【SIGMA】dp3と高円寺をふらふら。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】dp3と高円寺をふらふら。

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月11日 10時30分]

独特のフォルムが特徴!

皆様こんにちは!
突然ですが、好きなカメラメーカーってありますか?
私はずいぶん前にDP2Xを使って以来ずっとSIGMAのファンで、プライベートではdp0 Quattroを使っています。
→今までのdp0のブログ←

初めてDP2Xを使った時の衝撃が今でも忘れられず、Foveonセンサーの魔力にすっかり魅了されてしまった私。
今回はずっと気になっているdp3 Quattroを借りることが出来たので撮影に行ってきました。
先に撮影に行ってきた感想ですが、「今欲しいカメラは?と聞かれたら真っ先にdp3 Quattroと答える。」です。

SIGMA dp3 Quattro

新高円寺の商店街をふらふらしていたら怪しげな場所を発見。
ホコリを被ったラジカセ、セーラー服、棚には十津川警部シリーズ。
昭和の文学少女の部屋を切り取ったような空間。

SIGMA dp3 Quattro

dp3お得意のマクロ撮影にトライ。
夕方の強い日差しを葉の裏から透かしてみました。

SIGMA dp3 Quattro

同じく夕方の日差しを受けるマネキン。
夕方のアンバーな光と夏らしい服の色味がよく再現されています。
陰影のグラデーションも滑らかです。

SIGMA dp3 Quattro

高円寺の脇でひっそり咲いていた紫陽花。
この時期になると、とあるバンドの紫陽花という曲が頭の中で流れます。
2005年リリースの曲で、そのバンドの1stシングルでした。
笑いながら恋は雨に流れて消えた~です。切ない恋愛ソングです。

SIGMA dp3 Quattro

今回の撮影で一番しっくりきた一枚。
RAW現像時にカラーモードを「Foveonクラシックブルー」に変更しました。
先の写真もですが、鮮やかながらしっとりした青が見事です。

SIGMA dp3 Quattro

この日の締めは知り合いが働いている飲み屋。
ISO400くらいで粘り、手ブレとの戦いでした。

SIGMA dp3 Quattro

モノクロが綺麗なのもSIGMAの良いところです。
独自構造のセンサーなので光の取り込み方が上手いんでしょう。
コントラストがよっぽど低い被写体でなければ、たいてい何を撮っても絵になります。

SIGMA dp3 Quattro

RAW現像次第ではソフトな描写も出せるので幅広い表現が出来ます。
今まではSIGMA=カッチリハードというイメージだったのですが
柔らかい線の出し方も出来るのでポートレートにも使ってみようかと思いました。

趣味で撮り歩くカメラなので「撮っていて楽しい」というのが一番重要です。
この独創的なデザインも実にそそられます。
またフラッと撮りに行ったら載せたいと思います。
それではまた。







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月11日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM 【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 2019年04月10日
『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』 1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- 【新元号令和、平成を振り返る】 "時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける" 1/160 f/2 ISO640 WB AUTO 「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」 という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。 2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。 その中でもS...
続きを読む
DP3 Merrill 【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る 2019年04月04日
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/30 ISO:200 業界3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。 そしてユーザー待望のフルサイズFOVEONの発表。 新元号を目前に多いに賑わいをみせたSIGMA。 FOVEONを初めて使ったのは「DP2X」からなので 初期型でよく耳にする「透明感」を知らないユーザーではありますが FOVEONの全ての色を取り込むという思想に惚れこんだ一人です。 最新の世代である「Quattro」は ボトム1:ミドル1:トップ4 の「1:1:4」構造を採用しました。 この変更はSIGMAユーザーの間で話...
続きを読む
null 【SIGMA】絶妙な中望遠 SIGMA Art 105mm F1.4  2019年03月30日
こんにちは。 今回は「SIGMA Art 105mm F1.4 」で撮った写真を ご紹介したいと思います。 中望遠レンズといえば 85mmや135mmを思い浮かびます。 100mmといえばマクロレンズが思い浮かびます。 つまりあまり聞きなじみのない焦点距離です。(私にとっては) ただ以前ブログ企画で100mmのレンズを撮ったことがあります。 今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2 今再びのCONTAX! Vol.34 Planar T*100mm F2 Part2 この時思ったんです。 実はこの「100mm」って一番程いい中望遠なんじゃないか...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]