Select Language



【FUJICA】フジノン 55mm F2.2と新緑の季節

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 16時30分]



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

いよいよGWに突入しましたが、皆さんどこかに撮影に出かける予定は立てられましたでしょうか。
街中はすっかり初夏の陽気で、日中は汗ばむほど。
暑いのが苦手な筆者にとって、「撮影に行きたい」という気持ちと「家から出たくない」という気持ちの間に挟まれて苦しむ季節がいよいよ到来しました。結果的にいつも前者のほうが勝つわけですが…。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

今回のマップタイムズでは、少し前に3,000円くらいで購入した『FUJICA フジノン 55mm F2.2 (M42マウント)』を使用して撮影した写真をご紹介いたします。
安価で面白そうなオールドレンズがあるとついつい買ってしまうのですが、その中でもこのレンズはバブルボケで有名なレンズ。開放での描写は柔らかく、レンズの状態の影響もあるかもしれませんが少しにじむような写りが特徴的です。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

少し絞るだけで「本当にオールドレンズ?」と疑ってしまいたくなるほどシャープな写りに。
ちなみに私が購入したレンズは難あり品のためとても安く、鏡筒部分が一部ひび割れていました。調べたところによると、経年劣化によるひび割れがよく見られるレンズであるとのこと。特に後記型はそれが顕著なのだそう。しかし外観がどうなっていようと、少しリングが回しづらくなっていようと、写れば問題ないのです。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

最短撮影距離は60cmとやや長め。テーブルフォトはギリギリいけなくもないです。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

この日は用事があってとあるホテルに足を運んだのですが、このホテルの庭園がとても美しく、シャッターを切る手が止まりませんでした。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

バブルボケが一番分かりやすく出た1枚です。意外と分かりやすいバブルボケを出すのは難しかったです…。もっと経験を積まねばならないなと思いました。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

冒頭の池の写真を引きで。周りの景色のコントラストが高くなってくると、夏がもうすぐそこまで来ているんだなあと感じます。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

ちょうど夕日が当たっている部分だけ建物がにじんで、面白い描写になりました。
オールドレンズは現代のレンズに無い予測不能な写りを見せてくれることが多々あるので、それを味わうたびにどんどんとオールドレンズ沼から抜け出せなくなっていきます…。
今回が購入後初めての撮影だったので、もっとこのレンズの良さを引き出せる写真が撮れるようになったらまたブログを書きたいと思います。
あまりマップカメラの中古では見かけないレンズですが、安価なので見かけたらぜひ手に取ってみてください。色々なところのレビューでも書かれていますが、なかなかに遊べるレンズなのでおすすめです。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 16時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]