






【バッグの中身】


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月28日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]