MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



ATOMOS CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]



4月5日、Apple社から「ProRes RAW」を搭載した「Final Cut Pro X」の最新アップデートが発表されました。
ATOMOSは、従来の「ProRes」に続き「ProRes RAW」をAppleと共同開発し、いち早く対応しました。
これを受け、ATOMOSのCEO:Jeromy Young氏がエバンジェリストとして来日し、
「ProRes RAW と ATOMOSで実現する4KリアルタイムRAWワークフロー」をテーマにセミナーが行われました。



セミナーでは実際にJeromy Young氏が登壇し、「ProRes RAW」を使用した映像の上映と「Final Cut Pro X」を使用したワークフローの実演に加え、NAB 2018で発表された新製品「NINJA V」の紹介・展示も行われました。
小型なカメラに最適な「NINJA V」は注目されている方も多いのではないでしょうか。(NINJA Vは記事の後半で紹介いたします。)

セミナーで上映された「ProRes RAW」のデモ映像



・ProRes RAWのメリットを簡易的にまとめると・・・
■ProRes RAWは"ProResのパフォーマンス""RAW品質のワークフロー"を特長とする、RAWの補正の広さとProResの高いパフォーマンスを兼ね備えた新しいフォーマットです。

■通常収録だとセンサー(ベイヤーパターンのセンサー)から出力されるデータを内部処理し、RGBイメージを生成するがこの処理は元に戻すことは出来ません。


しかし、ProRes RAWを使用すると、センサーからRAW出力されたデータをすべて取り込み、ProRes RAWフォーマットで直接記録する為、上記の変換処理はユーザーが任意に行えます。
対応のソフトウェアに読み込むことで、編集、グレーディング、HDRワークフローに最適なハイライトとシャドウの調整も可能です。


■ProRes RAWファイルはProRes 4444ファイルよりも小さく、ストレージを効率よく使用することができます。


Apple ProRes RAW について詳しくはこちら(Apple公式サイト)

・ATOMOS ProRes RAW対応について
ATOMOSの「SHOGUN INFERNO」「SUMO 19」は業界唯一のProRes RAW対応デバイスで、RAW出力に対応したシネカメラ、PanasonicのAU-EVA1、VARICAM LT、SonyのFS5/FS7、 CanonのEOS C300 Mark II、EOS C500などをサポート。
「SHOGUN INFERNO」と「SUMO 19」はファームウェアアップデートによりProRes RAWフォーマット記録に対応する事が可能となっています。(アップデートは4月9日より無償で提供中。)


ATOMOS発売予定の新製品5.2インチモニター/レコーダー 「Ninja V」も展示されていました。

Jeromy Young
(NINJA Vを持つATOMOS CEO:Jeromy Young氏)


本体の大きさも「SHOGUN INFERNO」(上)と比べると一目瞭然。
この小ささで4K60P記録まで対応。


幅も薄くなり、持ち運びも便利。(厚さ 2.5 ㎝、重さ 320g)
一眼レフやミラーレスカメラとの親和性も高く、機動力の求められる現場や個人制作の強い味方となりそうです。


外観はとてもシンプル



(裏面はバッテリーとSSD挿入口が備わっている)



(側面にはHDMIの入力・出力と音声入力端子、リモート端子が備わっている)



NINJA Vが採用するSSD「AtomX SSDmini」

今までの2.5インチSSDと比べ20%小型化しながらも、標準のSATA IIIコネクタを使用しているため、従来のATOMOS製品との互換性は確保している。

Atomosの場合、従来RAW記録はCINEMA DNG RAWを使ったワークフローのみでしたが、扱いにくい印象を受ける方は多かったと思います。
ProRes RAWの登場で、RAWデータを扱いやすい環境が整ってきました。
民生機器ではRAW収録対応のカメラはまだ先になりそうですが、写真と同じく動画でもRAW収録が一般的になる時代がそう遠く無いかもしれません。

「Ninja V」の発売時期・価格はまだ未定ですが、決まり次第マップカメラでもご予約受付を開始いたします。
ATOMOS製品の下取は勿論、他社からの乗り換えでも下取りサービスのご利用でよりお得になります!
ご購入はぜひ当店まで!!


マップカメラはATOMOS製品の正規販売店です。
純正アクセサリーも各種お取り扱いございますので、ご気軽に在庫状況・価格お問い合わせください。

▼おすすめのATOMOS製品はこちら▼





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 【24人の24mm】24mmとの出会いは。 2018年08月12日
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。 これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。 24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。 著名な写真家が撮影したドラマチックな写...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 2018年08月12日
皆様こんにちは! 前回、前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました! このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。 「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。 しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。 飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。 濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。 大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。 果てしない大空と広い大地のその中...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]