【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up!

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月04日 11時00分]



皆様こんにちは!
早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです!
5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。

それは…「Leica 価格改定」です!
カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。
来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!!

そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介!


Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH
数あるLeicaレンズの中で最もF値が低い「F0.95」を実現した超弩級レンズ!
このF値はLeicaに限らず、他メーカーを引き合いに出しても最高峰の明るさです。
ただ明るいというだけでなく、フローティング機構の搭載により、近接時の画質向上や歪曲収差の補正など
あらゆる技術が詰め込まれたハイスペックレンズです!

私は最近このレンズばかり使っていますが、明るいレンズはやっぱり撮りやすいです。
F0.95で撮ればシャッタースピードが稼げるので手ブレしにくく、大きなボケが演出できます。
また、50mmという焦点距離のおかげで自然な遠近感が得られます。
ポートレートだけでなく夜のスナップもチャレンジしようという気になるイチオシレンズです。



Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2.0 ASPH

アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH
発売当初は製造が追いつかず「幻のレンズ」と言われていたほどの人気を誇る定番レンズの1つ。
先にご紹介したノクティルックスは驚異のF値を誇りますが、770gと大きく重いので
「そこまでの明るさは必要ないけど画質が良いレンズが欲しい…」
という方が行き着くのがこのアポズミクロンM50mmでしょうか。

一見、50mm F2という何の変哲もないスペックのレンズの様ですが、
使ってみると、舌を巻いて目を丸くすることでしょう。
とにかく驚愕の描写力を持つレンズです。
レンズ名のアポ(アポクロマート)というのは色収差を徹底的に補正する為のもので
本来は望遠のレンズほど効果が大きく出るので標準レンズに採用することがほぼ無かった技術です。
Leicaはとにかく良いものを造ろうと50mmにアポクロマートを採用し、非球面レンズを取り入れ
更にはフローティング機構まで搭載させたのです!
まさに今持っている技術の粋を集めたと言っても過言ではないレンズです。
驚愕の描写は是非その目で確かめていただきたいです。



Leica M9-P + APO Summicron M90mm F2 ASPH

アポズミクロン M90mm F2.0 ASPH
Leicaが誇る「アポズミクロン」シリーズの最初の1本です。
アポクロマート、非球面レンズの採用で絞り開放からシャープな描写です。
望遠レンズで絞り開放だと甘い描写や色収差が気になることが多いですが
このレンズはそれが全くないので、街中のスナップやライブ撮影もF2で狙っていけます。
今回の価格改定で値上がり幅が最も大きいレンズなので、5月9日までのご購入が吉です!

私もこのレンズが欲しいと何年も言っているので、いい加減に覚悟を決めようかと思う今日この頃です。


今回ご紹介した以外にも価格改定の対象になっているレンズが幾つかございます。
ご購入をご検討中のお客様は是非、5月9日までにご決断を!
生憎、お取り寄せの表記になっているものも是非一度ご相談ください!!


憧れのLeicaを手にするなら今!
マップカメラでは「48回まで金利0%」の超低金利ショッピングクレジットがあります!
私が欲しいアポズミクロン M90mmも価格改定前なら¥502,740です。
これを48回払い金利0%で買うと、初月が¥13,940、2回目以降が¥10,400になります。

…手が届く気がしませんか?
月々1万円ちょっとで憧れのLeicaのレンズが手に入るチャンスです!
ノクティルックスはボーナス併用払いかなぁ…なんて考えてしまいます。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月04日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z 【SONY】冬の紆余曲折 2019年01月18日
新しい年が明け、年始ムードが落ち着いてきた平日のある日。 ふと冬の新宿御苑で撮影をしたことがない事に思い当たり、早速、新宿へ出掛けました。 到着したのは少し遅めの、午後2時を回った頃。 閉園の4時30分まではじゅうぶん時間があります。 入場門に到着して早々に目に飛び込んできたのは、まさかの「営利目的の撮影禁止」の看板。 念の為、インフォメーションセンターで確認するも、自身の行為が営利目的であると太鼓判を押されただけでした。 「そういえば、プライベートでしか撮りに来た...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III 続いてはα7RIIIとα7III。この2機種は今年4月にVer.3.0をリリース予定されています。 Aiによる瞳検出をさらに強化した『瞳AF』の進化 シャッターボタン半押しで作動/動物瞳AF 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」の性能がさらに進化。精度・速度・追随性・操作性が向上しました。また、シャッターを半押しするだけで瞳AFが作動。そして、動...
続きを読む
大型アップデートの概要 【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜 2019年01月17日
大型アップデート内容α9 大型アップデート内容α7RIII / α7III ニコン、キヤノンから遂に新機種が発売され、パナソニック、シグマも参戦を表明しているフルサイズミラーレス市場。その新勢力に対抗すべく、昨日(1/16)にソニーからα9・α7RIII・α7IIIの機能と性能が大幅に向上するアップデートが発表されました。今までのαユーザーはもちろんですが、これからフルサイズミラーレス機を選ぶ方にも朗報と言える今回の大型アップデート内容をまとめてみま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]