【Canon】クリップオンストロボを使ってみよう! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】クリップオンストロボを使ってみよう!

[ Category:Canon|掲載日時:2018年06月07日 10時30分]



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F6.3 1/500 ISO-100 16mm フラッシュあり

先日、素敵なお二人のエンゲージフォトを撮影させて頂きました!
ウェディングフォトはもちろんのこと、ポートレート撮影には欠かせない…それはストロボ。
今回はストロボありなしで、どれだけ違いがあるのかをご紹介いたします!

***カメラとレンズ情報は写真の上にカーソルを合わせて(スマートフォンの方は写真長押しで)ご確認下さい。




Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F5.6 1/500 ISO-100 16mm


Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり

この二枚は、フラッシュなしでも雰囲気でているかなあ…と思いますが、
やはりフラッシュありの方がお二人の表情が明るく出て気持ちの良い写真です。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F5.6 1/800 ISO-100 16mm


Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/800 ISO-100 16mm フラッシュあり

これはもう勝敗は明らかです。
肌の質感が綺麗に飛んで、綺麗に演出してくれています。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F5.6 1/1250 ISO-100 16mm


Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/1250 ISO-100 16mm フラッシュあり

距離が離れていても、マニュアルで1/1で飛ばせば届きます。
ただ、今回使用した430EXIIIは少し光量と連写が追いつかず…
この日はカメラ2台持ち+レンズ3本で大荷物。
荷物を減らすために小型の430EXIIIにしましたが、余裕があれば600EX-RTをオススメします!

ストロボは室内や夜間に使うイメージ…と思いきや、
晴れの日の昼間にも実は結構使います!
逆光撮影で強い太陽光に対応するには、ストロボの強い光量が必要なのです。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F10 1/640 ISO-100 16mm フラッシュあり

明るい15時に逆光撮影。
光の当て方や撮影条件、設定にもよりますが、
昼間でも夕方のような撮影が出来ます。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM+スピードライト SP470EX-AI
F2.8 1/3200 ISO-100 24mm フラッシュあり

参考のため、別日の夕方時に撮影したものを掲載しました。
こちらは5月の17時50分に撮影したもの。
ストロボの光の操り方で色々な撮影が楽しめます。
設定によって全く別の雰囲気の写真になって面白いです。



Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM+スピードライト 430EX III-RT
F5.6 1/800 ISO-100 16mm フラッシュあり




Canon EOS 5D MarkIV+ EF24-105mm F4L IS II USM
F4 1/1250 ISO-100 60mm




Canon EOS 5D MarkIV+EF16-35mm F4L IS USM
F22 1/40 ISO-2000 35mm

遠近法で面白写真を撮影してみました!
工夫ひとつ、小物ひとつで色々な撮影が楽しめます。


今までの撮影にストロボをひとつ加えるだけで世界が変わります。
今回は野外での撮影メインの為、ほぼ単調な直炊き撮影となってしまいましたが、
室内ではバウンス撮影でとても活躍します。
もしまだ使い方がよく分からない…という方には、新しく発売したスピードライト SP470EX-AIがおすすめです!
オートでバウンス撮影が楽しめるスピードライト。
『AI.Bフルオート』という機能で適切なバウンス角と発光量を自動設定します。
カメラの縦横の姿勢変化にも、ストロボが自動で縦横に動きます。
私も実際使いましたが、ストロボが動くスピードも早くて、縦横変換が非常に簡単で驚きました!!

そしてこの日は5D MarkIIIとの2台持ちだったのですが、
陰になった場所や逆光での撮影時、5D MarkIVの方が色味と解像度が綺麗で非常に使いやすかったです。
同じレンズを使っているのに、逆光時でもフレアが少ないように感じました。
測光機能が向上しています。
細かい設定をしなくてもカメラ側で綺麗な色味を出してくれるんです。
タッチパネルで操作性も良く、素早く設定してモデルさんの表情を捉えることが出来ました。
モデルさんと話しながら細かいカメラ設定は大変…でもあとから何百枚も細かく色味調整もしたくない…
5D MarkIVはそんなカメラマンさんの強い味方です。


5D MarkIVのお値段がお手頃になり、手が届きやすくなりました!
お買い替えなら正に今が狙い目です!!

店頭でもお好きなレンズと組み合わせて自由にお試し頂けます。
是非ご来店頂いてその手で5D MarkIVの使い心地を体験して下さい!



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:Canon|掲載日時:2018年06月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

RIOCH GR III 【RICOH】GReatest snapshooter 2019年03月20日
GR III 1/40 | F2.8 | ISO 1600 ついに発売となりました、RICOH GR III。 昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。 既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、 このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。 ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、 そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、 さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。 待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思いま...
続きを読む
更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]