Select Language

【SIGMA】しぐまびより Part31

[ Category: SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


とても久しぶりのPart31。
今回は sd Quattro H で撮影してきました。


Artレンズの中でも写りが良いとされる
Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。
バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト
「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。

Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。
表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。

その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが
今回追加された「トーンカーブエディター」のおかげでその処理がSPP内だけで完了することが出来ました。
今までは微調整をしたいと思った時はTIFF変換してLightroomで調整していたのですが
SPPだけで完結させることが出来るようになりました。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


上記2枚は「トーンカーブエディター」でハイライトをやや抑えました。
Foveonは光が欲しいのですが陰陽が激しいとそれはそれで白飛びするのが困りものです。
「トーンカーブエディター」は今までの悩みを解決してくれる
Foveon機にとって最高の機能だと思います。


null

SIGMAは赤が良い。
とよく言われますが光は窓から射す僅かな量のみ。
目が覚めるような鮮やかな赤があるなら
この赤もある意味リアルな「色」を写していると思います。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


少し足元失礼いたします。。
こちらのレンズはArt 135mm F1.8。
よく写ります、本当に。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


このカメラなら写してくれそう、、
そんな気持ちがついついシャッターを押させます。
ただのカーペットなのですが光の射し加減が良くてつい、、


null


金属の質感描写もモノクロも評されているFoveonセンサー。
Artレンズとの組み合わせはうっとりします。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

昼間から

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

夕暮れ時。

さて日常スナップが続きましたが
最後に SPP の X3F FillLight で現像した一枚を。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


二本仲良く並んでいたので撮りました。
勿論被写体はこの2本なんですが、見ていただきたいのは背景です。
この写真に マイナス を振ったことにより
アウトフォーカスが滑らかに、というか融けるようにソフトになりました。
私はこの効果が欲しい時にマイナスにします。
X3F FillLight の効果を的確に伝えるのが難しいのですが
使うのが楽しい機能なので是非使っていただきたいです。

久しぶりのFoveon機ということで今回は
白飛びさせない をテーマにしました。
快晴も相まって明暗差がある写真ばかりになってしまいましたが
現像出来る幅が広がった今なら
もう少し違うアプローチも出来るのではないかと思っています。



カメラだけではなくレンズも次々と傑作を生み出しているSIGMA製品。

例えば MC-11 を活用してSONYのαシリーズと組み合わせて使う、など
同じ写真を撮るカメラでありながら性質が異なる二つのカメラを
使ってみるのも楽しいと思いますので是非ご検討ください。

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEFレンズ/ソニーEボディ用
が今までの経験を繋ぐアダプターだとしたら
SIGMA マウントコンバーター MC-11 シグマSAレンズ/ソニーEボディ用
は新しい世界を繋ぐアダプター。

この際ですから全て揃えて
3マウントの大海原を泳いでみませんか。。



今回のB-sideはコチラ




このブログを最後に書いたのが約2年半前。 時の流れは早いものです。
しぐまびより Part30まで撮っていました。
良ければご覧ください。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]

面白いと思ったらコチラをClick!50票


【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】

【街で見つけた形にフォーカス】近所歩きのすすめ【PENTAX】[2020年01月29日]

近所歩きのすすめ 『PENTAX K-70 + DA★ 55mm F1.4 SDM』 f/1.4 1/400 ISO100 WB AUTO 遠くまで行かなくていい。 有名な観光地へ行かなくても、大それた街へ出かけなくてよい。 あなたの生活圏である近所を歩く。 いつもの通勤路を足早ではなく、ゆっくり歩いてみる。 車やバス、自転車を使用している道を、1日かけて歩いてみる。 f/3.5 1/400 ISO100 WB AUTO 家しか並んでいない道も...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】名前のないかたち【SONY】[2020年01月28日]

写真を撮るとき、被写体の形を意識するのはどんな瞬間ですか? 被写体を見つけたとき。 フレーミングして、構図を考えているとき。 シャッターを押す瞬間。 はたまた、撮り終わって、今日の思い出を眺めるときでしょうか? 私はシャッターを押す瞬間に被写体の形を意識しているように思います。 撮影の準備は全て終わり、あとはこの人差し指で快音を鳴らすだけ。 その瞬間に、散漫していた...
続きを読む
Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む