【Nikon】お気に入りの撮影地 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】お気に入りの撮影地

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。
気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。

城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。
海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできます。もちろん目的はアサリ取りではなく、その先に見える羽田空港へ向かう飛行機です。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


羽田空港B滑走路の先にあるこの公園からは、空港に降りる飛行機をほぼ真下から望むことができます。
羽田空港にはAからDまでの4本の滑走路があり、その日の風向きによって使われる滑走路が異なります。その中でも一番内陸に近いB滑走路は、周辺への騒音等の配慮から南風の強い日の日中だけに使われるレアな滑走路です。
他の滑走路は東京湾の沖の方へ伸びているので、同様に飛行機を真下から撮影しようと思ったら、船で海上に出るしかありません。望遠レンズを覗きながら海上に出ると瞬時に船酔いしてしまう筆者にとっては、城南島で撮影できる時期が唯一のチャンスなのです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


飛行機撮影と聞くと500mmクラスの超望遠レンズが不可欠なイメージですが、ここ城南島は飛行機が本当に近くを通り過ぎるので200mmクラスのレンズでもこの大迫力です。
超望遠レンズと比べ軽量なシステムになるので、飛行機の動きに合わせてレンズの向きをより自在に操れることができます。なにより画質に定評のある70-200mmF2.8レンズが使えるのがポイントです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


さすが東京の空の玄関口。数分おきに次から次へと飛行機が飛んできます。決まったルートを一列で飛んでくる姿はまるで列車のようです。バッテリーとメモリーに余裕があればいくらでも撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


テレコンバーターを装着すれば、ほぼ同等の重さでより迫力ある撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


接近する飛行機を望遠端で捉え、広角にズームしながら頭上を越える飛行機を追いかければ、ボーイング787特有のしなる翼の様子もしっかり捉えることができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


運良くNHK大河ドラマのラッピングを施した機体も見ることができました。ここなら普段、空港のデッキからで見ている景色とは違った角度で機体を楽しむことができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


もっと暑い季節になると水遊びをする人で賑わいますから、梅雨前の今の時期がベストシーズン。超望遠レンズを持ってないけど、飛行機写真を撮って見たいと考えている方にはオススメのスポットです。ただし、風向き次第で使われないことが多い滑走路ですから、お出かけの際は事前に携帯アプリ等で飛行ルートを確認しておくことをお勧めします。


▼ 今回の使用機材 ▼




お求めやすい中古商品もございます。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]