MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.4

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月01日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
第四弾である今日は、超望遠レンズの使い手2人のカメラバッグの中身を大公開です!



使っているバッグは「Lowepro レンズトレッカー 600 AW Ⅲ」
サーキットでは様々な場所から撮影するので、負担をなくすために機材は一台にしています。
その為、長玉をボディに付けたまま移動できるこのカバンを使用しています。
ハーネス部分の厚みがしっかりしているため、肩への負担がかなり少ないのも特徴です。
収納量は少ないですが、圧倒的なシンプルさがかえって使いやすいのが選んだポイント。



・Nikon D4
・SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM
・SIGMA テレコンバーター TC-1401
・GITZO カーボン一脚4型4段 GM4542

2014年に購入したD4を今でも、大事に使用しています。
モータースポーツだけではなく、風景やポートレートなどにも使用しています。



ポケットは少ないですし、収納は豊富ではありませんが(長財布・コインケース・キーケース)
私はサーキットでの撮影では収納力を求めているわけではないので、これで十分。



長玉をボディに付けたまま収納するのでかなり大きいです。
縦長のバックだと歩く際に横揺れを起こしやすいですが、しっかりとハーネスで固定できるため、疲れにくいのも特徴です。



ダンロップコーナー立ち上がり(MOTUL AUTECH GT-R#23)



アドバンコーナー立ち上がり(カルソニック IMPUL GT-R#12)



ピットレーン(カルソニック IMPUL GT-R#12)



写真からもわかる通り、日産好きです。
購入したばかりのSIGMA Sports 500mm F4。ズームレンズでは体験できない快感があります。
(撮影風景は知人のD500+AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VRで撮影してもらいました)
自分が好きな撮影ポイントから、応援しているチームの写真を撮る。
撮った写真を印刷し、ドライバーや監督からサインをもらうなどして楽しんでおります。

当店で超望遠レンズユーザーに人気のバッグをご紹介!





【バッグの中身】




続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!



ThinkTANK Air Port Acceleratorというバッグを愛用しています。
このバッグを選んだのは、Canon EOS 1DXやNikon D5などのフラッグシップ機と
300mm f2.8や400mm f2.8クラスの超望遠レンズに加えて
Mac Book Pro 15inchまで背面に収納出来る収納力が大きなポイント!



機材も当然高額になってくるので、防犯用のファスナーが充実しているのも安心感があります。
リュックタイプとはいえ、総重量が重いので持ち運びの際は肩にタオルをひくなどして負担を減らしています。
(サーキット内では機材を背負って1日15~20Km程歩きます。)



さて、メインの機材ですが…
・EOS-1DX MarkⅡ 2台
・EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
・EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
・EF35mm F1.4L Ⅱ USM
・EF300mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
・エクステンダー EF1.4Ⅲ、EF2Ⅲ

被写体やシチュエーションによって変わりますが、このような具合です。



サーキット(富士スピードウェイ)での撮影の例では、
・EOS-1DX MarkⅡ 2台(1台は予備)
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
・EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
・エクステンダー EF1.4Ⅲ、EF2Ⅲ
・Mac Book Pro 15inchを収納しています。



SUPER GT(富士スピードウェイ)で撮影したKEIHIN NSXの走行シーン



SUPER GT(チャーンインターナショナル国際サーキット)で撮影したS Road CRAFT Sport GTRのドライバー交代シーン



中央本線で撮影したEF64重連貨物列車の写真。
遠くにいる被写体も目の前にあるかのように引き寄せられる超望遠レンズならではの写真たちです。

超望遠レンズの世界を存分に楽しむスタッフのバッグの中身のご紹介でした!
明日も更新していきますのでお楽しみに!






【バッグの中身】





明日も引き続き、他スタッフのカメラバッグの中身を大公開します!お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月01日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]