Select Language



【Canon】東京から小一時間の世界(前編)

[ Category:Canon|掲載日時:2018年05月14日 13時35分]



とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。
しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。
奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず
2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。
もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました!

その名も「八丈島」
羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。
気付いた時には往復で航空券を手配しており、仕事が終わって急いで荷造りをしていたのでした。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

羽田を発って数十分、伊豆大島をはじめとする伊豆諸島をいくつも通過し、
あっという間に目的地、八丈島が窓の外に見えてきました。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

あっという間に八丈島空港に着陸。
乗ってきた飛行機は整備をして羽田空港に向けて折り返します。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

レンタルバイクを借りて、とりあえず走らせます。
まず目についた大きな建物。リゾートホテルの様ですが...


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

正面に回ってみると、なんとびっくり巨大廃墟です。
帰ってから調べたところ「八丈オリエンタルリゾート」という
日本でも有数のリゾートホテルで2006年に廃業したとか。
内部が気になりますが、諸々問題があるので今回はスルー。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

続いて八丈富士の鉢巻き道路を走ります。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

ふれあい牧場に到着、大阪トンネル方面を望む。
とても眺めがよく静かな場所でした。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

牧場では牛さんが気持ちよさそうに、お休みしています。
でも、いつもこんな静かだと飽きたりしないのでしょうか。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

しきりにこちらの様子を伺う子牛さん。
通りかかった牧場の方が「昨日生まれたばかり」と教えて下さいました。
牛さんは生まれてすぐ自立して、すごいなあ...なんて。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

牧場でゆっくりした後は、八丈富士山頂へ。
登山口から山頂まで階段状の登山道を登ること1時間ほどで山頂に到着します。
外側からではわかりませんが、八丈富士の火口内部はかなり落ちています。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

下を覗いてみます。落ちたら大変です。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

火口を一周していると雲に包まれてしまいました。
雲が切れたタイミングでパチリ。
東京から飛行機で一時間のところにある景色とは思えません。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

山から下りてきて、本日のお宿で小休止。
視線を感じて目を向けると...かわいい猫ちゃんが。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

島の反対側にやってきました。
さっき登っていた向こう側に八丈富士が見えます。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

あっという間に夕暮れ。奥に見えるのは隣接する八丈小島です。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

残念ながらこの日の夕方は雲量が多くきれいな夕焼けにはならず。
でもたくさん非日常を感じてとても満足したのでした。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

いよいよ灯台が光り始めました。手持ちで撮れる限界が近づいています。
前編はこのあたりで終わりにしたいと思います。

今回撮影に使用しましたEOS-1D MarkIVやEF24-105mm F4L IS USMシリーズ、 EF 16-35mm F4L IS USMはこちらよりどうぞ。
EOS-1D系にLレンズの組み合わせは大きく重く、今回のようなシチュエーションでは
携帯性で不利な面もありますが、その確実な動作と間違いない描写で今回も大活躍でした。
特に飛行機に乗ったり山を歩いたりする旅行では持ち出せる機材に限度がありますが、
16-35mmと24-105mmの2本がありますと、ほぼすべてのシチュエーションで間に合わせることが可能です。


気兼ねなく使いたいお客様には中古品をお勧め致します。
良品・並品は新品との値段差が大きくお買い得です!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:Canon|掲載日時:2018年05月14日 13時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]