【FUJICA】フジノン 55mm F2.2と新緑の季節 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJICA】フジノン 55mm F2.2と新緑の季節

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 16時30分]



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

いよいよGWに突入しましたが、皆さんどこかに撮影に出かける予定は立てられましたでしょうか。
街中はすっかり初夏の陽気で、日中は汗ばむほど。
暑いのが苦手な筆者にとって、「撮影に行きたい」という気持ちと「家から出たくない」という気持ちの間に挟まれて苦しむ季節がいよいよ到来しました。結果的にいつも前者のほうが勝つわけですが…。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

今回のマップタイムズでは、少し前に3,000円くらいで購入した『FUJICA フジノン 55mm F2.2 (M42マウント)』を使用して撮影した写真をご紹介いたします。
安価で面白そうなオールドレンズがあるとついつい買ってしまうのですが、その中でもこのレンズはバブルボケで有名なレンズ。開放での描写は柔らかく、レンズの状態の影響もあるかもしれませんが少しにじむような写りが特徴的です。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

少し絞るだけで「本当にオールドレンズ?」と疑ってしまいたくなるほどシャープな写りに。
ちなみに私が購入したレンズは難あり品のためとても安く、鏡筒部分が一部ひび割れていました。調べたところによると、経年劣化によるひび割れがよく見られるレンズであるとのこと。特に後記型はそれが顕著なのだそう。しかし外観がどうなっていようと、少しリングが回しづらくなっていようと、写れば問題ないのです。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

最短撮影距離は60cmとやや長め。テーブルフォトはギリギリいけなくもないです。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

この日は用事があってとあるホテルに足を運んだのですが、このホテルの庭園がとても美しく、シャッターを切る手が止まりませんでした。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

バブルボケが一番分かりやすく出た1枚です。意外と分かりやすいバブルボケを出すのは難しかったです…。もっと経験を積まねばならないなと思いました。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

冒頭の池の写真を引きで。周りの景色のコントラストが高くなってくると、夏がもうすぐそこまで来ているんだなあと感じます。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

ちょうど夕日が当たっている部分だけ建物がにじんで、面白い描写になりました。
オールドレンズは現代のレンズに無い予測不能な写りを見せてくれることが多々あるので、それを味わうたびにどんどんとオールドレンズ沼から抜け出せなくなっていきます…。
今回が購入後初めての撮影だったので、もっとこのレンズの良さを引き出せる写真が撮れるようになったらまたブログを書きたいと思います。
あまりマップカメラの中古では見かけないレンズですが、安価なので見かけたらぜひ手に取ってみてください。色々なところのレビューでも書かれていますが、なかなかに遊べるレンズなのでおすすめです。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 16時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、手...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]