【Canon】東京から小一時間の世界(前編) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】東京から小一時間の世界(前編)

[ Category:Canon|掲載日時:2018年05月14日 13時35分]



とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。
しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。
奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず
2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。
もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました!

その名も「八丈島」
羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。
気付いた時には往復で航空券を手配しており、仕事が終わって急いで荷造りをしていたのでした。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

羽田を発って数十分、伊豆大島をはじめとする伊豆諸島をいくつも通過し、
あっという間に目的地、八丈島が窓の外に見えてきました。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

あっという間に八丈島空港に着陸。
乗ってきた飛行機は整備をして羽田空港に向けて折り返します。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

レンタルバイクを借りて、とりあえず走らせます。
まず目についた大きな建物。リゾートホテルの様ですが...


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

正面に回ってみると、なんとびっくり巨大廃墟です。
帰ってから調べたところ「八丈オリエンタルリゾート」という
日本でも有数のリゾートホテルで2006年に廃業したとか。
内部が気になりますが、諸々問題があるので今回はスルー。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

続いて八丈富士の鉢巻き道路を走ります。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

ふれあい牧場に到着、大阪トンネル方面を望む。
とても眺めがよく静かな場所でした。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

牧場では牛さんが気持ちよさそうに、お休みしています。
でも、いつもこんな静かだと飽きたりしないのでしょうか。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

しきりにこちらの様子を伺う子牛さん。
通りかかった牧場の方が「昨日生まれたばかり」と教えて下さいました。
牛さんは生まれてすぐ自立して、すごいなあ...なんて。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

牧場でゆっくりした後は、八丈富士山頂へ。
登山口から山頂まで階段状の登山道を登ること1時間ほどで山頂に到着します。
外側からではわかりませんが、八丈富士の火口内部はかなり落ちています。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

下を覗いてみます。落ちたら大変です。


EOS-1D Mark IV + EF16-35mm F4L IS USM

火口を一周していると雲に包まれてしまいました。
雲が切れたタイミングでパチリ。
東京から飛行機で一時間のところにある景色とは思えません。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

山から下りてきて、本日のお宿で小休止。
視線を感じて目を向けると...かわいい猫ちゃんが。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

島の反対側にやってきました。
さっき登っていた向こう側に八丈富士が見えます。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

あっという間に夕暮れ。奥に見えるのは隣接する八丈小島です。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

残念ながらこの日の夕方は雲量が多くきれいな夕焼けにはならず。
でもたくさん非日常を感じてとても満足したのでした。


EOS-1D Mark IV + EF24-105mm F4L IS USM

いよいよ灯台が光り始めました。手持ちで撮れる限界が近づいています。
前編はこのあたりで終わりにしたいと思います。

今回撮影に使用しましたEOS-1D MarkIVやEF24-105mm F4L IS USMシリーズ、 EF 16-35mm F4L IS USMはこちらよりどうぞ。
EOS-1D系にLレンズの組み合わせは大きく重く、今回のようなシチュエーションでは
携帯性で不利な面もありますが、その確実な動作と間違いない描写で今回も大活躍でした。
特に飛行機に乗ったり山を歩いたりする旅行では持ち出せる機材に限度がありますが、
16-35mmと24-105mmの2本がありますと、ほぼすべてのシチュエーションで間に合わせることが可能です。


気兼ねなく使いたいお客様には中古品をお勧め致します。
良品・並品は新品との値段差が大きくお買い得です!







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:Canon|掲載日時:2018年05月14日 13時35分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]