【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.7 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.7

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月04日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
今日は第七弾!フィルムユーザー憧れのハッセル・ローライユーザーと
軽快なミラーレスユーザーのカメラバッグの中身をご紹介!


街中や旅先での撮影を楽しむ際に愛用しているのが、
マップカメラと横濱帆布鞄とのコラボレーションで製作された「別注カメラキャリングトートバッグ」です。
それも「オリーブ×ブラック」と「モカ×レンガ」を、気分に合わせて使い分けています。
……そう、こう見えて実は、とても愛社精神に富んだスタッフなのです。

「バッグが緑系だから、その花の前で! ひもは後ろにしないと、バッグ隠れちゃうから!」
普段、そんなにカメラに興味を示さないのに、なぜか熱心な妻…
GW中の昼間で、人が結構通り、ちょっと恥ずかしいのですが…

「今度は、こっちの壁をバックにして撮ってみる?」
「あ、いや、これで十分だから…」

……さて、
「じゃあ、こっちは、ショルダーベルト無しで肩からかけて! カメラは首から!」
「えっ、えっ??」
「構え方は、こう。 指をシャッターボタンにかけて!」
「えー、何で私?!」

ということで「モカ×レンガ」は妻に持ってもらい、夫婦仲良く、恥ずかしさを分かち合いました。


HASSELBLAD 500CM + C80㎜ F2.8 交換レンズに、C50mm F4 を。
全部収納すると、かなりキツキツですが、通常ボディは手に持つか、肩掛けなので問題なし。


旅行時は、こんな感じ。 Rollei ローライフレックス3.5F(プラナー)と FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm F2.8-4
フィルムとデジタルの二刀流で。

もともと、あまりにカメラバッグ然としたタイプは好みではなく、以前からトートバッグタイプのものを使用していました。
20年来愛用していたバッグも、かなり痛みが目立つようになり、「オリーブ×ブラック」を購入。
使ってみたら、まぁ、なんて自分にピッタリなんでしょう! と、続く「モカ×レンガ」も色味にも惹かれ購入しました。

インナーには、HAKUBA の「インナーソフトボックス 300」がおススメ。
バッグ内部の巾着型ポケットを活用していても、ジャストサイズで収まります。


ローライだけなら、こんなにも余裕が…

インナーは上部に取り外し可能な蓋がついています。
トートバックは背が高いので、蓋をしていれば
出先でちょっと衝動買いしたものなどを簡単に収めることができます。


ちょっと衝動買いしたものなど…

Rolleiflex 3.5F プラナー

Rollei ローライフレックス 3.5F(プラナー)

以前、妻から「カメラそんなに持ってて… カメラ違うと撮れる写真変わるの?」と言われ
「…そりぁ、もう、全然違うから!! カメラやレンズによって、撮影の向き不向きあるし… カメラ変えれば、世界も気分も変わる!」
(まぁ、一番の問題は腕なんですが…)

Hasselblad 500C/M + C 50mm F4

HASSELBLAD 500C/M + C 50mm F4

カメラバッグにしても同様です。 自分の用途に合ったものなら、スムーズに撮影に移れ、ストレスなく被写体と向き合えます。

Rolleiflex 3.5F プラナー

Rollei ローライフレックス 3.5F(プラナー)

HASSELBLAD 500C/M C 80mm F2.8

HASSELBLAD 500C/M + C 80mm F2.8

Rolleiflex 3.5F プラナー

Rollei ローライフレックス 3.5F(プラナー)

今回紹介した「別注カメラキャリングトートバッグ」 毎回100個限定販売で、すでに第4弾、8種も出ています。
はたして、第5弾はあるのか? 気になるカラーは?
実は、私も期待しています!(入れるカメラは、まだまだあります!)


【バッグの中身】



続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!


カメラバッグらしい!!そんなデザインが気に入っている「Lowepro」シリーズですが
現在使用しているのは「Nova 170 AW」です。
コンパクトにまとまったバッグに最低限の機材を詰め込んで撮影へ・・・
実は普段からバッグをなるべく持たない「手ぶら派」ですが
カメラ機材はしっかり守ってくれるバッグへ入れたいと思い選びました。


ボディ1つにレンズが1本。
迷うことはありません。シンプルイズベスト!あとはシャッターを切るだけです。


少しスペースに余裕があるのが嬉しいですね。財布を入れたり、文庫本を入れたり・・・。


私は「映画」が好きです。なので16:9の比率が大好きです。
映画のワンシーンの様な光景が自分の身近にもあるはず。
それを探しに町にでるのが私は大好きです。


モノクロで撮ると町の様子が普段と違って見える!
そんな気がして、日々シャッターを切る。
この映画の出演者はどこだ。探し求めて町を彷徨う。


坂が好きです。高低差、奥行き、光と影のコントラスト。
ここではどんな映画のワンシーンが撮影できるか・・・・と考えながら。


明日はどんな風景に出会えるのか、それはどんな「ワンシーン」になるのか。
日常の中にある「映画」それを捉えるために日々ファインダーを覗く。


【バッグの中身】



明日も引き続き、他スタッフのカメラバッグの中身を大公開します!お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]