【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.6 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.6

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月03日 18時00分]


カメラバッグの中身大公開!

ピークデザインやインダストリア、ONAなどデザイン性に優れたカメラバッグも増えてきていますが、やはり「自分のお気に入りのバッグで持ち歩きたい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ということで、「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開!」Vol.6では、カメラバッグではない普段使いのバッグにカメラを入れて持ち歩いているスタッフに焦点を当てました!

マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

私が普段持ち歩いているのは、柔らかい豚革を用いて作られた極シンプルなトートバッグです。その中にカメラ、お財布、ポーチ、スマートフォン、SDカードケース(非売品/以前にフジフイルムのイベントで貰ったのでXシリーズのロゴ入り)、そしてコンパクトな蔵のクリーニングキットを常備しています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

カメラは『SONY α7II』を使用していて、付けているレンズは以前にブログでもご紹介したことのある『ヘリオス44-2 58mm F2』です。
ストラップはずっと最初から付いていた純正のものを使用していたのですが、つい数日前に革製のものに変えました。革のストラップが欲しくて探しに探し続けた結果、やっと「これだ!」と思うものに出会えたのです。無料で刻印も出来たので、こっそり自分の名前入り。肩の部分には低反発のクッション材が入っており、長時間使用していても疲れません。
また、バッグの中に荷物が多くカメラに傷が付いてしまいそうな場合や、交換レンズを持ち歩く場合は、エツミのクッションポーチに入れて持ち歩いています。しっかりと衝撃を吸収してくれる上に非常に軽いので重宝しています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

シャッターチャンスを逃したくないので、雨が降っている時や電車の中などを除いては、基本的にいつもカメラを肩にかけた状態で持ち歩いています。
以前α7を使用していた時にはGARIZのケースを使用していたのですが、α7IIにも付けようかな…と最近悩み始めています。
カメラが趣味だと物欲が尽きません。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

たまにズマールを持ち出すこともありますが、最近はヘリオスを持ち出す機会の方が増えてきました。
ヘリオスはとっても軽いので、お散歩スナップを撮るのにぴったりです。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

ボケの柔らかさと優しい写りにうっとり。周辺部分は絞っても若干甘いですが、それもオールドレンズならでは。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

ヘリオスで撮るテーブルフォトが大好きで、ヘリオスを持って出かけるといつも夢中で撮ってしまいます。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

撮ったあとは、もちろん美味しくいただきました。

ヘリオスなどのロシア製のオールドレンズはなかなかマップカメラでは出会えませんが、実は毎日更新されている中古情報をチェックしていると1週間に何回かは入ってきているんです。
といっても、すぐに売れてしまうので日々のチェックが大事です!オールドレンズ母艦として人気の高いα7IIもだいぶ新品・中古共に価格もこなれてきましたので、ぜひこの行楽シーズンにオールドレンズデビューしてみてはいかがでしょうか。






▼ さて、ここからもう一人のスタッフのバッグの中身をご紹介いたします! ▼

マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

お気に入りは革製の柔らかいバッグ。どこへ行くときもこのバッグを使用することが多いです。
持ち手の部分の長さが違い、デザイン性があるところがお気に入りです。 中身を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、バッグのサイズに反して荷物が多いです。これでも必要最低限なのですが
でも、想像以上にたっぷり入るのと、多少重たいものを入れても丈夫なので重宝しています。
今回はインスタントカメラを入れていますが、コンパクトデジタルカメラを入れていることもあります。
実はこのバッグ、先に紹介したスタッフと同じブランドのバッグです。

カメラは「SONY α7II」、レンズは「Leica ズミルックス M35mm F1.4 2nd」です。
鞄の中に入れるときはイージーラッパーを使用しています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

イージーラッパーの特徴は、留め具が無くても裏地と表地が触れるとくっつくという素材が使用されている点。
写真のように簡単にくるむことができて便利です。
ストラップを出してくるめば、そのまま肩から下げていても傷がつきません。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

マップカメラオリジナルカラーの蔵Curaカメラクリーニングセットに予備のメモリーカードも入れています。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

中身を入れて持つと、こんな感じになります。
普段使いのバッグであれば、おしゃれも撮影も楽しめるのでこのスタイルに落ち着いています。

私は「撮る!」と決めたらカメラを出しますが、疲れてきたらすぐバッグにしまってしまいます。
実際に撮影している時間よりも、バッグの中で持ち運ばれている時間の方がカメラにとっては長いかもしれません。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

街歩きをしながら撮ることがほとんどです。
この日は神楽坂へ行きましたので、ノスタルジーに浸りたくてモノクロで撮影しました。



マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

「クセ玉」といわれることもあるレンズですが、写り方がわかってくると撮影するのも楽しくなります。
一番目立たせたいものがしっかり目立たせることもできるというところが好きです。


マップカメラスタッフのカメラバッグの中身を大公開!

こちらは「Leica ズミルックス M50mm F1.4」で撮影したもの。
先のレンズかこのレンズで撮影することが多いです。
エアリーフォトを始めたころの1枚。カメラの設定を決めるのも、被写体と向き合っているのも楽しい時間です。
Leicaレンズを使用するのはボケ感とじっくりと向き合っている時間が好きだからだと感じています。






▼バックナンバーはこちらから▼ カメラバッグの中身大公開!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月03日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]