【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.4

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月01日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
第四弾である今日は、超望遠レンズの使い手2人のカメラバッグの中身を大公開です!



使っているバッグは「Lowepro レンズトレッカー 600 AW Ⅲ」
サーキットでは様々な場所から撮影するので、負担をなくすために機材は一台にしています。
その為、長玉をボディに付けたまま移動できるこのカバンを使用しています。
ハーネス部分の厚みがしっかりしているため、肩への負担がかなり少ないのも特徴です。
収納量は少ないですが、圧倒的なシンプルさがかえって使いやすいのが選んだポイント。



・Nikon D4
・SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM
・SIGMA テレコンバーター TC-1401
・GITZO カーボン一脚4型4段 GM4542

2014年に購入したD4を今でも、大事に使用しています。
モータースポーツだけではなく、風景やポートレートなどにも使用しています。



ポケットは少ないですし、収納は豊富ではありませんが(長財布・コインケース・キーケース)
私はサーキットでの撮影では収納力を求めているわけではないので、これで十分。



長玉をボディに付けたまま収納するのでかなり大きいです。
縦長のバックだと歩く際に横揺れを起こしやすいですが、しっかりとハーネスで固定できるため、疲れにくいのも特徴です。



ダンロップコーナー立ち上がり(MOTUL AUTECH GT-R#23)



アドバンコーナー立ち上がり(カルソニック IMPUL GT-R#12)



ピットレーン(カルソニック IMPUL GT-R#12)



写真からもわかる通り、日産好きです。
購入したばかりのSIGMA Sports 500mm F4。ズームレンズでは体験できない快感があります。
(撮影風景は知人のD500+AF-S 80-400mm F4.5-5.6G ED VRで撮影してもらいました)
自分が好きな撮影ポイントから、応援しているチームの写真を撮る。
撮った写真を印刷し、ドライバーや監督からサインをもらうなどして楽しんでおります。

当店で超望遠レンズユーザーに人気のバッグをご紹介!





【バッグの中身】




続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!



ThinkTANK Air Port Acceleratorというバッグを愛用しています。
このバッグを選んだのは、Canon EOS 1DXやNikon D5などのフラッグシップ機と
300mm f2.8や400mm f2.8クラスの超望遠レンズに加えて
Mac Book Pro 15inchまで背面に収納出来る収納力が大きなポイント!



機材も当然高額になってくるので、防犯用のファスナーが充実しているのも安心感があります。
リュックタイプとはいえ、総重量が重いので持ち運びの際は肩にタオルをひくなどして負担を減らしています。
(サーキット内では機材を背負って1日15~20Km程歩きます。)



さて、メインの機材ですが…
・EOS-1DX MarkⅡ 2台
・EF24-70mm F2.8L Ⅱ USM
・EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
・EF35mm F1.4L Ⅱ USM
・EF300mm F2.8L IS Ⅱ USM
・EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
・エクステンダー EF1.4Ⅲ、EF2Ⅲ

被写体やシチュエーションによって変わりますが、このような具合です。



サーキット(富士スピードウェイ)での撮影の例では、
・EOS-1DX MarkⅡ 2台(1台は予備)
・EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
・EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM
・エクステンダー EF1.4Ⅲ、EF2Ⅲ
・Mac Book Pro 15inchを収納しています。



SUPER GT(富士スピードウェイ)で撮影したKEIHIN NSXの走行シーン



SUPER GT(チャーンインターナショナル国際サーキット)で撮影したS Road CRAFT Sport GTRのドライバー交代シーン



中央本線で撮影したEF64重連貨物列車の写真。
遠くにいる被写体も目の前にあるかのように引き寄せられる超望遠レンズならではの写真たちです。

超望遠レンズの世界を存分に楽しむスタッフのバッグの中身のご紹介でした!
明日も更新していきますのでお楽しみに!






【バッグの中身】





明日も引き続き、他スタッフのカメラバッグの中身を大公開します!お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月01日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]