ATOMOS CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート | THE MAP TIMES 
Select Language



ATOMOS CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]



4月5日、Apple社から「ProRes RAW」を搭載した「Final Cut Pro X」の最新アップデートが発表されました。
ATOMOSは、従来の「ProRes」に続き「ProRes RAW」をAppleと共同開発し、いち早く対応しました。
これを受け、ATOMOSのCEO:Jeromy Young氏がエバンジェリストとして来日し、
「ProRes RAW と ATOMOSで実現する4KリアルタイムRAWワークフロー」をテーマにセミナーが行われました。



セミナーでは実際にJeromy Young氏が登壇し、「ProRes RAW」を使用した映像の上映と「Final Cut Pro X」を使用したワークフローの実演に加え、NAB 2018で発表された新製品「NINJA V」の紹介・展示も行われました。
小型なカメラに最適な「NINJA V」は注目されている方も多いのではないでしょうか。(NINJA Vは記事の後半で紹介いたします。)

セミナーで上映された「ProRes RAW」のデモ映像



・ProRes RAWのメリットを簡易的にまとめると・・・
■ProRes RAWは"ProResのパフォーマンス""RAW品質のワークフロー"を特長とする、RAWの補正の広さとProResの高いパフォーマンスを兼ね備えた新しいフォーマットです。

■通常収録だとセンサー(ベイヤーパターンのセンサー)から出力されるデータを内部処理し、RGBイメージを生成するがこの処理は元に戻すことは出来ません。


しかし、ProRes RAWを使用すると、センサーからRAW出力されたデータをすべて取り込み、ProRes RAWフォーマットで直接記録する為、上記の変換処理はユーザーが任意に行えます。
対応のソフトウェアに読み込むことで、編集、グレーディング、HDRワークフローに最適なハイライトとシャドウの調整も可能です。


■ProRes RAWファイルはProRes 4444ファイルよりも小さく、ストレージを効率よく使用することができます。


Apple ProRes RAW について詳しくはこちら(Apple公式サイト)

・ATOMOS ProRes RAW対応について
ATOMOSの「SHOGUN INFERNO」「SUMO 19」は業界唯一のProRes RAW対応デバイスで、RAW出力に対応したシネカメラ、PanasonicのAU-EVA1、VARICAM LT、SonyのFS5/FS7、 CanonのEOS C300 Mark II、EOS C500などをサポート。
「SHOGUN INFERNO」と「SUMO 19」はファームウェアアップデートによりProRes RAWフォーマット記録に対応する事が可能となっています。(アップデートは4月9日より無償で提供中。)


ATOMOS発売予定の新製品5.2インチモニター/レコーダー 「Ninja V」も展示されていました。

Jeromy Young
(NINJA Vを持つATOMOS CEO:Jeromy Young氏)


本体の大きさも「SHOGUN INFERNO」(上)と比べると一目瞭然。
この小ささで4K60P記録まで対応。


幅も薄くなり、持ち運びも便利。(厚さ 2.5 ㎝、重さ 320g)
一眼レフやミラーレスカメラとの親和性も高く、機動力の求められる現場や個人制作の強い味方となりそうです。


外観はとてもシンプル



(裏面はバッテリーとSSD挿入口が備わっている)



(側面にはHDMIの入力・出力と音声入力端子、リモート端子が備わっている)



NINJA Vが採用するSSD「AtomX SSDmini」

今までの2.5インチSSDと比べ20%小型化しながらも、標準のSATA IIIコネクタを使用しているため、従来のATOMOS製品との互換性は確保している。

Atomosの場合、従来RAW記録はCINEMA DNG RAWを使ったワークフローのみでしたが、扱いにくい印象を受ける方は多かったと思います。
ProRes RAWの登場で、RAWデータを扱いやすい環境が整ってきました。
民生機器ではRAW収録対応のカメラはまだ先になりそうですが、写真と同じく動画でもRAW収録が一般的になる時代がそう遠く無いかもしれません。

「Ninja V」の発売時期・価格はまだ未定ですが、決まり次第マップカメラでもご予約受付を開始いたします。
ATOMOS製品の下取は勿論、他社からの乗り換えでも下取りサービスのご利用でよりお得になります!
ご購入はぜひ当店まで!!


マップカメラはATOMOS製品の正規販売店です。
純正アクセサリーも各種お取り扱いございますので、ご気軽に在庫状況・価格お問い合わせください。

▼おすすめのATOMOS製品はこちら▼





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]