2018年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2018年5月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2018年06月08日 17時33分]






新品デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7III レンズ交換式デジタルカメラ
2位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
3位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ
4位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ
5位 Nikon D500 レンズ交換式デジタルカメラ
6位 SONY α7RIII レンズ交換式デジタルカメラ
7位 Canon EOS Kiss X9 レンズ交換式デジタルカメラ
8位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO レンズ交換式デジタルカメラ
9位 FUJIFILM X-H1 レンズ交換式デジタルカメラ
10位 OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II レンズ交換式デジタルカメラ

SONY α7III


SONY α7III が、3月末の発売以来、3ヶ月連続で第1位を獲得。断トツの強さです。
そして、それを追うのは毎回常連の… と思いきや、今月のランキングは何ともバラエティに富んだものとなりました。

今月、第2位にランクインしたのはFUJIFILM X100F。
2017年2月の発売以来、ランキングによく顔を出す、人気・実力を兼ね備えた高性能コンパクトカメラですが、2位というのは過去最高位です。
発売から1年以上経っているにもかかわらず、この成績は驚きです。5月の販売価格がかなり下がりお得感が増したことで、一気に皆様の購買意欲に火がついたようです。
続く3位に X-T2 、9位に再びトップ10に戻ってきた X-H1 と、FUJIFILM の好調ぶりが目立ちます。
新緑といえば FUJIFILM! フィルム時代から培われてきた鮮やかな発色は、やはり日本人の眼になじみが深いということでしょうか。
第8位に今年2月以来の Panasonic LUMIX DC-G9 PRO、第10位に昨年11月以来の OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII と、マイクロフォーサーズ機が揃ってランクイン。
代わりにといいますか、常連組の Canon が、EOS Kiss X9 のみのランクインに終わりました。
あの Canon が、しかもエントリーモデルのみなんて…。 私がこのコーナーを担当してから初めてのことで、驚きが隠せません。

全体的に見ても、一眼レフ機の勢いが失速しているような… いよいよミラーレス機と世代交代か?
もしかしたら、今回 2018年5月の新品ランキング、カメラ業界のこれからを占う大きな転換期として後代に残るものかもしれません。




中古デジカメ5月ランキング
1位 SONY α7II レンズ交換式デジタルカメラ
2位 Nikon D750 レンズ交換式デジタルカメラ
3位 Canon EOS 6D レンズ交換式デジタルカメラ
4位 FUJIFILM X-T2 レンズ交換式デジタルカメラ
5位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ
6位 Canon EOS 7D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ
7位 Canon EOS 6D Mark II レンズ交換式デジタルカメラ
8位 Canon EOS 5D Mark IV レンズ交換式デジタルカメラ
9位 Canon EOS 5D Mark III レンズ交換式デジタルカメラ
10位 Nikon D810 レンズ交換式デジタルカメラ

SONY α7II


新品部門でかなり大げさなことを書きましたが、中古ランキングはご覧の通り。
第1位こそ、SONY α7II が 2ヶ月連続で獲りましたが、2位との差は先月ほどはなく、僅差での決着となりました。

そして、10位中 8機種を一眼レフ機が占めるという、新品部門とは真逆ともいえる結果になりました。しかも Canon が、EOS 6D Mark II や EOS 5D Mark IV など、新しい機種を含む 5機種… 一眼レフ、好調です…。

とはいえ、新品・中古ともに上位に入った D850 の Nikon はともかく、発売から時間の経った機種の多い Canon は、新品と中古の価格差が大きくなり、中古品に圧倒的に購買者の支持が集まったということになります。
メーカーとしては新品が売れてこそでしょうから、そろそろまた業界やユーザーをあっと言わせるようなニューモデルの登場が必要かと… ファンならずとも期待してしまいます。

次回は、梅雨入り 6月のランキング。外に出る機会が減ってしまうせいか、カメラの購入も減少してしまう月ですが、そういう時こそ狙い目!出玉の中古品を、じっくり選んでご購入できるチャンスです。
ネットで、店舗で、新着中古にご注目ください!!

さて、次回のランキングで優勢なのは、一眼レフ機かミラーレス機か?
きっとまた興味深いランキング結果が現れるはず。 次回もお楽しみに!



[ Category:etc.|掲載日時:2018年06月08日 17時33分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]