Select Language



【OLYMPUS】 カメラもアンチエイジング。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年06月02日 17時00分]




OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO


先日発表されたカメラグランプリにおいて、オリンパス交換レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO」が交換レンズ部門受賞を果たしました。2016年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、2017年度の「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に続く3年連続受賞はまさしく快挙。筆者も興奮冷めやらぬうちにというつもりで、夜の街をM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PROでスナップ撮影してみました。


OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO


F1.2というハイスピードで、交差点の一瞬を撮ってみたり・・・


OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO


照明の斜光が印象的だった商店を撮ってみたり・・・


OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO


意味もなく地下鉄の入り口を撮ってみたり・・・癖のない前ボケのおかげで、スッキリと撮影できました。

その一方、レンズの栄光で陰りがちなのが、カメラボディ。
「ボディ内5軸手振れ補正」で世間を驚かせたり、防塵防滴性能を重視したカメラづくりなど、他ブランドとは一線を画した性能で確固たるポジションを作り上げているのですが、デジタルの世界は日進月歩。レンズとは全く異なる時間軸で世代を重ねていきます。
買ったカメラや買おうとしているカメラが、陳腐化の一途を辿ってしまうことは少し悲しくも思えます。
でも実は、ファームウェアというプログラム更新によって、カメラが生まれ変わるかもしれないのです。


「良いものを長く使ってほしい」というメーカーからのサインなのか、最近はファームウェアの定期更新によって性能向上を図ることが各社多くなってきました。
これ、身近なアイテムのスマートフォンではよくある話で、ついにデジタルカメラにも波及してきました。
更新内容も、以前は動作不良の改善を施すバグフィックスというものが中心でしたが、最近は新機能そのものを新たに実装する等の大型アップデートが増加傾向を辿っています。
オリンパスは大型アップデートを行う際は大々的に「Ver.○.0」という表記を用いているので、この表記を見つけた際は、是非ともアップデートを行ってみてください。
さすがに全ての機種ではなく、プロやハイアマチュアを狙ったカメラに的を絞っているようですが、自分のカメラが最新機種と遜色ないレベルにアップデートできることは、一ユーザーとしては嬉しい限りです。


OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO


OM-D E-M1ファームウェア「Ver.2.0」で実装されたライブコンポジット。車や電車の軌跡だけが記録されていきます。通常モードでは軌跡を優先して露光時間を長くすると、ほかの部分が真っ白になるため、軌跡だけを記録するモードは街撮りにはありがたいもの。
2014年初頭に発表されたエントリークラスOM-D E-M10に初搭載された撮影機能でしたが、2014年秋にOM-D E-M1にも実装されました。その後Mark II登場まで繰り返し更新され、最後の「Ver.4.0」では、まるで別物のカメラに。


OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.2 PRO


デジタルカメラは日進月歩。
その日進月歩の産物でもあるファームウェアアップデートを活用して、愛機を使い倒していきましょう。




Ver.2.0でさらにパワーアップしたOM-D E-M1 Mark II。
小ぶりなボディに本格派のPROレンズ・・・
小型車体に3000ccのエンジンを積んだようなドリーム感あふれるカメラで、
この夏走り抜けてみませんか。





〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年06月02日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]