Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.7

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月04日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
今日は第七弾!フィルムユーザー憧れのハッセル・ローライユーザーと
軽快なミラーレスユーザーのカメラバッグの中身をご紹介!


街中や旅先での撮影を楽しむ際に愛用しているのが、
マップカメラと横濱帆布鞄とのコラボレーションで製作された「別注カメラキャリングトートバッグ」です。
それも「オリーブ×ブラック」と「モカ×レンガ」を、気分に合わせて使い分けています。
……そう、こう見えて実は、とても愛社精神に富んだスタッフなのです。

「バッグが緑系だから、その花の前で! ひもは後ろにしないと、バッグ隠れちゃうから!」
普段、そんなにカメラに興味を示さないのに、なぜか熱心な妻…
GW中の昼間で、人が結構通り、ちょっと恥ずかしいのですが…

「今度は、こっちの壁をバックにして撮ってみる?」
「あ、いや、これで十分だから…」

……さて、
「じゃあ、こっちは、ショルダーベルト無しで肩からかけて! カメラは首から!」
「えっ、えっ??」
「構え方は、こう。 指をシャッターボタンにかけて!」
「えー、何で私?!」

ということで「モカ×レンガ」は妻に持ってもらい、夫婦仲良く、恥ずかしさを分かち合いました。


HASSELBLAD 500CM + C80㎜ F2.8 交換レンズに、C50mm F4 を。
全部収納すると、かなりキツキツですが、通常ボディは手に持つか、肩掛けなので問題なし。


旅行時は、こんな感じ。 Rollei ローライフレックス3.5F(プラナー)と FUJIFILM X-T10 + XF18-55mm F2.8-4
フィルムとデジタルの二刀流で。

もともと、あまりにカメラバッグ然としたタイプは好みではなく、以前からトートバッグタイプのものを使用していました。
20年来愛用していたバッグも、かなり痛みが目立つようになり、「オリーブ×ブラック」を購入。
使ってみたら、まぁ、なんて自分にピッタリなんでしょう! と、続く「モカ×レンガ」も色味にも惹かれ購入しました。

インナーには、HAKUBA の「インナーソフトボックス 300」がおススメ。
バッグ内部の巾着型ポケットを活用していても、ジャストサイズで収まります。


ローライだけなら、こんなにも余裕が…

インナーは上部に取り外し可能な蓋がついています。
トートバックは背が高いので、蓋をしていれば
出先でちょっと衝動買いしたものなどを簡単に収めることができます。


ちょっと衝動買いしたものなど…

Rolleiflex 3.5F プラナー

Rollei ローライフレックス 3.5F(プラナー)

以前、妻から「カメラそんなに持ってて… カメラ違うと撮れる写真変わるの?」と言われ
「…そりぁ、もう、全然違うから!! カメラやレンズによって、撮影の向き不向きあるし… カメラ変えれば、世界も気分も変わる!」
(まぁ、一番の問題は腕なんですが…)

Hasselblad 500C/M + C 50mm F4

HASSELBLAD 500C/M + C 50mm F4

カメラバッグにしても同様です。 自分の用途に合ったものなら、スムーズに撮影に移れ、ストレスなく被写体と向き合えます。

Rolleiflex 3.5F プラナー

Rollei ローライフレックス 3.5F(プラナー)

HASSELBLAD 500C/M C 80mm F2.8

HASSELBLAD 500C/M + C 80mm F2.8

Rolleiflex 3.5F プラナー

Rollei ローライフレックス 3.5F(プラナー)

今回紹介した「別注カメラキャリングトートバッグ」 毎回100個限定販売で、すでに第4弾、8種も出ています。
はたして、第5弾はあるのか? 気になるカラーは?
実は、私も期待しています!(入れるカメラは、まだまだあります!)


【バッグの中身】



続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!


カメラバッグらしい!!そんなデザインが気に入っている「Lowepro」シリーズですが
現在使用しているのは「Nova 170 AW」です。
コンパクトにまとまったバッグに最低限の機材を詰め込んで撮影へ・・・
実は普段からバッグをなるべく持たない「手ぶら派」ですが
カメラ機材はしっかり守ってくれるバッグへ入れたいと思い選びました。


ボディ1つにレンズが1本。
迷うことはありません。シンプルイズベスト!あとはシャッターを切るだけです。


少しスペースに余裕があるのが嬉しいですね。財布を入れたり、文庫本を入れたり・・・。


私は「映画」が好きです。なので16:9の比率が大好きです。
映画のワンシーンの様な光景が自分の身近にもあるはず。
それを探しに町にでるのが私は大好きです。


モノクロで撮ると町の様子が普段と違って見える!
そんな気がして、日々シャッターを切る。
この映画の出演者はどこだ。探し求めて町を彷徨う。


坂が好きです。高低差、奥行き、光と影のコントラスト。
ここではどんな映画のワンシーンが撮影できるか・・・・と考えながら。


明日はどんな風景に出会えるのか、それはどんな「ワンシーン」になるのか。
日常の中にある「映画」それを捉えるために日々ファインダーを覗く。


【バッグの中身】



明日も引き続き、他スタッフのカメラバッグの中身を大公開します!お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]