Select Language



【SONY】二律背反

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月07日 14時35分]



ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。
大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。
発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。
徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm

2度目にはなってしまうが「ボケ味と解像力」の両立。これがこのレンズの最大の特徴であろう。
絞り開放から高い描写力を誇り、開放から使えるということは豊かなボケ量を得る事に繋がる。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/30 F2.8 ISO400 焦点距離54mm

まずは2枚共に50mm付近の焦点距離での撮影となったが、中距離での立体感もとても良く出ている様に感じる。さすがに前後ボケ共に際立ったボケ味は難しいのか前ボケは少しうるさいように感じたが、それでも「この後ボケと比べれば」である。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/250 F3.5 ISO125 焦点距離37mm

一度35mm付近まで引いてみよう。深度が欲しかったため少し絞り込んでいるが、線の細かい被写体でも破綻することなく描き切っている。
FE 24-70mm F2.8 GMというレンズの中ではこの35mm付近がもっとも美味しい焦点距離であるように感じる。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/400 F2.8 ISO100 焦点距離67mm

次はテレ側に振って開放で撮影。24mm~70mmという焦点距離のレンズとしてはテレ側が弱点であり他の焦点域と比べると少し緩いため、F3.5ないしF4.0くらいまで絞ると細かい線までしっかりと描いてくれるようになる。
今回はボケ量を優先したかったため、敢えて開放を使っている。



SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/125 F4.5 ISO200 焦点距離36mm

色味はZEISS銘のレンズと比べても少し落ち着いた印象を受けた。決して誇張することなくリアルにその場を切り取ってくれるが、どことなくエモーショナルに感じるのは豊かなトーンの成せる業だろうか。筆者お気に入りのショットだ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM3+FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM
ss1/10 F4.0 ISO1600 焦点距離24mm

線と形で画を作る。三脚がNGなシーンではこういった明るいレンズはありがたい。
自分の中での下限のシャッタースピードから決めて、ノイズを許容できるISOと、解像感/周辺減光を許容できる絞り値を決めていくのだが、このレンズでワイド端なら解放から1段絞りでも必要十分な解像をしてくれると判断したため、最後にISOを決める形で露出を決めた。

ズームレンズ毎に描写、重量、焦点距離と比較する要素は沢山あるのだが、どのズーム域を使っても妥協のない描写がこのレンズの最大の特徴だろう。
まさに、「G Master」の名に恥じないものであると感じた。


お求めはコチラから







マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo


ご案内

mapquality


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年05月07日 14時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 【SONY】 α7(ICLE-7)+T* FE55mm F1.8 ZA 2018年07月13日
旅行の時は荷物を極限まで軽くしたい。 重い機材を携えて歩きまわる気力・体力なんて既に、無い。 なので、ボディと標準レンズのみ! 初代SONY α7、T* FE55mm F1.8 ZAの組み合わせで、手ブレ補正非搭載だけど、手の小さい自分には薄く軽く持ち易い。 と、いうことで、ぷらぷら徘徊。 私の居住地区には鉄扉なんて皆無。影が好き。 すでに夕暮れ。 気ままにシャッターを切るだけ、ストレスフリー。 旅先での一日は、光の如く過ぎてゆく。 単なる、気になっただけの空間...
続きを読む
【SONY】熱風横濱。SONY RX0 【SONY】熱風横濱。SONY RX0 2018年07月09日
とある6月の午後。地下鉄から地上に出ると熱風が吹き荒れていた。 大きなカメラを持ちだす気にもなれず、手の中に小さな「SONY RX0」がひとつ。水が見たくて海を目指して歩き始めた。 横浜スタジアムを見上げると旗がなびいている。太陽の光が降り注ぎ空気を熱している。 暑さに耐えきれず、木陰に避難。木の下に隠れながら大桟橋を目指す。 大桟橋は静かだった。普段は観光客が大勢いるが、暑さのせいか人は疎らだ。 停泊している船の上では、日陰に隠れて船員が昼寝...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」 【SONY】 "α" movies vol.07「960fpsスーパースローモーションを試す」 2018年07月02日
今回はスーパースローモーション(HFR)機能を使ってみました。 SONYの「RX100M4」「RX10M3」以降の後継機種RX10・RX100シリーズ、RX0では最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能です。 ハイフレームレートは一般的なカメラでは60fps、ハイエンドなカメラでも120~240fpsが一般的です。 そんな中で960fpsをコンパクトデジカメで撮影出来るのは驚きです。 写真でいうと1秒間に960コマの連射ができるのと同じですので人の目には捉える事の出来ない一瞬を映像として記録出来ます。 960fpsで撮影...
続きを読む
null α9/α7RIII/α7IIIで"マニュアルフォーカス"を愉しむ! 2018年06月25日
皆さんこんにちは。 ジメジメした日が続きますが、雨にも負けず撮影にいそしむ筆者です。 さて、今回はマニュアルフォーカスのお話。 ミラーレス一眼という事で、背面液晶でもファインダー(EVF)でもピントの拡大が出来たりするためマニュアルフォーカス撮影もそこまで苦ではないと思うのですが、今回はそのマニュアルフォーカスをもっとしやすくしよう!という趣旨の内容となっています。 それではいってみましょう。 1.MFアシストについて Eマウントレンズを装着している場合レンズ側に...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]