【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up!

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月04日 11時00分]



皆様こんにちは!
早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです!
5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。

それは…「Leica 価格改定」です!
カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。
来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!!

そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介!


Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH


ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH
数あるLeicaレンズの中で最もF値が低い「F0.95」を実現した超弩級レンズ!
このF値はLeicaに限らず、他メーカーを引き合いに出しても最高峰の明るさです。
ただ明るいというだけでなく、フローティング機構の搭載により、近接時の画質向上や歪曲収差の補正など
あらゆる技術が詰め込まれたハイスペックレンズです!

私は最近このレンズばかり使っていますが、明るいレンズはやっぱり撮りやすいです。
F0.95で撮ればシャッタースピードが稼げるので手ブレしにくく、大きなボケが演出できます。
また、50mmという焦点距離のおかげで自然な遠近感が得られます。
ポートレートだけでなく夜のスナップもチャレンジしようという気になるイチオシレンズです。



Leica SL(Typ601) + APO Summicron M50mm F2.0 ASPH

アポズミクロン M50mm F2.0 ASPH
発売当初は製造が追いつかず「幻のレンズ」と言われていたほどの人気を誇る定番レンズの1つ。
先にご紹介したノクティルックスは驚異のF値を誇りますが、770gと大きく重いので
「そこまでの明るさは必要ないけど画質が良いレンズが欲しい…」
という方が行き着くのがこのアポズミクロンM50mmでしょうか。

一見、50mm F2という何の変哲もないスペックのレンズの様ですが、
使ってみると、舌を巻いて目を丸くすることでしょう。
とにかく驚愕の描写力を持つレンズです。
レンズ名のアポ(アポクロマート)というのは色収差を徹底的に補正する為のもので
本来は望遠のレンズほど効果が大きく出るので標準レンズに採用することがほぼ無かった技術です。
Leicaはとにかく良いものを造ろうと50mmにアポクロマートを採用し、非球面レンズを取り入れ
更にはフローティング機構まで搭載させたのです!
まさに今持っている技術の粋を集めたと言っても過言ではないレンズです。
驚愕の描写は是非その目で確かめていただきたいです。



Leica M9-P + APO Summicron M90mm F2 ASPH

アポズミクロン M90mm F2.0 ASPH
Leicaが誇る「アポズミクロン」シリーズの最初の1本です。
アポクロマート、非球面レンズの採用で絞り開放からシャープな描写です。
望遠レンズで絞り開放だと甘い描写や色収差が気になることが多いですが
このレンズはそれが全くないので、街中のスナップやライブ撮影もF2で狙っていけます。
今回の価格改定で値上がり幅が最も大きいレンズなので、5月9日までのご購入が吉です!

私もこのレンズが欲しいと何年も言っているので、いい加減に覚悟を決めようかと思う今日この頃です。


今回ご紹介した以外にも価格改定の対象になっているレンズが幾つかございます。
ご購入をご検討中のお客様は是非、5月9日までにご決断を!
生憎、お取り寄せの表記になっているものも是非一度ご相談ください!!


憧れのLeicaを手にするなら今!
マップカメラでは「48回まで金利0%」の超低金利ショッピングクレジットがあります!
私が欲しいアポズミクロン M90mmも価格改定前なら¥502,740です。
これを48回払い金利0%で買うと、初月が¥13,940、2回目以降が¥10,400になります。

…手が届く気がしませんか?
月々1万円ちょっとで憧れのLeicaのレンズが手に入るチャンスです!
ノクティルックスはボーナス併用払いかなぁ…なんて考えてしまいます。


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月04日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]