MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月30日 20時20分]



梅雨に入りそうでいて、なかなか入らない関東ではそんな天気です
今年は暑くなったり涼しくなったり雨が振ったり晴れの日が続いたりと不安定な気候が続いている気がします
さて、今回はNikonの最新機種 D850とAF-S24‐70㎜F2.8Gを携えて茨城は牛久にある牛久シャトーに行ってきました

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


ここは茨城県牛久市にあるワイン醸造施設です
自分の住んでいる近所である牛久にあるとは正直意外だったりします
実は結構有名なのでしょうか
数年前に存在を知ったのですが改修工事をしていると聞いていたのでそのうち行ってみようと思っていながら忘れていおりました
つい先日、ふと思いだしましたので足を延ばしてみました

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


château(シャトー)はフランス語で貴族の館を意味しますが
ボルドー地方のしっかりと格付けされたワイン造りの為のブドウ農園を指すそうです
そこから派生してワイン造りの一貫生産醸造所に対する称号となったようです
ブドウ畑がだいぶ減少したとのことですが今でも醸造を継続しているそうです

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


実業家である神谷傳兵衛が、1903(明治36)年に茨城県牛久市に開設した日本初の本格的ワイン醸造場だそうです
牛久シャトー旧醸造場施設3棟が国の重要文化財に指定されていて先頭の写真にある建造物(醗酵室)もそれにあたります
現・神谷傳兵衛記念館とワインセラーになっています
施設見学は無料です

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


この「牛久シャトー」は以前は「シャトーカミヤ」とよばれておりました
この神谷傳兵衛からくる「カミヤ」と聞いてお酒好きの方は知っている方も多いのかもしれませんが
あの浅草の「神谷バー」の前身を開業された方なのです
電気ブランで有名なところです
訪れてから初めて知りました

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


神谷傳兵衛記念館にはワイン醸造用の道具や醸造用の樽が設置・展示されていて、当時の雰囲気がうかがえます
被写体としても素晴らしく趣があります

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


ここは醸造用の道具の展示室以外は当時の雰囲気を伝える為かとてもとても暗いです
地下の子樽が並べられた室内は洞窟のようでした
もちろんカメラを固定する三脚などは持ち込んでないのでとにかく感度を上げて撮影しております

D850 AF-S24‐70㎜F2.8G


特に地下のISO感度は5000で撮影しておりますが、まぁ、びっくりするほどノイズがみられません
手持ちでこれだけ撮れるとは思っていなかったので最新機種はとにかく凄い性能になってしまったのだなぁと再認識しております

緑豊かな木々に囲まれてここだけのワインやクラフトビールを楽しめるレストランもあります
レストラン キャノンでお食事をいただきましたがとてもおいしかったです
ショップで販売しているワインや電気ブランをお土産に買ってしまいました
電気ブランはとてもおいしかったです
もう少し買っておくべきでした

正直こんなに暗い所で撮影するとは思っていなかったのでD850の性能頼りでの撮影でしたが気を遣わなくてもよかったようです
これだけ不利な撮影状況でも撮影できるのなら思い切って高感度を上げて使用してみてもいいのかもしれません
皆様もぜひ、最新機種の性能を堪能してみてはいかがでしょうか









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年05月30日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 【24人の24mm】24mmとの出会いは。 2018年08月12日
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。 これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。 24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。 著名な写真家が撮影したドラマチックな写...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 2018年08月12日
皆様こんにちは! 前回、前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました! このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。 「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。 しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。 飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。 濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。 大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。 果てしない大空と広い大地のその中...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]