MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【SONY】箱根で感じる物語の世界

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月13日 22時15分]


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

少し前のお話しです。
春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

王子さまはとてもすてきなところにいました。
日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。
色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

良く見ると、作者の名前が看板になっていました。
こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。
直訳すれば「サン=テグジュペリの家」ですが、看板だけ見て「チョコレート屋さんかしら」などと妄想にふけってみたり。
それが許されるのも、こういう場所ならでは。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

本屋さんのショーウィンドー。
窓枠の色が好みで目を引かれましたが、あらためて写真で見ると棚の色と相まって本を引き立てる役割があると感じます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

街並みを抜けると、庭の先に教会があります。
しっとりとした空気があたりを包み込んでいました。
教会の中にあるシャンデリアの光が控えめで、とても落ち着ける空間が広がっていました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

庭にはすてきなオブジェもあります。
土星の輪に座ってみたいと幼いころ願っていたことを思い出しました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

こちらは実業家。自分の星を数えてばかりいます。
大変そうな人、嫌な感じの人、というよりも大人にしてはかわいらしい感じがします。
そのほかの登場人物たちもいますので、スタンプラリーのように探してみるのも面白いかもしれません。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

「帽子」か「ゾウを飲み込んだウワバミ」か。

お話の中で、ぼく(主人公)の書いた絵を見た大人たちはみんな「帽子」と言った。
王子さまは絵を見てすぐに「ゾウを飲み込んだウワバミ」と言った。

本質を見る目というのはいつ養われ、いつ曇るのでしょう。
大人だから本質を見抜けるかといえば必ずしもそうではなく、子供だからものがわからないかといえば必ずしもそうではなく。
人とはとかく面白いものであると思うのです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

歩き疲れたらベンチに座って撮った写真を見返すのも楽しい時間。
このベンチ、座面の色といい横顔といい、とてもすてきだったので被写体になってもらいました。


写真をご覧になられてなんだかフワフワしているとお感じになられた方もいるかと思います。
実はこのレンズ、レンズ内がとても曇っております。お店では「難有り品」と言われる部類に入ってしまう状態です。
光の方向、入り具合でフワフワとした印象の写真になります。
街並みやベンチの写真は、はっきり・しっかりした写りになりました。
1本のレンズでこれだけ表情が変わるのはオールドレンズの楽しみ方の一つとして、
ひと癖ある写真を手軽に楽しむ手法と言えるかもしれません。


「星の王子さまミュージアム」ご興味がある方は、王子さまの大切な庭にバラが咲くこれからの季節に行くことをお勧めします。
今年の「ローズフェア2018」は5/26から7/8まで開催されるとのこと。
ぜひ、美しいフランスの街並みとローズガーデンを写真におさめてみてはいかがでしょうか。









〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月13日 22時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon ARCREST 【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート 2018年08月17日
ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。 近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。 ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。 まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。  ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0.1...
続きを読む
【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 2018年08月17日
今日の相棒は“SONY α7III ボディ+FE24-105mm F4 G OSS”です。 発売以来大人気のこのレンズを注文し「入荷しました」連絡を受けて早速撮り初めの撮影散歩に行って来ました。 みなさまもご存じの通り、今年の夏はとにかく暑い! 連日の「体温以上」の予報を見て今日は無事に過ごせるのだろうか?との疑問と、やっと来たレンズを早く試したい!!の一心で少しでも暑さから逃れられる・・であろう信州に進路を決めハンドルを握ります。 東名⇒圏央道⇒中央と順調に流し目的地の清里に到着。クル...
続きを読む
【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 2018年08月16日
F5.6 / 1/2000 / ISO100 / AWB /カスタムイメージ:雅(彩度-1) PENTAX K-1 MarkII + HD D FA*50mm F1.4 SDM AW 蓮の見ごろは7~8月。早朝に咲き、昼には閉じるという独特の性質を持つ蓮の花を撮るため、早朝に機材を抱えて上野にある不忍池へとやってきました。 今回使用した機材は『PENTAX K-1 Mark II』『HD D FA*50mm F1.4 SDM AW』『HD DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW』の3点です。まずは不忍池の遊歩道の近くにある蓮の花を、50mmを使ってぐっと寄って撮影を...
続きを読む
【Canon】ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]