MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



海街に惹かれて

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月18日 08時00分]



皆さんは心の落ち着く場所、というものがありますでしょうか。

以前にも書かせていただいたことがあるのですが、私は海に近い地域で育ったためか海辺で過ごすことでとても心が落ち着きます。
もちろん、ほとんどの方が同様にお思いになるかもしれません。
生命の源である「海」を見たくなるのは生物としての本能である、といえるかもしれません。

さて、「横浜」という街はもう既にあらゆる部分で語り尽くされているかと思います。
私は数年前まで横浜に住んでおり、赤レンガ周辺のお決まりのコースを何度も歩きました。
にもかかわらず、ふとした時にたまらなく行きたくなるのはなぜでしょうか。

やはりその理由には自分の育った故郷に似た波の音、潮風のにおい、行き交う船の汽笛、そしてなによりあの開けた場所に立つ解放感と
圧倒的な水の存在からくる一種の安心感ではないでしょうか。
もちろん歴史ある建物や異国情緒溢れる街並みも大きな魅力であることに間違いはないのですが。

しかし、そのような風景のイメージは巷に溢れています。
今回はごく私的な目線で、赤レンガ周辺のお馴染みのコースを巡っていこうと思います。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.



神奈川県立博物館の直線と近代的な彫刻のデザインは、時代を経てもなお美しいです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


赤レンガ倉庫の石畳。
その名の通り、もともと船で運ばれてきた荷物を保管していたこの倉庫。
この石畳の上をいったいどれほどの人や荷物が行きかったのでしょうか。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


赤レンガ倉庫から少し進んだところの波打ち際。
救助用の浮き輪と柵の影に心惹かれました。


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


山下公園のコンビ二の前にある「インド水塔」の屋根の裏側。
実は横浜市認定歴史的建造物に認定されているそうです。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


山下公園にはさまざまな種類の花が植えられています。
マイクロフォーサーズとはいえ、開放でここまで寄れば美しくボケさせることができます。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


日が落ち始めたので急いで港の見える丘公園へ。
展望台からの眺めももちろんきれいだったのですが、暗くなり始めたころの外灯の明かりと曲線が魅力的に写りました。

OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


最後に番外編。
E-M1の「HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影機能」を使ってライトアップされた赤レンガ倉庫を撮影してみました。
HDR撮影とは、明るさが異なる4枚を同時に撮影し、1枚に合成するという機能です。
こうすることによってシャドウからハイライトまで幅広いダイナミックレンジのある写真を作成することができます。

4枚を同時に撮影する必要があるため、本来であれば三脚などでボディを固定する必要があるのですが
今回は試しに手持ちで挑んでみました。
E-M1の強力な手振れ補正のおかげで、この暗さの中でもなんとか成功することができましたが、
やはりご使用の際は三脚の使用をお勧めします。
E-M1でのHDR撮影は、JPEG限定(RAWは適正露出のみ記録)、感度はISO200固定、ピクチャーモードは「Natural」に固定
などの制約があります。
ご使用の際はご注意ください。


定番のコースだからこそ、その時の気分や誰と行くか、どんなカメラを持っていくかで見えてくるものが違ってきます。
「何度行っても飽きない街」 それも横浜の魅力なのかもしれません。

今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
+Panasonic (パナソニック) LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年05月18日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【24人の24mm】24mmとの出会いは。 【24人の24mm】24mmとの出会いは。 2018年08月12日
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。 これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。 24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。 著名な写真家が撮影したドラマチックな写...
続きを読む
null 【24人の24mm】涼を求めて 2018年08月11日
【24人の24mm】涼を求めて 猛暑・酷暑続きの最近、冷房の部屋に籠り切りというのも不健康と思い、自然の涼しさをもとめて信州は長野へ。お供の機材は【24人の24mm】がテーマと言うことで12mm(35mm換算で24mm)域を有する「M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO」と「OM-D E-M1 Mark II」。先ごろレンズキットが登場した、大口径標準ズームレンズの組み合わせです。 長野駅に到着後、まずは「一生に一度は善光寺詣り」と言われる善光寺へ。 仁王門を抜けて仲見世通りへ...
続きを読む
【24人の24㎜】イメージの拡大 【24人の24mm】イメージの拡大 2018年08月03日
イメージの拡大 「24㎜」という焦点距離はこれまで全く縁のないものでした。 これまでに使ったことがあるのは28mmまでで、それですら広すぎると思いすぐに使わなくなってしまいました。 それからかなりの時間が経ってしまったので、今回の企画を通じて改めて広角の焦点距離について考えてみようと思います。 今回使用したのはKOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8というレンズです。 KOWA (コーワ)というメーカーは製薬会社というイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう...
続きを読む
【24人の24mm】雨色じゃない景色 【24人の24mm】雨色じゃない景色 2018年07月27日
雨色じゃない景色 こんにちは。皆様暑い夏をいかがお過ごしでしょうか。 先日どうにも我慢できずにFUJIFILM X100Fを購入してしまいました。 X100Fに合う非純正のアクセサリーを探すためにお昼休みに中古カメラ屋さんをフラフラしております。 というわけで筆者は35mmという画角が好きです。 そんな35mm好きな筆者が今回は【24人の24mm】というテーマ。 24mmでいつもの雨を撮影しようかと思ったものの雨はふらず。 それならば、需要はないかと思いますが、筆者のいつもの撮...
続きを読む
【OLYMPUS】海の宝石 【OLYMPUS】海の宝石 2018年07月26日
OLYMPUS(オリンパス)OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO 焦点距離:31mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/200秒 ISO:1600 30℃越えの猛暑が続く真夏日。 ドアノブを押した瞬間、纏わりつく熱気に外出することを少し躊躇してしまいます。 この暑さを和らげるべく、青の世界広がる癒しのスポット、水族館にやってきました。 さまざまな海洋生物に囲まれる癒しの空間。 本日はその中から海の宝石と呼ばれているウミウシを中心に撮影してまいりました。 OLYMPUS(オリンパ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]