【SONY】箱根で感じる物語の世界 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】箱根で感じる物語の世界

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月13日 22時15分]


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

少し前のお話しです。
春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

王子さまはとてもすてきなところにいました。
日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。
色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

良く見ると、作者の名前が看板になっていました。
こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。
直訳すれば「サン=テグジュペリの家」ですが、看板だけ見て「チョコレート屋さんかしら」などと妄想にふけってみたり。
それが許されるのも、こういう場所ならでは。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

本屋さんのショーウィンドー。
窓枠の色が好みで目を引かれましたが、あらためて写真で見ると棚の色と相まって本を引き立てる役割があると感じます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

街並みを抜けると、庭の先に教会があります。
しっとりとした空気があたりを包み込んでいました。
教会の中にあるシャンデリアの光が控えめで、とても落ち着ける空間が広がっていました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

庭にはすてきなオブジェもあります。
土星の輪に座ってみたいと幼いころ願っていたことを思い出しました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

こちらは実業家。自分の星を数えてばかりいます。
大変そうな人、嫌な感じの人、というよりも大人にしてはかわいらしい感じがします。
そのほかの登場人物たちもいますので、スタンプラリーのように探してみるのも面白いかもしれません。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

「帽子」か「ゾウを飲み込んだウワバミ」か。

お話の中で、ぼく(主人公)の書いた絵を見た大人たちはみんな「帽子」と言った。
王子さまは絵を見てすぐに「ゾウを飲み込んだウワバミ」と言った。

本質を見る目というのはいつ養われ、いつ曇るのでしょう。
大人だから本質を見抜けるかといえば必ずしもそうではなく、子供だからものがわからないかといえば必ずしもそうではなく。
人とはとかく面白いものであると思うのです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2 + Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

歩き疲れたらベンチに座って撮った写真を見返すのも楽しい時間。
このベンチ、座面の色といい横顔といい、とてもすてきだったので被写体になってもらいました。


写真をご覧になられてなんだかフワフワしているとお感じになられた方もいるかと思います。
実はこのレンズ、レンズ内がとても曇っております。お店では「難有り品」と言われる部類に入ってしまう状態です。
光の方向、入り具合でフワフワとした印象の写真になります。
街並みやベンチの写真は、はっきり・しっかりした写りになりました。
1本のレンズでこれだけ表情が変わるのはオールドレンズの楽しみ方の一つとして、
ひと癖ある写真を手軽に楽しむ手法と言えるかもしれません。


「星の王子さまミュージアム」ご興味がある方は、王子さまの大切な庭にバラが咲くこれからの季節に行くことをお勧めします。
今年の「ローズフェア2018」は5/26から7/8まで開催されるとのこと。
ぜひ、美しいフランスの街並みとローズガーデンを写真におさめてみてはいかがでしょうか。









〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月13日 22時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
【SONY】カメラと旅を。Ⅲ 【SONY / GoPro】 カメラと旅を。 III 2018年11月29日
カメラと旅を。第三弾。 今回はイタリアの北東部に位置するベネツィアとともにカメラの魅力をお届けいたします。 使用したカメラはSONY α5100とGoPro HERO6 長期旅行のためコンパクトで荷物にならない、軽くて一日持ち歩ける、簡単で綺麗に撮れる。この3点を重視しております。 GoProHERO6 焦点距離:3mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/1693秒 ISO:100 とある漫画をきっかけに小さい頃からベネツィアに憧れをもっていた私は、大学に入り初めての国外旅行にイタリアを選びました。 a5100...
続きを読む
null 【CarlZeiss】Batis 40mm F2.0 CF 2018年11月27日
α7RIII + Batis 2/40 CF ss1/1250 F2.0 ISO100 CarlZeissがリリースする「Batis」シリーズから5本目となる「Batis 2/40 CF」が発売になりました。 まず目を見張るのは40mmという焦点距離。昨今では様々なメーカーからリリースされるようになった焦点距離ですが 一般的にはこの辺りの焦点距離で言うともう少しワイドに振って35mm、もしくはもう少しテレに振って50mmというのが定番どころだとは思うのです。実際使ってみると非常に使いやすい画角なのですが、恐らくは同社製レンズや純正レンズのライ...
続きを読む
【SONY】大人気レンズ FE 24mm F1.4 GMの魅力に迫る 【SONY】大人気レンズ FE 24mm F1.4 GMの魅力に迫る 2018年11月26日
α7RIII + FE 24mm F1.4 GM Z(F2 SS1/50 ISO 100 WBマニュアル) 先日発売されてから品薄状態が続いている待望の広角単焦点 FE 24mm F1.4 GM 今回はこのレンズの魅力に迫っていきたいと思います。 ソニー フルサイズ機用に開発された本レンズは、開放から安心して使用できる描写力を備えつつ、本体とのバランスを考えて他社の追従を許さない圧倒的な軽量化に成功しています。 他社同スペック24mm F1.4 の重量を比べてみると Canon 650g Nikon 620g SIGMA 665g SONY 445g と、他社製品に比...
続きを読む
【SONY】紅葉の中を漕ぐ 【SONY】紅葉の中を漕ぐ 2018年11月10日
みなさんこんにちは。 遂に秋になり少し肌寒い日々が続きますね。 今回は日光の「中禅寺湖」にてカヤックをやりつつ紅葉を撮影してきました。 今回のお供は 【SONY Cyber-shot DSC-RX100M5】 バリオゾナー24-70mmF1.8-2.8 の明るいズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラです。 午前6時日光の中禅寺湖に到着。さっそく出艇の準備を整えます。 準備が終わりいざ出艇。 朝日に照らされた紅葉が美しい。 1時間ほど漕いで対岸に到着。 周りには誰もおら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]