【SIGMA】しぐまびより Part31 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】しぐまびより Part31

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]



SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


とても久しぶりのPart31。
今回は sd Quattro H で撮影してきました。


Artレンズの中でも写りが良いとされる
Art 135mm F1.8 DG HSMと合わせました。
バージョンアップを重ねるSIGMAの現像ソフト
「SIGMA Photo Pro」(以下SPP)のお話も併せてしたいと思います。

Foveon機で撮っていると白飛びが気になることが多々あります。
表紙の写真は窓側が白飛びするのを抑える為かなりアンダーで撮りました。

その為、シャドウ部の引き上げを現像処理で行いたかったのですが
今回追加された「トーンカーブエディター」のおかげでその処理がSPP内だけで完了することが出来ました。
今までは微調整をしたいと思った時はTIFF変換してLightroomで調整していたのですが
SPPだけで完結させることが出来るようになりました。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


上記2枚は「トーンカーブエディター」でハイライトをやや抑えました。
Foveonは光が欲しいのですが陰陽が激しいとそれはそれで白飛びするのが困りものです。
「トーンカーブエディター」は今までの悩みを解決してくれる
Foveon機にとって最高の機能だと思います。


null

SIGMAは赤が良い。
とよく言われますが光は窓から射す僅かな量のみ。
目が覚めるような鮮やかな赤があるなら
この赤もある意味リアルな「色」を写していると思います。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


少し足元失礼いたします。。
こちらのレンズはArt 135mm F1.8。
よく写ります、本当に。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


このカメラなら写してくれそう、、
そんな気持ちがついついシャッターを押させます。
ただのカーペットなのですが光の射し加減が良くてつい、、


null


金属の質感描写もモノクロも評されているFoveonセンサー。
Artレンズとの組み合わせはうっとりします。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

昼間から

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8

夕暮れ時。

さて日常スナップが続きましたが
最後に SPP の X3F FillLight で現像した一枚を。


SIGMA sd Quattro H + Art 135mm F1.8


二本仲良く並んでいたので撮りました。
勿論被写体はこの2本なんですが、見ていただきたいのは背景です。
この写真に マイナス を振ったことにより
アウトフォーカスが滑らかに、というか融けるようにソフトになりました。
私はこの効果が欲しい時にマイナスにします。
X3F FillLight の効果を的確に伝えるのが難しいのですが
使うのが楽しい機能なので是非使っていただきたいです。

久しぶりのFoveon機ということで今回は
白飛びさせない をテーマにしました。
快晴も相まって明暗差がある写真ばかりになってしまいましたが
現像出来る幅が広がった今なら
もう少し違うアプローチも出来るのではないかと思っています。



カメラだけではなくレンズも次々と傑作を生み出しているSIGMA製品。

例えば MC-11 を活用してSONYのαシリーズと組み合わせて使う、など
同じ写真を撮るカメラでありながら性質が異なる二つのカメラを
使ってみるのも楽しいと思いますので是非ご検討ください。

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEFレンズ/ソニーEボディ用
が今までの経験を繋ぐアダプターだとしたら
SIGMA マウントコンバーター MC-11 シグマSAレンズ/ソニーEボディ用
は新しい世界を繋ぐアダプター。

この際ですから全て揃えて
3マウントの大海原を泳いでみませんか。。



今回のB-sideはコチラ




このブログを最後に書いたのが約2年半前。 時の流れは早いものです。
しぐまびより Part30まで撮っていました。
良ければご覧ください。




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年05月31日 00時01分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM 【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 2019年04月10日
『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』 1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- 【新元号令和、平成を振り返る】 "時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける" 1/160 f/2 ISO640 WB AUTO 「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」 という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。 2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。 その中でもS...
続きを読む
DP3 Merrill 【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る 2019年04月04日
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/30 ISO:200 業界3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。 そしてユーザー待望のフルサイズFOVEONの発表。 新元号を目前に多いに賑わいをみせたSIGMA。 FOVEONを初めて使ったのは「DP2X」からなので 初期型でよく耳にする「透明感」を知らないユーザーではありますが FOVEONの全ての色を取り込むという思想に惚れこんだ一人です。 最新の世代である「Quattro」は ボトム1:ミドル1:トップ4 の「1:1:4」構造を採用しました。 この変更はSIGMAユーザーの間で話...
続きを読む
null 【SIGMA】絶妙な中望遠 SIGMA Art 105mm F1.4  2019年03月30日
こんにちは。 今回は「SIGMA Art 105mm F1.4 」で撮った写真を ご紹介したいと思います。 中望遠レンズといえば 85mmや135mmを思い浮かびます。 100mmといえばマクロレンズが思い浮かびます。 つまりあまり聞きなじみのない焦点距離です。(私にとっては) ただ以前ブログ企画で100mmのレンズを撮ったことがあります。 今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2 今再びのCONTAX! Vol.34 Planar T*100mm F2 Part2 この時思ったんです。 実はこの「100mm」って一番程いい中望遠なんじゃないか...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]