Select Language

ATOMOS CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート

[ Category: etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]


4月5日、Apple社から「ProRes RAW」を搭載した「Final Cut Pro X」の最新アップデートが発表されました。
ATOMOSは、従来の「ProRes」に続き「ProRes RAW」をAppleと共同開発し、いち早く対応しました。
これを受け、ATOMOSのCEO:Jeromy Young氏がエバンジェリストとして来日し、
「ProRes RAW と ATOMOSで実現する4KリアルタイムRAWワークフロー」をテーマにセミナーが行われました。



セミナーでは実際にJeromy Young氏が登壇し、「ProRes RAW」を使用した映像の上映と「Final Cut Pro X」を使用したワークフローの実演に加え、NAB 2018で発表された新製品「NINJA V」の紹介・展示も行われました。
小型なカメラに最適な「NINJA V」は注目されている方も多いのではないでしょうか。(NINJA Vは記事の後半で紹介いたします。)

セミナーで上映された「ProRes RAW」のデモ映像



・ProRes RAWのメリットを簡易的にまとめると・・・
■ProRes RAWは"ProResのパフォーマンス""RAW品質のワークフロー"を特長とする、RAWの補正の広さとProResの高いパフォーマンスを兼ね備えた新しいフォーマットです。

■通常収録だとセンサー(ベイヤーパターンのセンサー)から出力されるデータを内部処理し、RGBイメージを生成するがこの処理は元に戻すことは出来ません。


しかし、ProRes RAWを使用すると、センサーからRAW出力されたデータをすべて取り込み、ProRes RAWフォーマットで直接記録する為、上記の変換処理はユーザーが任意に行えます。
対応のソフトウェアに読み込むことで、編集、グレーディング、HDRワークフローに最適なハイライトとシャドウの調整も可能です。


■ProRes RAWファイルはProRes 4444ファイルよりも小さく、ストレージを効率よく使用することができます。


Apple ProRes RAW について詳しくはこちら(Apple公式サイト)

・ATOMOS ProRes RAW対応について
ATOMOSの「SHOGUN INFERNO」「SUMO 19」は業界唯一のProRes RAW対応デバイスで、RAW出力に対応したシネカメラ、PanasonicのAU-EVA1、VARICAM LT、SonyのFS5/FS7、 CanonのEOS C300 Mark II、EOS C500などをサポート。
「SHOGUN INFERNO」と「SUMO 19」はファームウェアアップデートによりProRes RAWフォーマット記録に対応する事が可能となっています。(アップデートは4月9日より無償で提供中。)


ATOMOS発売予定の新製品5.2インチモニター/レコーダー 「Ninja V」も展示されていました。

Jeromy Young
(NINJA Vを持つATOMOS CEO:Jeromy Young氏)


本体の大きさも「SHOGUN INFERNO」(上)と比べると一目瞭然。
この小ささで4K60P記録まで対応。


幅も薄くなり、持ち運びも便利。(厚さ 2.5 ㎝、重さ 320g)
一眼レフやミラーレスカメラとの親和性も高く、機動力の求められる現場や個人制作の強い味方となりそうです。


外観はとてもシンプル



(裏面はバッテリーとSSD挿入口が備わっている)



(側面にはHDMIの入力・出力と音声入力端子、リモート端子が備わっている)



NINJA Vが採用するSSD「AtomX SSDmini」

今までの2.5インチSSDと比べ20%小型化しながらも、標準のSATA IIIコネクタを使用しているため、従来のATOMOS製品との互換性は確保している。

Atomosの場合、従来RAW記録はCINEMA DNG RAWを使ったワークフローのみでしたが、扱いにくい印象を受ける方は多かったと思います。
ProRes RAWの登場で、RAWデータを扱いやすい環境が整ってきました。
民生機器ではRAW収録対応のカメラはまだ先になりそうですが、写真と同じく動画でもRAW収録が一般的になる時代がそう遠く無いかもしれません。

「Ninja V」の発売時期・価格はまだ未定ですが、決まり次第マップカメラでもご予約受付を開始いたします。
ATOMOS製品の下取は勿論、他社からの乗り換えでも下取りサービスのご利用でよりお得になります!
ご購入はぜひ当店まで!!


マップカメラはATOMOS製品の正規販売店です。
純正アクセサリーも各種お取り扱いございますので、ご気軽に在庫状況・価格お問い合わせください。

▼おすすめのATOMOS製品はこちら▼





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!68票


猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 新品・中古デジタルカメラ 欲しいリストランキング 〜

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキング 〜[2019年12月13日]

2019年も残すところ1ヶ月を切りました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただ...
続きを読む

【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2[2019年12月12日]

α7R IVに採用された6100万画素の超高画素センサーは、既にセンサーがあってカメラ(α7R IV)を作ったのでしょうか?それとも先にカメラの企画があり、センサーを開発したのでしょうか? 中西 氏: どちらが先かというようなことは具体的にお話はできないのですが、イメージセンサーのリーディングカンパニーとして、新しいイメージセンサーの開...
続きを読む