Motorsports photo #2 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #2

[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月04日 10時30分]




「5月6月サーキット撮影-Nikon・PENTAX-」


6月29日、関東甲信地方が梅雨明けし、毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
夏場の撮影は体調管理に気をつけながら行ってくださいませ!

筆者、最近のモータースポーツシーンで衝撃だったのが「TOYOTA GAZOO Racingがル・マン初制覇」をしたことであります。
このニュースはモータースポーツファンとして、とてもうれしい出来事でした!
10月には富士でもFIA世界耐久選手権が開催されるので今から楽しみであります。
さてさて、今回の撮影は「2018 AUTOBACS SUPER GT Round2 富士GT500km Race」×「ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース」です。

まずは5月の富士GT500kmレース。撮影機材は「Nikon D4SIGMA S 500mm F4・TC-1401」の組み合わせと
Nikon D500Nikon AF-S 300mm F2.8G ED VR II」です。

Nikon D4 + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM + SIGMA TC-1401
Nikon D4 + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM + SIGMA TC-1401

1コーナー内側からの撮影です。フェンスがあるため、脚立などに乗って撮影されている方もたくさんいる撮影ポイントです。

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II

ダンロップコーナー立ち上がりでの撮影です。
ここのポイントはたくさんの方が撮影されているので、ズームレンズを一本持って行くことで、場所を気にせず撮影できると思います。


そして6月の富士SUPER TEC 24時間レース。撮影機材は「PENTAX K-1 Mark IIHD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW」の組み合わせです。
富士スピードウェイでは、50年ぶりの24時間レースの開催。写真を撮る楽しみもありましたが、夜間走行を観戦できるワクワク感もありました。

PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

K-1 Mark IIが動体撮影に強いイメージはなかったのですが、かなり楽しく撮影できました。サーキット撮影でもオススメです!!

PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

夕暮れの撮影はよくしておりますが、夜間のレース撮影は初めての経験。
暗くて難しいイメージでしたが、照明のおかげもあり明るいなと感じました。(もちろん真暗な場所もありますが)
来年も24時間耐久レースがあれば、今回の反省を生かして撮影に臨みたいです。
次回は全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦を撮影する予定です。
暑さに負けず撮ってきたいと思います!!

↓使用した機材です↓














〓〓新製品〓〓〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]