MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Nikon】お気に入りの撮影地

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



5月も半ばが過ぎ、夏のような暑い日が続くようになりました。
気温が高いということは、南から暖かい風が吹いているということ。そんな時期になると毎年決まって行きたくなる場所があります。

城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


JR京浜東北線の大森駅から路線バスに乗り、東京湾の人工島へ。訪れたのは大田区の城南島海浜公園です。
海に面した部分が砂浜になっており、この時期は潮干狩りを楽しむこともできます。もちろん目的はアサリ取りではなく、その先に見える羽田空港へ向かう飛行機です。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


羽田空港B滑走路の先にあるこの公園からは、空港に降りる飛行機をほぼ真下から望むことができます。
羽田空港にはAからDまでの4本の滑走路があり、その日の風向きによって使われる滑走路が異なります。その中でも一番内陸に近いB滑走路は、周辺への騒音等の配慮から南風の強い日の日中だけに使われるレアな滑走路です。
他の滑走路は東京湾の沖の方へ伸びているので、同様に飛行機を真下から撮影しようと思ったら、船で海上に出るしかありません。望遠レンズを覗きながら海上に出ると瞬時に船酔いしてしまう筆者にとっては、城南島で撮影できる時期が唯一のチャンスなのです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


飛行機撮影と聞くと500mmクラスの超望遠レンズが不可欠なイメージですが、ここ城南島は飛行機が本当に近くを通り過ぎるので200mmクラスのレンズでもこの大迫力です。
超望遠レンズと比べ軽量なシステムになるので、飛行機の動きに合わせてレンズの向きをより自在に操れることができます。なにより画質に定評のある70-200mmF2.8レンズが使えるのがポイントです。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


さすが東京の空の玄関口。数分おきに次から次へと飛行機が飛んできます。決まったルートを一列で飛んでくる姿はまるで列車のようです。バッテリーとメモリーに余裕があればいくらでも撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/800秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


テレコンバーターを装着すれば、ほぼ同等の重さでより迫力ある撮影が楽しめます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1250秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR +AF-S TELECONVERTER TC-17EII


接近する飛行機を望遠端で捉え、広角にズームしながら頭上を越える飛行機を追いかければ、ボーイング787特有のしなる翼の様子もしっかり捉えることができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


運良くNHK大河ドラマのラッピングを施した機体も見ることができました。ここなら普段、空港のデッキからで見ている景色とは違った角度で機体を楽しむことができます。


城南島海浜公園 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/1600秒 / ISO:100 / 使用機材:Nikon D5 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR


もっと暑い季節になると水遊びをする人で賑わいますから、梅雨前の今の時期がベストシーズン。超望遠レンズを持ってないけど、飛行機写真を撮って見たいと考えている方にはオススメのスポットです。ただし、風向き次第で使われないことが多い滑走路ですから、お出かけの際は事前に携帯アプリ等で飛行ルートを確認しておくことをお勧めします。


▼ 今回の使用機材 ▼




お求めやすい中古商品もございます。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月25日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 2018年08月19日
みなさんこんにちは。 暑い日が続いていますね。 今回は川越にある氷川神社にて撮影してきました。 まず、手水で清めてから撮影を開始。 氷川神社には撮影スポットが沢山あり、 いつのまにか、たくさんのシャッターを切っていました。 お次は今回のお目当てである風鈴回廊の撮影にチャレンジ。 たくさんの風鈴が飾られる「風鈴回廊」。 見た目の美しさだけでなく、風が吹くたびに鳴る風鈴の音も美しいです。 紅葉と風鈴。見ているだけで涼しい気分になれます。 最後...
続きを読む
変わりゆく街の語り部 変わりゆく街の語り部 2018年08月18日
次々と生まれ変わっていく東京の街並み。 そんな中でも長い歴史を持ち、人々に愛されてきた建物というのも意外とあるものです。 ここは日比谷。 かつての江戸城、現在の皇居に隣接し、江戸時代の大名屋敷から明治維新によってホテルや娯楽施設が造られました。 現在は多くの商業ビルが立ち並ぶビジネス街となっています。 今回はそんなビジネスと娯楽が合わさる街日比谷を歩きました。 日比谷には巨大なオフィスビルもたくさんありますが、ユニークな形の商業ビルも多くあります。 直線と曲...
続きを読む
Nikon『ARCREST』使用レポート 【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート 2018年08月17日
ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。 近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。 ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。 まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。  ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
普通列車で行く小さな旅 【Nikon】普通列車で行く小さな旅 2018年08月03日
絞り:F4 / シャッタースピード:1/320秒 / ISO:64 / 使用機材:Nikon D850 +AF-S 24-70mm F2.8E ED VR 夏休みシーズン真っ只中。暑い日が続いています。 学生時代は1ヶ月以上ある休みを持て余したものですが、会社勤めの身では連休をとるのも難しく、夏を満喫する機会も少なくなりました。 そんな中でこの時期、唯一の楽しみにしているのがJRが発行している「青春18きっぷ」です。 JR全線の普通電車が5日間乗り放題になる切符は、日を分けて使えるので連休でなくてもその都度、日帰り小旅...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]