【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.6 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.6

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月03日 18時00分]


カメラバッグの中身大公開!

ピークデザインやインダストリア、ONAなどデザイン性に優れたカメラバッグも増えてきていますが、やはり「自分のお気に入りのバッグで持ち歩きたい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ということで、「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開!」Vol.6では、カメラバッグではない普段使いのバッグにカメラを入れて持ち歩いているスタッフに焦点を当てました!

マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

私が普段持ち歩いているのは、柔らかい豚革を用いて作られた極シンプルなトートバッグです。その中にカメラ、お財布、ポーチ、スマートフォン、SDカードケース(非売品/以前にフジフイルムのイベントで貰ったのでXシリーズのロゴ入り)、そしてコンパクトな蔵のクリーニングキットを常備しています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

カメラは『SONY α7II』を使用していて、付けているレンズは以前にブログでもご紹介したことのある『ヘリオス44-2 58mm F2』です。
ストラップはずっと最初から付いていた純正のものを使用していたのですが、つい数日前に革製のものに変えました。革のストラップが欲しくて探しに探し続けた結果、やっと「これだ!」と思うものに出会えたのです。無料で刻印も出来たので、こっそり自分の名前入り。肩の部分には低反発のクッション材が入っており、長時間使用していても疲れません。
また、バッグの中に荷物が多くカメラに傷が付いてしまいそうな場合や、交換レンズを持ち歩く場合は、エツミのクッションポーチに入れて持ち歩いています。しっかりと衝撃を吸収してくれる上に非常に軽いので重宝しています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

シャッターチャンスを逃したくないので、雨が降っている時や電車の中などを除いては、基本的にいつもカメラを肩にかけた状態で持ち歩いています。
以前α7を使用していた時にはGARIZのケースを使用していたのですが、α7IIにも付けようかな…と最近悩み始めています。
カメラが趣味だと物欲が尽きません。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

たまにズマールを持ち出すこともありますが、最近はヘリオスを持ち出す機会の方が増えてきました。
ヘリオスはとっても軽いので、お散歩スナップを撮るのにぴったりです。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

ボケの柔らかさと優しい写りにうっとり。周辺部分は絞っても若干甘いですが、それもオールドレンズならでは。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

ヘリオスで撮るテーブルフォトが大好きで、ヘリオスを持って出かけるといつも夢中で撮ってしまいます。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

撮ったあとは、もちろん美味しくいただきました。

ヘリオスなどのロシア製のオールドレンズはなかなかマップカメラでは出会えませんが、実は毎日更新されている中古情報をチェックしていると1週間に何回かは入ってきているんです。
といっても、すぐに売れてしまうので日々のチェックが大事です!オールドレンズ母艦として人気の高いα7IIもだいぶ新品・中古共に価格もこなれてきましたので、ぜひこの行楽シーズンにオールドレンズデビューしてみてはいかがでしょうか。






▼ さて、ここからもう一人のスタッフのバッグの中身をご紹介いたします! ▼

マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

お気に入りは革製の柔らかいバッグ。どこへ行くときもこのバッグを使用することが多いです。
持ち手の部分の長さが違い、デザイン性があるところがお気に入りです。 中身を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、バッグのサイズに反して荷物が多いです。これでも必要最低限なのですが
でも、想像以上にたっぷり入るのと、多少重たいものを入れても丈夫なので重宝しています。
今回はインスタントカメラを入れていますが、コンパクトデジタルカメラを入れていることもあります。
実はこのバッグ、先に紹介したスタッフと同じブランドのバッグです。

カメラは「SONY α7II」、レンズは「Leica ズミルックス M35mm F1.4 2nd」です。
鞄の中に入れるときはイージーラッパーを使用しています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

イージーラッパーの特徴は、留め具が無くても裏地と表地が触れるとくっつくという素材が使用されている点。
写真のように簡単にくるむことができて便利です。
ストラップを出してくるめば、そのまま肩から下げていても傷がつきません。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

マップカメラオリジナルカラーの蔵Curaカメラクリーニングセットに予備のメモリーカードも入れています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

中身を入れて持つと、こんな感じになります。
普段使いのバッグであれば、おしゃれも撮影も楽しめるのでこのスタイルに落ち着いています。

私は「撮る!」と決めたらカメラを出しますが、疲れてきたらすぐバッグにしまってしまいます。
実際に撮影している時間よりも、バッグの中で持ち運ばれている時間の方がカメラにとっては長いかもしれません。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

街歩きをしながら撮ることがほとんどです。
この日は神楽坂へ行きましたので、ノスタルジーに浸りたくてモノクロで撮影しました。



マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

「クセ玉」といわれることもあるレンズですが、写り方がわかってくると撮影するのも楽しくなります。
一番目立たせたいものがしっかり目立たせることもできるというところが好きです。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

こちらは「Leica ズミルックス M50mm F1.4」で撮影したもの。
先のレンズかこのレンズで撮影することが多いです。
エアリーフォトを始めたころの1枚。カメラの設定を決めるのも、被写体と向き合っているのも楽しい時間です。
Leicaレンズを使用するのはボケ感とじっくりと向き合っている時間が好きだからだと感じています。






▼バックナンバーはこちらから▼ カメラバッグの中身大公開!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月03日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]