【FUJICA】フジノン 55mm F2.2と新緑の季節 | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJICA】フジノン 55mm F2.2と新緑の季節

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 16時30分]



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

いよいよGWに突入しましたが、皆さんどこかに撮影に出かける予定は立てられましたでしょうか。
街中はすっかり初夏の陽気で、日中は汗ばむほど。
暑いのが苦手な筆者にとって、「撮影に行きたい」という気持ちと「家から出たくない」という気持ちの間に挟まれて苦しむ季節がいよいよ到来しました。結果的にいつも前者のほうが勝つわけですが…。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

今回のマップタイムズでは、少し前に3,000円くらいで購入した『FUJICA フジノン 55mm F2.2 (M42マウント)』を使用して撮影した写真をご紹介いたします。
安価で面白そうなオールドレンズがあるとついつい買ってしまうのですが、その中でもこのレンズはバブルボケで有名なレンズ。開放での描写は柔らかく、レンズの状態の影響もあるかもしれませんが少しにじむような写りが特徴的です。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

少し絞るだけで「本当にオールドレンズ?」と疑ってしまいたくなるほどシャープな写りに。
ちなみに私が購入したレンズは難あり品のためとても安く、鏡筒部分が一部ひび割れていました。調べたところによると、経年劣化によるひび割れがよく見られるレンズであるとのこと。特に後記型はそれが顕著なのだそう。しかし外観がどうなっていようと、少しリングが回しづらくなっていようと、写れば問題ないのです。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

最短撮影距離は60cmとやや長め。テーブルフォトはギリギリいけなくもないです。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

この日は用事があってとあるホテルに足を運んだのですが、このホテルの庭園がとても美しく、シャッターを切る手が止まりませんでした。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

バブルボケが一番分かりやすく出た1枚です。意外と分かりやすいバブルボケを出すのは難しかったです…。もっと経験を積まねばならないなと思いました。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

冒頭の池の写真を引きで。周りの景色のコントラストが高くなってくると、夏がもうすぐそこまで来ているんだなあと感じます。


FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)



FUJICA (フジカ) フジノン 55mm F2.2 (M42)

ちょうど夕日が当たっている部分だけ建物がにじんで、面白い描写になりました。
オールドレンズは現代のレンズに無い予測不能な写りを見せてくれることが多々あるので、それを味わうたびにどんどんとオールドレンズ沼から抜け出せなくなっていきます…。
今回が購入後初めての撮影だったので、もっとこのレンズの良さを引き出せる写真が撮れるようになったらまたブログを書きたいと思います。
あまりマップカメラの中古では見かけないレンズですが、安価なので見かけたらぜひ手に取ってみてください。色々なところのレビューでも書かれていますが、なかなかに遊べるレンズなのでおすすめです。








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年04月29日 16時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 【SONY】冬の紆余曲折 2019年01月18日
新しい年が明け、年始ムードが落ち着いてきた平日のある日。 ふと冬の新宿御苑で撮影をしたことがない事に思い当たり、早速、新宿へ出掛けました。 到着したのは少し遅めの、午後2時を回った頃。 閉園の4時30分まではじゅうぶん時間があります。 入場門に到着して早々に目に飛び込んできたのは、まさかの「営利目的の撮影禁止」の看板。 念の為、インフォメーションセンターで確認するも、自身の行為が営利目的であると太鼓判を押されただけでした。 「そういえば、プライベートでしか撮りに来た...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III 続いてはα7RIIIとα7III。この2機種は今年4月にVer.3.0をリリース予定されています。 Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化 シャッターボタン半押しで作動/動物瞳AF 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。そして、動...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]