Motorsports photo #2 | THE MAP TIMES 
Select Language



Motorsports photo #2

[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月04日 10時30分]




「5月6月サーキット撮影-Nikon・PENTAX-」


6月29日、関東甲信地方が梅雨明けし、毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
夏場の撮影は体調管理に気をつけながら行ってくださいませ!

筆者、最近のモータースポーツシーンで衝撃だったのが「TOYOTA GAZOO Racingがル・マン初制覇」をしたことであります。
このニュースはモータースポーツファンとして、とてもうれしい出来事でした!
10月には富士でもFIA世界耐久選手権が開催されるので今から楽しみであります。
さてさて、今回の撮影は「2018 AUTOBACS SUPER GT Round2 富士GT500km Race」×「ピレリ スーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース」です。

まずは5月の富士GT500kmレース。撮影機材は「Nikon D4SIGMA S 500mm F4・TC-1401」の組み合わせと
Nikon D500Nikon AF-S 300mm F2.8G ED VR II」です。

Nikon D4 + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM + SIGMA TC-1401
Nikon D4 + SIGMA Sports 500mm F4 DG OS HSM + SIGMA TC-1401

1コーナー内側からの撮影です。フェンスがあるため、脚立などに乗って撮影されている方もたくさんいる撮影ポイントです。

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II
Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 300mm F2.8G ED VR II

ダンロップコーナー立ち上がりでの撮影です。
ここのポイントはたくさんの方が撮影されているので、ズームレンズを一本持って行くことで、場所を気にせず撮影できると思います。


そして6月の富士SUPER TEC 24時間レース。撮影機材は「PENTAX K-1 Mark IIHD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW」の組み合わせです。
富士スピードウェイでは、50年ぶりの24時間レースの開催。写真を撮る楽しみもありましたが、夜間走行を観戦できるワクワク感もありました。

PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW


PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

K-1 Mark IIが動体撮影に強いイメージはなかったのですが、かなり楽しく撮影できました。サーキット撮影でもオススメです!!

PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
PENTAX K-1 Mark II + PENTAX HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW

夕暮れの撮影はよくしておりますが、夜間のレース撮影は初めての経験。
暗くて難しいイメージでしたが、照明のおかげもあり明るいなと感じました。(もちろん真暗な場所もありますが)
来年も24時間耐久レースがあれば、今回の反省を生かして撮影に臨みたいです。
次回は全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦を撮影する予定です。
暑さに負けず撮ってきたいと思います!!

↓使用した機材です↓














〓〓新製品〓〓〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:etc.|掲載日時:2018年07月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]