【SIGMA】しぐまびより Part31 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】しぐまびより Part31

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]



SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


とても久しぶりのPart31。
今回は sd Quattro H で撮影してきました。


Artレンズの中でも写りが良いとされる
Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。
バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト
「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。

Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。
表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。

その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが
今回追加された「トーンカーブエディター」のおかげでその処理がSPP内だけで完了することが出来ました。
今までは微調整をしたいと思った時はTIFF変換してLightroomで調整していたのですが
SPPだけで完結させることが出来るようになりました。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


上記2枚は「トーンカーブエディター」でハイライトをやや抑えました。
Foveonは光が欲しいのですが陰陽が激しいとそれはそれで白飛びするのが困りものです。
「トーンカーブエディター」は今までの悩みを解決してくれる
Foveon機にとって最高の機能だと思います。


null

SIGMAは赤が良い。
とよく言われますが光は窓から射す僅かな量のみ。
目が覚めるような鮮やかな赤があるなら
この赤もある意味リアルな「色」を写していると思います。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


少し足元失礼いたします。。
こちらのレンズはArt 135mm F1.8。
よく写ります、本当に。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


このカメラなら写してくれそう、、
そんな気持ちがついついシャッターを押させます。
ただのカーペットなのですが光の射し加減が良くてつい、、


null


金属の質感描写もモノクロも評されているFoveonセンサー。
Artレンズとの組み合わせはうっとりします。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

昼間から

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

夕暮れ時。

さて日常スナップが続きましたが
最後に SPP の X3F FillLight で現像した一枚を。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


二本仲良く並んでいたので撮りました。
勿論被写体はこの2本なんですが、見ていただきたいのは背景です。
この写真に マイナス を振ったことにより
アウトフォーカスが滑らかに、というか融けるようにソフトになりました。
私はこの効果が欲しい時にマイナスにします。
X3F FillLight の効果を的確に伝えるのが難しいのですが
使うのが楽しい機能なので是非使っていただきたいです。

久しぶりのFoveon機ということで今回は
白飛びさせない をテーマにしました。
快晴も相まって明暗差がある写真ばかりになってしまいましたが
現像出来る幅が広がった今なら
もう少し違うアプローチも出来るのではないかと思っています。



カメラだけではなくレンズも次々と傑作を生み出しているSIGMA製品。

例えば MC-11 を活用してSONYのαシリーズと組み合わせて使う、など
同じ写真を撮るカメラでありながら性質が異なる二つのカメラを
使ってみるのも楽しいと思いますので是非ご検討ください。

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEFレンズ/ソニーEボディ用
が今までの経験を繋ぐアダプターだとしたら
SIGMA マウントコンバーター MC-11 シグマSAレンズ/ソニーEボディ用
は新しい世界を繋ぐアダプター。

この際ですから全て揃えて
3マウントの大海原を泳いでみませんか。。



今回のB-sideはコチラ




このブログを最後に書いたのが約2年半前。 時の流れは早いものです。
しぐまびより Part30まで撮っていました。
良ければご覧ください。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]