【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.4

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月01日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
第四弾である今日は、超望遠レンズの使い手2人のカメラバッグの中身を大公開です!



使っているバッグは「Lowepro レンズトレッカー 600 AW Ⅲ」
サーキットでは様々な場所から撮影するので、負担をなくすために機材は一台にしています。
その為、長玉をボディに付けたまま移動できるこのカバンを使用しています。
ハーネス部分の厚みがしっかりしているため、肩への負担がかなり少ないのも特徴です。
収納量は少ないですが、圧倒的なシンプルさがかえって使いやすいのが選んだポイント。



・Nikon D4
・SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM
・SIGMA テレコンバーター TC-1401
・GITZO カーボン一脚4型4段 GM4542

2014年に購入したD4を今でも、大事に使用しています。
モータースポーツだけではなく、風景やポートレートなどにも使用しています。



ポケットは少ないですし、収納は豊富ではありませんが(長財布・コインケース・キーケース)
私はサーキットでの撮影では収納力を求めているわけではないので、これで十分。



長玉をボディに付けたまま収納するのでかなり大きいです。
縦長のバックだと歩く際に横揺れを起こしやすいですが、しっかりとハーネスで固定できるため、疲れにくいのも特徴です。



ダンロップコーナー立ち上がり(MOTUL AUTECH GT-R#23)



アドバンコーナー立ち上がり(カルソニック IMPUL GT-R#12)



ピットレーン(カルソニック IMPUL GT-R#12)



写真からもわかる通り、日産好きです。
購入したばかりのSIGMA Sports 500mm F4。ズームレンズでは体験できない快感があります。
(撮影風景は知人のD500+AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VRで撮影してもらいました)
自分が好きな撮影ポイントから、応援しているチームの写真を撮る。
撮った写真を印刷し、ドライバーや監督からサインをもらうなどして楽しんでおります。

当店で超望遠レンズユーザーに人気のバッグをご紹介!





【バッグの中身】




続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!



ThinkTANK Air Port Acceleratorというバッグを愛用しています。
このバッグを選んだのは、Canon EOS 1DXやNikon D5などのフラッグシップ機と
300mm f2.8や400mm f2.8クラスの超望遠レンズに加えて
Mac Book Pro 15inchまで背面に収納出来る収納力が大きなポイント!



機材も当然高額になってくるので、防犯用のファスナーが充実しているのも安心感があります。
リュックタイプとはいえ、総重量が重いので持ち運びの際は肩にタオルをひくなどして負担を減らしています。
(サーキット内では機材を背負って1日15~20Km程歩きます。)



さて、メインの機材ですが…
・EOS-1DX MarkⅡ 2台
・EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
・EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
・EF35mm F1.4L Ⅱ USM
・EF300mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
・エクステンダー EF1.4Ⅲ、EF2Ⅲ

被写体やシチュエーションによって変わりますが、このような具合です。



サーキット(富士スピードウェイ)での撮影の例では、
・EOS-1DX MarkⅡ 2台(1台は予備)
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
・EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
・エクステンダー EF1.4Ⅲ、EF2Ⅲ
・Mac Book Pro 15inchを収納しています。



SUPER GT(富士スピードウェイ)で撮影したKEIHIN NSXの走行シーン



SUPER GT(チャーンインターナショナル国際サーキット)で撮影したS Road CRAFT Sport GTRのドライバー交代シーン



中央本線で撮影したEF64重連貨物列車の写真。
遠くにいる被写体も目の前にあるかのように引き寄せられる超望遠レンズならではの写真たちです。

超望遠レンズの世界を存分に楽しむスタッフのバッグの中身のご紹介でした!
明日も更新していきますのでお楽しみに!






【バッグの中身】





明日も引き続き、他スタッフのカメラバッグの中身を大公開します!お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月01日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]