~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー | THE MAP TIMES 
Select Language



~第二部~ G9 PRO & LEICA DG Lensが欲しくなるポートレートセミナー

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年05月23日 16時56分]


Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lens欲しくなるポートレートセミナー
Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DG Lens欲しくなるポートレートセミナー

第一部の講義を終え、いよいよポートレート撮影が始まります!
今回お招きしたモデルさんは成田 彩美さん。長時間たくさんのカメラに囲まれつつも、最後まで素敵な笑顔を見せてくれました。


ポートレート撮影編

G9 PROによるポートレート撮影を行うために用意したLEICA DGレンズラインナップは以下の通り。5月24日発売の新製品『LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.』も先行で試すことができました。
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.
  • LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.
  • LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH.
  • LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.
  • LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
  • LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.
  • LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 POWER O.I.S.
  • LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8II ASPH. POWER O.I.S.
  • LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8II POWER O.I.S.
そして、今回はG9 PROとLEICA DGレンズシリーズだけでなくProfotoさんのご協力も賜り、ライティング機材もお貸出しいただきました!
  • HMI定常光 Proデイライト200 Air ベーシックキット #901145
  • HRソフトボックス 60x90cm RF #100482
  • HR スピードリングアダプター #100660


ポートレート撮影編

そして、今回ご来場された方限定で、なんと上田氏が普段使用しているG9 PROのカスタム設定が保存されたSDカードをプレゼントさせていただきました!
SDカードの中に入っている設定は「動きもの」「ポートレート」「ストリートフォト」「風景(手持ち)」「風景(三脚)」「モノクローム」の6種類。


ポートレート撮影編

上田氏の説明を受けながら、G9 PROにオリジナル設定の「ポートレート」モードを読み込んでいきます。


ポートレート撮影編

皆さんの準備が整ったところで、いよいよ撮影が始まりました。
最初はサイドから光を当て、座りのポーズから。大人気のNOCTICRONはもちろん、望遠や広角など、皆さん思い思いの機材でポートレート撮影を楽しまれていました。


ポートレート撮影編

この日は少し不安定な天気だったのですが、撮影中徐々に回復してきました。窓から見える緑を活用しようということでポージングを変え、今度は左サイドから2灯のライトを当てるライティングに。
ちなみに、掲載しているポートレート写真はすべてJEPG撮って出しで、『LUMIX DC-G9L PRO 標準ズームライカDGレンズキット』に上田氏カスタマイズによる「ポートレート」モードを設定して撮影をしています。


ポートレート撮影編

第一部でも解説されていましたが、顔・瞳認識AFの効果は凄いです。先ほどの写真に顔・瞳認識AF発動時のイメージを付け足しましたが、本当にこのような形でしっかりと瞳にAFを合わせてくれるのです。


ポートレート撮影編

こちらは上田氏撮影のポートレート。
ライティングを変えるたびにお手本としてまず上田氏が撮影し、その後に続いて参加者の方々が撮影をするというスタイルでした。


ポートレート撮影編

途中、上田氏がカメラ制御PCソフト「LUMIX Tether」を使用したテザー撮影のデモンストレーションを行う場面も。
撮影した画像が瞬時にPCに転送され表示されるので、プロフェッショナルの現場でも十分に活躍してくれることでしょう。


ポートレート撮影編

最後はライトをぐっとモデルさんに寄せて、アップの撮影。


ポートレート撮影編

私も参加者の方々の間を縫って1枚。ライトを寄せたことでキャッチライトがさらに強調されました。
「ライトは遠ざけるほど固く、近づけるほど柔らかくなります」と上田氏。G9 PROの使い方だけでなくライティングの方法についてもレクチャーして下さって、とても勉強になりました。


ポートレート撮影編

最後に、上田氏オリジナル設定の解説をしてセミナーは終了。

G9 PROは絵作りにこだわっているということもあり、JPEG撮って出しの色合いが非常に美しく、完成された1枚を生み出してくれます。そのこともあってか、なるべくカメラ内で完結するよう細かなところまでしっかりとセッティングがなされていたことがとても印象的でした。


ポートレート撮影編

講師をしていただいた上田氏、そしてモデルを務めてくださった成田さん、ありがとうございました!

また、参加者の方々はやや緊張されていたようで最初とても静かだったのですが、撮影会が進むに連れて上田氏やスタッフに様々な質問が飛び交い、最終的にとても賑やかな撮影会となりました。参加していただいた皆様にも御礼申し上げます。この度は、ご参加いただきまして誠にありがとうございました!


前編はこちら

ショッピングはこちら

参加者の方々の写真はこちら




[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年05月23日 16時56分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]