ATOMOS CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



ATOMOS CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]



4月5日、Apple社から「ProRes RAW」を搭載した「Final Cut Pro X」の最新アップデートが発表されました。
ATOMOSは、従来の「ProRes」に続き「ProRes RAW」をAppleと共同開発し、いち早く対応しました。
これを受け、ATOMOSのCEO:Jeromy Young氏がエバンジェリストとして来日し、
「ProRes RAW と ATOMOSで実現する4KリアルタイムRAWワークフロー」をテーマにセミナーが行われました。



セミナーでは実際にJeromy Young氏が登壇し、「ProRes RAW」を使用した映像の上映と「Final Cut Pro X」を使用したワークフローの実演に加え、NAB 2018で発表された新製品「NINJA V」の紹介・展示も行われました。
小型なカメラに最適な「NINJA V」は注目されている方も多いのではないでしょうか。(NINJA Vは記事の後半で紹介いたします。)

セミナーで上映された「ProRes RAW」のデモ映像



・ProRes RAWのメリットを簡易的にまとめると・・・
■ProRes RAWは"ProResのパフォーマンス""RAW品質のワークフロー"を特長とする、RAWの補正の広さとProResの高いパフォーマンスを兼ね備えた新しいフォーマットです。

■通常収録だとセンサー(ベイヤーパターンのセンサー)から出力されるデータを内部処理し、RGBイメージを生成するがこの処理は元に戻すことは出来ません。


しかし、ProRes RAWを使用すると、センサーからRAW出力されたデータをすべて取り込み、ProRes RAWフォーマットで直接記録する為、上記の変換処理はユーザーが任意に行えます。
対応のソフトウェアに読み込むことで、編集、グレーディング、HDRワークフローに最適なハイライトとシャドウの調整も可能です。


■ProRes RAWファイルはProRes 4444ファイルよりも小さく、ストレージを効率よく使用することができます。


Apple ProRes RAW について詳しくはこちら(Apple公式サイト)

・ATOMOS ProRes RAW対応について
ATOMOSの「SHOGUN INFERNO」「SUMO 19」は業界唯一のProRes RAW対応デバイスで、RAW出力に対応したシネカメラ、PanasonicのAU-EVA1、VARICAM LT、SonyのFS5/FS7、 CanonのEOS C300 Mark II、EOS C500などをサポート。
「SHOGUN INFERNO」と「SUMO 19」はファームウェアアップデートによりProRes RAWフォーマット記録に対応する事が可能となっています。(アップデートは4月9日より無償で提供中。)


ATOMOS発売予定の新製品5.2インチモニター/レコーダー 「Ninja V」も展示されていました。

Jeromy Young
(NINJA Vを持つATOMOS CEO:Jeromy Young氏)


本体の大きさも「SHOGUN INFERNO」(上)と比べると一目瞭然。
この小ささで4K60P記録まで対応。


幅も薄くなり、持ち運びも便利。(厚さ 2.5 ㎝、重さ 320g)
一眼レフやミラーレスカメラとの親和性も高く、機動力の求められる現場や個人制作の強い味方となりそうです。


外観はとてもシンプル



(裏面はバッテリーとSSD挿入口が備わっている)



(側面にはHDMIの入力・出力と音声入力端子、リモート端子が備わっている)



NINJA Vが採用するSSD「AtomX SSDmini」

今までの2.5インチSSDと比べ20%小型化しながらも、標準のSATA IIIコネクタを使用しているため、従来のATOMOS製品との互換性は確保している。

Atomosの場合、従来RAW記録はCINEMA DNG RAWを使ったワークフローのみでしたが、扱いにくい印象を受ける方は多かったと思います。
ProRes RAWの登場で、RAWデータを扱いやすい環境が整ってきました。
民生機器ではRAW収録対応のカメラはまだ先になりそうですが、写真と同じく動画でもRAW収録が一般的になる時代がそう遠く無いかもしれません。

「Ninja V」の発売時期・価格はまだ未定ですが、決まり次第マップカメラでもご予約受付を開始いたします。
ATOMOS製品の下取は勿論、他社からの乗り換えでも下取りサービスのご利用でよりお得になります!
ご購入はぜひ当店まで!!


マップカメラはATOMOS製品の正規販売店です。
純正アクセサリーも各種お取り扱いございますので、ご気軽に在庫状況・価格お問い合わせください。

▼おすすめのATOMOS製品はこちら▼





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]