【SONY】二律背反 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】二律背反

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月07日 14時35分]



ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。
大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。
発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。
徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm

2度目にはなってしまうが「ボケ味と解像力」の両立。これがこのレンズの最大の特徴であろう。
絞り開放から高い描写力を誇り、開放から使えるということは豊かなボケ量を得る事に繋がる。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/30 F2.8 ISO400 焦点距離54mm

まずは2枚共に50mm付近の焦点距離での撮影となったが、中距離での立体感もとても良く出ている様に感じる。さすがに前後ボケ共に際立ったボケ味は難しいのか前ボケは少しうるさいように感じたが、それでも「この後ボケと比べれば」である。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/250 F3.5 ISO125 焦点距離37mm

一度35mm付近まで引いてみよう。深度が欲しかったため少し絞り込んでいるが、線の細かい被写体でも破綻することなく描き切っている。
FE 24-70mm F2.8 GMというレンズの中ではこの35mm付近がもっとも美味しい焦点距離であるように感じる。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/400 F2.8 ISO100 焦点距離67mm

次はテレ側に振って開放で撮影。24mm~70mmという焦点距離のレンズとしてはテレ側が弱点であり他の焦点域と比べると少し緩いため、F3.5ないしF4.0くらいまで絞ると細かい線までしっかりと描いてくれるようになる。
今回はボケ量を優先したかったため、敢えて開放を使っている。



SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/125 F4.5 ISO200 焦点距離36mm

色味はZEISS銘のレンズと比べても少し落ち着いた印象を受けた。決して誇張することなくリアルにその場を切り取ってくれるが、どことなくエモーショナルに感じるのは豊かなトーンの成せる業だろうか。筆者お気に入りのショットだ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/10 F4.0 ISO1600 焦点距離24mm

線と形で画を作る。三脚がNGなシーンではこういった明るいレンズはありがたい。
自分の中での下限のシャッタースピードから決めて、ノイズを許容できるISOと、解像感/周辺減光を許容できる絞り値を決めていくのだが、このレンズでワイド端なら解放から1段絞りでも必要十分な解像をしてくれると判断したため、最後にISOを決める形で露出を決めた。

ズームレンズ毎に描写、重量、焦点距離と比較する要素は沢山あるのだが、どのズーム域を使っても妥協のない描写がこのレンズの最大の特徴だろう。
まさに、「G Master」の名に恥じないものであると感じた。


お求めはコチラから







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo


ご案内

mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月07日 14時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月21日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
WOR...!? 新登場!オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター 」! 2019年02月21日
皆様こんにちは。 マップカメラでは2019年2月22日より、新オリジナルフィルター「WORプロテクトフィルター」の販売を開始いたしました。 目指したのは「安心の国内生産」「撥水撥油コーティング」、そして嬉しい「お買い得価格」。さっそく見ていきましょう。 ■安心の国内生産■ 当店では長らく定番品として「MC-Nノーマルフィルター」を取り扱っていますが、より高機能なフィルターを求める声も頂戴しており、今回「WORプロテクトフィルター」という名で待望の商品化に漕ぎ着けまし...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
発売まであと1日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと1日!17mm F1.2 PRO 2019年02月21日
17mm F1.2 1/20秒 ISO200 E-M1X発売カウントダウンブログは、遂に本日最終日となりました。 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約35mm相当の準広角レンズ。 引けば広角、寄れば標準レンズに近い使い方が出来る便利なレンズ。 融通が利くゆえに中途半端な使い方をすると中途半端な写り方にもなりかねない画角という認識です。 いつも以上に気を引き締めて挑みました! 17mm F1.2 1/20秒 ISO200 狭い路地でも広めの画角で難なくパシャリ。...
続きを読む
null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]