Select Language



【Nikon】お気に入りの撮影地

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。
気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。

城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。
海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできます。もちろん目的はアサリ取りではなく、その先に見える羽田空港へ向かう飛行機です。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


羽田空港B滑走路の先にあるこの公園からは、空港に降りる飛行機をほぼ真下から望むことができます。
羽田空港にはAからDまでの4本の滑走路があり、その日の風向きによって使われる滑走路が異なります。その中でも一番内陸に近いB滑走路は、周辺への騒音等の配慮から南風の強い日の日中だけに使われるレアな滑走路です。
他の滑走路は東京湾の沖の方へ伸びているので、同様に飛行機を真下から撮影しようと思ったら、船で海上に出るしかありません。望遠レンズを覗きながら海上に出ると瞬時に船酔いしてしまう筆者にとっては、城南島で撮影できる時期が唯一のチャンスなのです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


飛行機撮影と聞くと500mmクラスの超望遠レンズが不可欠なイメージですが、ここ城南島は飛行機が本当に近くを通り過ぎるので200mmクラスのレンズでもこの大迫力です。
超望遠レンズと比べ軽量なシステムになるので、飛行機の動きに合わせてレンズの向きをより自在に操れることができます。なにより画質に定評のある70-200mmF2.8レンズが使えるのがポイントです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


さすが東京の空の玄関口。数分おきに次から次へと飛行機が飛んできます。決まったルートを一列で飛んでくる姿はまるで列車のようです。バッテリーとメモリーに余裕があればいくらでも撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


テレコンバーターを装着すれば、ほぼ同等の重さでより迫力ある撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


接近する飛行機を望遠端で捉え、広角にズームしながら頭上を越える飛行機を追いかければ、ボーイング787特有のしなる翼の様子もしっかり捉えることができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


運良くNHK大河ドラマのラッピングを施した機体も見ることができました。ここなら普段、空港のデッキからで見ている景色とは違った角度で機体を楽しむことができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


もっと暑い季節になると水遊びをする人で賑わいますから、梅雨前の今の時期がベストシーズン。超望遠レンズを持ってないけど、飛行機写真を撮って見たいと考えている方にはオススメのスポットです。ただし、風向き次第で使われないことが多い滑走路ですから、お出かけの際は事前に携帯アプリ等で飛行ルートを確認しておくことをお勧めします。


▼ 今回の使用機材 ▼




お求めやすい中古商品もございます。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]