小さくとも大きな発見 | THE MAP TIMES 
Select Language



小さくとも大きな発見

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月05日 08時00分]



長い時間カメラを持ち歩いていると思うことがあります。
「重い」と。

これまで様々なカメラを使ってきた結果、やはり王道が一番ということでフルサイズ一眼レフを使ってきました。
そして、そのサブ機という名目でフルサイズミラーレス機を導入し、その日の気分で使い分けることでなんとか落ち着いていました。

しかし一眼レフは重く、サブ機の方は手にした感触や機能面で不満を抱いていました。
ものすごく贅沢な悩みには違いありませんが、いつも肩身放さず持ち歩くものには貪欲になるのが人情というものです。


あれこれ悩んだ末に浮かんできた言葉。

「マイクロフォーサーズ」

正直、これまで見向きもしてこなかったこの規格に急に興味を持ち始めたのです。


苦悩した挙句、価格が大分落ち着いたOLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1を購入。(残念ながらMarkⅡではありません)
レンズは標準レンズの定番Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.にしました。


ということで、今回は私と同じような悩みをお持ちの方がいらっしゃることを願ってお送りしようと思います。


新たな機材を導入した際、私は必ずと言っていいほど上野恩賜公園へ向かいます。そうではなくても毎日のように行っているですが。
その理由として、公園内には機材の性能を試す要素が溢れているからです。

広大な空間、行き過ぎる人や動物、木などの自然物や美術品などの人工物など。
スナップから物撮り、風景写真に至るまで、機材の性能のみならず自らの写真の腕を試すものが無尽蔵にあります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


美術館内にあるおなじみの銅像。
フルサイズのボケ具合に慣れていると少し物足りなく思うかもしれませんが、開放からこの解像感なのは正直予想外でした。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

博物館の階段。
コントラストを強めてはいますがシャープネスはそのままです。
こういった石階段には現在に至るまでにいったいどれほどの人々が行き来し、どれほどの時が重なってきたのかを想像させる魅力があります。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


もともとはそこにランプが吊り下がっていたのか、もしくは他の何かがはめられていたのか。
奥に見える照明の装飾も意匠を凝らした美しい造形です。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


鈍く光を反射する金属は、周囲の優しいボケがピント面のシャープな部分を強調してくれます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


主役の手前に物を置くことによって、奥の主役が引き立ちます。
マイクロフォーサーズでここまでボケるとは思っていなかったので驚きです。
この日の撮影で一番好きな一枚になりました。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


マイクロフォーサーズを使ってみて感じたのは、画質の面からみて、フルサイズに何ら劣ってはいないということです。
少ないボケは工夫次第でどうにかなるとして、ピント面のシャープさフルサイズと何ら変わりありません。

軽快なボディと評判のいい手振れ補正。
最新型ではなくとも十分に満足できる買い物が出来ました。


今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月05日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

CarlZeiss Makro-Planar 100mm F2 ZF.2 【CarlZeiss】100mmマクロで日常にスウィーツ 2018年09月19日
日常にスウィーツ01 Nikonを愛してやまない私ですが、 実は、サードパーティーレンズもよく使わせていただきます。 優秀な光学系が多くそろっているニッコールレンズですが、 私は気が多いので、ついつい他社製レンズも つまみ食いしてしまいます。 今回ご紹介するのは、 CarlZeiss Makro-Planar*T 100mm F2 ZF.2。 このレンズは新品ではディスコンティニューとなっており、 既に生産完了品ですが、 光学系はそのまま後継のMilvus 100mm F2 M ZF.2に生かされています。 さ...
続きを読む
【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 【Leica】Qと旅する~青森編~Part2 2018年09月18日
前回に引き続きQと旅する~青森編~です! 前回の答え合わせ! 私が頼んだのは! 馬肉バラ焼きとさしみ定食 馬肉なべ定食です!! 馬刺し! 圧倒的柔らかさ!そして旨味! バラ焼き! ビールが進む!(飲めないけど!) 十和田市のB級グルメとしてバラ焼きは人気らしいです。 鍋! さりげなくせんべいが入っている! 小食にはこれで十分です! 東京でこの美味しさの馬肉が食べたい…。 できればお値段も一緒で…。 翌日。 この日もゆっくり活動開始 まずはワ・ラッセ こ...
続きを読む
『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 『コシナレンズ工場見学ツアー2018』レポート 2018年09月17日
2018年9月12日(水)、マップカメラ屈指の人気イベント「コシナレンズ工場見学ツアー2018」が開催されました!今回は散策ルートも追加され、ますますパワーアップした内容でお届けをいたします! 長野までは新幹線で、長野に到着してからはバスでの移動です。 今回のレポートで使用した機材は、『SONY α7II』+『Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター』+『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』という組み合わせ。 ULTRON 35mmはボケの透明感と光...
続きを読む
私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 私がカメラを始めたきっかけ Vol.7 2018年09月17日
『私がカメラを始めたきっかけ』シリーズのVol.7 家族と家電量販店に行くと必ずカメラコーナーへとひとり消えていく父。 そんな父に影響され私はカメラを始めました。 幼い頃は「カメラなんて面白いのかなぁ」とか「なんでいちいち記念写真を撮るんだろう。じっとしてなきゃいけないし…。」なんて思ってました。 当時、新車を購入しウキウキだった父は長野県の美ヶ原という場所まで家族みんなでドライブに行こうと言いました。 免許を取って間もなかった私は運転練習も兼ねてついて行くことに。...
続きを読む
【PENTAX】椅子を巡る K-01 【PENTAX】椅子を巡る K-01 2018年09月17日
横浜の洋館巡りをしていると様々な椅子に出会う。 根岸線の石川町の駅を出て坂道を上がると山手イタリア山庭園がある。階段を登り切った我々を迎えてくれるのがブラフ18番館の横にある木製のベンチ。 建物の中に入ると籐製の椅子がある。花の置かれたテーブルを挟み2脚の椅子が窓際からの柔らかいを光を受けている。 こちらも同じ山手イタリア山庭園内にある外交官の家にある椅子。窓に囲まれた空間の中から遠くに横浜の街を見ることが出来る。 外交官の家から少し距離...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]