Select Language



~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年05月23日 16時56分]


Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lens欲しくなるポートレートセミナー
Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lens欲しくなるポートレートセミナー

第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります!
今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。


ポートレート撮影編

G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.
  • LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.
  • LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.
  • LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
  • LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.
  • LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.
  • LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8II ASPH. POWER O.I.S.
  • LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8II POWER O.I.S.
そして、今回はG9 PROとLEICA DGレンズシリーズだけでなくProfotoさんのご協力も賜り、ライティング機材もお貸出しいただきました!
  • HMI定常光 Proデイライト200 Air ベーシックキット #901145
  • HRソフトボックス 60x90cm RF #100482
  • HR スピードリングアダプター #100660


ポートレート撮影編

そして、今回ご来場された方限定で、なんと上田氏が普段使用しているG9 PROのカスタム設定が保存されたSDカードをプレゼントさせていただきました!
SDカードの中に入っている設定は「動きもの」「ポートレート」「ストリートフォト」「風景(手持ち)」「風景(三脚)」「モノクローム」の6種類。


ポートレート撮影編

上田氏の説明を受けながら、G9 PROにオリジナル設定の「ポートレート」モードを読み込んでいきます。


ポートレート撮影編

皆さんの準備が整ったところで、いよいよ撮影が始まりました。
最初はサイドから光を当て、座りのポーズから。大人気のNOCTICRONはもちろん、望遠や広角など、皆さん思い思いの機材でポートレート撮影を楽しまれていました。


ポートレート撮影編

この日は少し不安定な天気だったのですが、撮影中徐々に回復してきました。窓から見える緑を活用しようということでポージングを変え、今度は左サイドから2灯のライトを当てるライティングに。
ちなみに、掲載しているポートレート写真はすべてJEPG撮って出しで、『LUMIX DC-G9L PRO 標準ズームライカDGレンズキット』に上田氏カスタマイズによる「ポートレート」モードを設定して撮影をしています。


ポートレート撮影編

第一部でも解説されていましたが、顔・瞳認識AFの効果は凄いです。先ほどの写真に顔・瞳認識AF発動時のイメージを付け足しましたが、本当にこのような形でしっかりと瞳にAFを合わせてくれるのです。


ポートレート撮影編

こちらは上田氏撮影のポートレート。
ライティングを変えるたびにお手本としてまず上田氏が撮影し、その後に続いて参加者の方々が撮影をするというスタイルでした。


ポートレート撮影編

途中、上田氏がカメラ制御PCソフト「LUMIX Tether」を使用したテザー撮影のデモンストレーションを行う場面も。
撮影した画像が瞬時にPCに転送され表示されるので、プロフェッショナルの現場でも十分に活躍してくれることでしょう。


ポートレート撮影編

最後はライトをぐっとモデルさんに寄せて、アップの撮影。


ポートレート撮影編

私も参加者の方々の間を縫って1枚。ライトを寄せたことでキャッチライトがさらに強調されました。
「ライトは遠ざけるほど固く、近づけるほど柔らかくなります」と上田氏。G9 PROの使い方だけでなくライティングの方法についてもレクチャーして下さって、とても勉強になりました。


ポートレート撮影編

最後に、上田氏オリジナル設定の解説をしてセミナーは終了。

G9 PROは絵作りにこだわっているということもあり、JPEG撮って出しの色合いが非常に美しく、完成された1枚を生み出してくれます。そのこともあってか、なるべくカメラ内で完結するよう細かなところまでしっかりとセッティングがなされていたことがとても印象的でした。


ポートレート撮影編

講師をしていただいた上田氏、そしてモデルを務めてくださった成田さん、ありがとうございました!

また、参加者の方々はやや緊張されていたようで最初とても静かだったのですが、撮影会が進むに連れて上田氏やスタッフに様々な質問が飛び交い、最終的にとても賑やかな撮影会となりました。参加していただいた皆様にも御礼申し上げます。この度は、ご参加いただきまして誠にありがとうございました!


前編はこちら

ショッピングはこちら

参加者の方々の写真はこちら




[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年05月23日 16時56分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]