MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Leica】フィルムカメラ大量入荷致しました!

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月30日 17時10分]



M型フィルムカメラ入荷しました!

皆様こんにちは!
例年よりだいぶ早いですが、関東も雨の日が徐々に増え、そろそろ梅雨入りでしょうか…

マップカメラではしばらく品薄だった「Leica M型フィルムカメラ」が沢山入荷致しました!
我々スタッフも待ちに待った、といったところです。
今回は沢山入荷したM型フィルムカメラから幾つかPick upしてお届けします!

Leica M3 + Summicron M35mm F3.5

まずは往年の名機として名を馳せる「Leica M3」にメガネ付きレンズを装着!
M3はカメラ内に50/90/135mmの3種類のブライトフレームを内蔵しており
ファインダー倍率がM型のカメラの中で最も大きいです。
それ故、35mmのレンズを装着してもそのままだと構図が確認できないので
レンズの上に「メガネ」が付いたレンズを使用することでファインダー上で構図の確認ができるようにします。
M3以降のカメラには35mmのブライトフレームが内蔵されるようになるので「メガネ」が不要になります。
このルックス、M3ならではです!

Leica MDa + Elmarit M28mm F2.8 1st


続いては奇抜なデザインの「Leica MDa」をご紹介。
本来はビゾフレックスというアイテムを使用して専用のレンズを使用したり
医療用途など特殊な目的で使用されていたカメラです。
このまま使う場合はカメラにファインダーが無いので、ピントと構図は勘になります。
あえて「心の目で撮る!」現代で使うならば写真にストイックなカメラ…なのかもしれません。

Elmarit M28mm F2.8 1st & Elmarit M28mm F2.8 2nd


心の目で撮れそうな組合わせに選んだのは「エルマリート M28mm F2.8 1st」
広角レンズであれば被写界深度(ピントが合って見える範囲)が深いので
綿密なピント合わせが必要ないというのも大きいポイントですが
このレンズを選んだ最大の理由は「M型デジタルだと使用に制限があるから」です。

上の写真の左が今回選んだ1stモデル、右が後継の2ndモデルです。
この2つを比べると1stモデルの後ろ玉が大きく出っ張っているのが分かりますでしょうか?
後ろ玉が大きく出っ張った設計のレンズは、フィルムカメラでは露出計内蔵のモデル以外では特に制約がありませんが
デジタルだと、周辺に色被りが出る・M(Typ240)以前のモデルでは露出計が正しく機能しないといったことがあります。
このレンズの持ち味を存分に堪能するならフィルムがベターです。

Leica M2-R + Summicron M50mm F2 1st Rigid


続いては「Leica M2-R」という2000台のみ生産の珍しいモデル。
ファインダーのブライトフレームは35/50/90mmです。

Leica M2-R + Summicron M50mm F2 1st Rigid


見た目は型番の刻印以外は「Leica M2」とほぼ変わりませんが、実用面で大きな変化が…!
フィルムの装填方法がスプール式からM4以降に採用されているクイックローディング式に変更になりました。
フィルム装填が容易になったことで使いやすさが向上しています。
ファインダーのブライトフレームが潔く見やすいこと、フィルムカウンターが手動で何とも愛らしいこと。
こういった点から、私も前から欲しいと思っているカメラの1つです。

Leica M6 + Tri-Elamar M28-35-50mm F4 ASPH


最後に大人気の「Leica M6」をご紹介して締めくくり!
ブライトフレームが28/35/50/75/90/135mmと6種類あり、多くのレンズに対応!
しかもカメラ内に露出計を内蔵しているので、初めてのフィルムカメラにもオススメです!
現に私の初めてのフィルムカメラはこのLeica M6でした。

Leica M6 + Tri-Elamar M28-35-50mm F4 ASPH


選んだレンズは「トリエルマー M28-35-50mm F4 ASPH」
まず、M型のレンズはほぼ全て単焦点レンズなのでズーム機能がありません。
被写体に応じてレンズ交換をする余裕が無い、旅行で荷物を極力減らしたい…etc.
そんな時はこの「トリエルマー」が便利です。
3焦点を切替えて使うことで、3本分の画角をこれ1本で賄えます!
一般的によく使われる画角が1本で済む、というのは大きなメリットです。
しかもM6なら28mmのフレームも出るので、外付けファインダーが不要です。気兼ねなく使えます。

店頭限定でお好きなフィルムをプレゼント!


いかがでしょうか、数あるモデルの中からお気に入りを見つけるチャンスです!
フィルムカメラの人気はまだまだ衰えません!そして、マップカメラ店頭限定でお得なキャンペーンも実施中!
5月31日までにフィルムカメラをご購入いただいた方に「お好きなフィルムを1本プレゼント!」
ご用意しているのはこれら7種類!お好きなものをお選びいただけます。

是非マップカメラ店頭にて、フィルムカメラの操作や感触などお確かめ下さい!
デジタルに慣れていると、1枚1枚巻き上げながら撮るというフィルムならではの所作が刺激的だと思います。

皆様のご来店お待ちしております。

マップカメラはココ!


マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」なら48回払いまで金利が0%です!
末永く付き合っていける素敵な相棒を見つけて是非ご活用ください!


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年05月30日 17時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】たてもの園で撮る浴衣ポートレート 【Leica】たてもの園で撮る浴衣ポートレート 2018年08月07日
皆様こんにちは! 連日30℃超えの暑い日が続きます。 台風の接近に伴い、今日は涼しいですが…早く秋になってほしいなんて思ってしまいます。 今回は、ちょいちょい飲みに行くお店で「友達の浴衣姿を撮ってほしいんだけど…」とオファーを頂いたので 小金井にある「江戸東京たてもの園」に行ってきました。 初めましての人と初めての場所に行くというドキドキの幕開けです。 旧き良き日本の雰囲気でお送りします。 綺麗なシャンデリアです。 ガラスのきめ細やかな反射が美しいです。 カメラ...
続きを読む
【24人の24mm】ELMARIT M24でモノクロスナップ 【24人の24mm】ELMARIT M24でモノクロスナップ 2018年08月05日
ELMARIT M24でモノクロスナップ 【24人の24mm】でズミルックス、エルマーとご紹介して、今回は残るエルマリートになります。 Mマウントに24mmのラインナップが加わったのが1996年とM型の歴史を考えれば比較的最近のことです。 M3にモノクロフィルムを詰めて街中をスナップ撮影してきました。 夏の強い日差しが生み出すハイライトとシャドーをモノクロで収めたくなるのは私だけでしょうか? 個人的に24mmレンズを使った際の縦構図の路面と背景の収まりが好みです。 ...
続きを読む
【24人の24mm】広角日和。 【24人の24mm】広角日和。 2018年08月02日
広角日和。 さて、本日ご紹介いたします24mmはこちら。 「Elmar24mm F3.8 ASPH.」です。 M型ライカでは24mmという焦点距離のレンズは数が少なく、 ズミルックスとエルマリート、そしてこのエルマーの3種類のみ。 そして、現行のLeica レンジファインダーカメラで、 24mmの画角に対応するファインダーが搭載されているモデルはありません。 その為、M10やM(Typ240)などのライブビューが可能な機種では ファインダーではなく、モニターを見ながら撮影することで画...
続きを読む
【24人の24mm】”S”の衝撃 【24人の24mm】”S”の衝撃 2018年07月29日
”S”の衝撃 24mmという画角は普段全く使っていない焦点距離。 正直お話が来た時「果たして私で大丈夫なのか…?」と少し緊張もしました。 今回は中判フォーマットとなるLeica S(Typ007)と 換算24mm相当のElmarit-S 30mm F2.8 ASPH.を使用し、 モノクロームで撮ってきました。 ズシリと手に伝わる重量は、ボディ1260g、レンズ1006gという超重量級の組み合わせ。 この企画の中でも恐らくトップクラスの機材…緊張が走ります。 S(Typ006)まではCCDセンサーでしたが、S(Typ007)から...
続きを読む
【24人の24mm】魅惑の24mm 【24人の24mm】魅惑の24mm。 2018年07月24日
皆様こんにちは! マップカメラは沢山のお客様に支えられ、今年で24周年を迎えることが出来ました! ご愛顧、誠にありがとうございます。 24周年にちなんで「24人の24mm」というブログ連載企画を開催中! 皆様にとって「24mm」という焦点距離、どういう印象ですか?? 私は、正直なところ広角の単焦点レンズが欲しいと思ったら21mmの方がより広くてダイナミックな画が撮れそうだし、28mmの方が広すぎず狭すぎず無難で使いやすいかな、なんて考えてしまうので、その間に位置するちょっと...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]