【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) | THE MAP TIMES 
Select Language



【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編)

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月22日 12時00分]




3.5F&2.8F


5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。
カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。

ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。
それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては…

そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。

「二眼レフカメラ? 何それ??」という方は、上の写真を。 文字通りレンズ2つのカメラです。

なんともノスタルジックなスタイル!
下のレンズが撮影レンズ、シャッターが組み込まれていてフィルムに露光します。
上のレンズはフォーカスレンズ、カメラ内部にミラーが入っていて上部のスクリーンに像を写し出します。
ピント合わせは上から覗き込むようにして行います。
…そう、撮影スタイルもかなり独特なカメラなのです。

フィルムは、ブローニーフィルムという中判カメラ用のものを使い、1本で12枚撮影できます。
たった12枚! …そう、ですので撮影も自ずとじっくり慎重になります。

大きなスクリーンに映し出される景色を丁寧に切り取っていると、周囲とは流れる時間が異なっているように感じられ、自分と被写体だけの特別な世界に身を置くことができます。

2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


3.5F

ローライフレックス3.5F(カール ツァイス・プラナー 75mm F3.5)


3.5F

ローライフレックス3.5F(カール ツァイス・プラナー 75mm F3.5)


2.8F

ローライフレックス2.8F(カール ツァイス・プラナー 80mm F2.8)


さて、この二眼レフカメラ、フィルムカメラの中でもかなり人気が高く、お問い合わせも多いカメラなのですが、実はこのところ品薄状態が続いていました。
というのも、マップカメラではカメラ買取後、専門の修理業者にメンテナンスに出し、点検・修理を行ったうえで商品化しています。
どうしても、クラシックカメラほどその期間が長くなってしまうのです。
でもこれは、お客様に安心してお使いいただくために必要不可欠なこと。 我々も一日千秋の思いで待ち続けました。

そしてこの度、そんな点検を終えた子たちが店頭に並び始めました!

どれもシャッター調整やレンズクリーニングを施された、実用性に富んだ、活きのいい子たちです!

二眼レフをこよなく愛する売り場スタッフ(はい、私です…)も、カメラを手にしてシャッターを切った瞬間、思わず「欲しいかも…」と唸ってしまう個体ばかりです。

3.5F

通好みの シュナイダー・クセノタール 75mm F3.5 付き。 


3.5F

珍しいカール ツァイス オプトン名義のプラナー。 東西ドイツ分断時の歴史を物語る1台!


2.8F

120/220フィルム切替機能が付いた最終モデルも!

(上記写真の個体は、2018年5月21日時点の在庫からです。 売り切れの際はご了承ください。)


皆様もこの機会に、中判カメラの雄、ローライフレックスをご自分の愛機にしてみては!

勿論、これからも続々入荷予定ですが、そこはそれ、一期一会の中古品、迷っていたら別の人の手に渡ってしまうかも…
是非、早めのご決断を!
3.5F&2.8F







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月22日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]