【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ | THE MAP TIMES 
Select Language



【KONICA MINOLTA】始めたばかりの頃のカメラ

[ Category:etc.|掲載日時:2018年06月11日 21時00分]




今から15年近くも前のこと、筆者がまだ小学校高学年だったころ。
機会あって父から真新しいデジタルカメラをもらいました。Canon 「IXY DIGITAL 30a」でした。
大したものを撮るでも訳でもありませんでしたが、写真というものが新鮮で色んなものを撮った記憶があります。
修学旅行では周囲はレンズ付フイルム(いわゆる使い捨てカメラ)が普通なところ、
私はひとりデジタルカメラ。その便利さと写真の面白さにすっかり目覚めていったのでした。

使っているうちにもらったIXY DIGITAL 30aでは色々と不満が出てきます。
ステップアップするのに何か良いカメラはないか、見た目は一眼レフっぽくて
高倍率のズームレンズがついていて...探していると1台のカメラが目に留まります。


DiMAGE Z5 外観
「DiMAGE Z5」


2005年2月発売、今はなきコニカミノルタの製品です。主要なスペックは次の通りです。
撮像素子: 1/2.5型500万画素CCD
ISO感度: AUTO、ISO50、100、200、320 相当
レンズ: 5.83-69.9mm(35mmフィルム換算35-420mm相当)F2.8-F4.5 高性能GT APOレンズ
手ぶれ補正: CCDシフト方式「Anti-Shake」
EVF: 0.33型 約11.4万画素 背面液晶: 2.0型TFT 約11.4万画素
電源: 単3電池4本(アルカリ or ニッケル水素)

テレ側35mm換算420mmの望遠は中学生になったばかりの私には大変魅力に感じました。
今やオリンパスやソニーで当たり前のように搭載されているセンサーシフト式の手振れ補正も
当時はまだ珍しくコニカミノルタ機の特権でした。ISO感度が最高で320というのが時代を感じさせます。
お値段は新品で5万円弱、溜めていたお年玉を親には内緒で崩し購入したのでした。


レンズ銘板拡大
「高性能GT APOレンズ」(メーカーサイト表記より)


しばらく気に入って使っていましたが、デジタル一眼レフを購入してからは第一線から退きました。
その後は何年もの間、陽の目を浴びることもなく防湿庫の肥やしに。しかし、ふとしたキッカケで
「当時のカメラを今使ったらどうなるだろう」そんな気持ちからここにきて持ち出しました。
撮影後はLightroomで明るさとコントラスト調整、カラーノイズ除去を行なっています。


ISO50, F8.0, 1/400

まずはワイド端 35mm換算35mm相当で撮影。普通によく写っています。
焦点距離はこれ以後、35mm換算値で記載してまいります。


ISO50, F8.0, 1/320

テレ端 420mm相当にするとここまで大きく写ります。

この後の撮影の舞台は筑波山の中腹にある「椎尾山薬王院」
地元でしたが最近まで知らず、知る人ぞ知る大変静かな場所です。

ISO50, F4.0, 1/40

ハイライトが飛ばないように飛ばないよう....気をつけました。


ISO50, F3.5, 1/40

109mm相当。中望遠でもディティールまでよく写っています。


ISO50, F4.5, 1/60


ISO50, F5.6, 1/125

細かい描写がどんなものか、と気になってとって見ました。
69mm相当でF5.6まで絞っていますが、、、あまり高周波成分は得意でないようです。


ISO50, F3.2, 1/50

このようなシチュエーションでは真っ先にハイライトが飛ぶため、思いっきりアンダーに撮って
後からシャドーを起こしています。当時のセンサーの特性はシビアです。


ISO50, F4.0, 1/60


ISO50, F3.5, 1/60

すこしハイライトが飛んでしまいましたが、シャドー部よく写ってくれました。


ISO50, F3.2, 1/40


ISO100, F3.2, 1/40

ISO100で撮影をしていますが、すでにご覧のような粒状感です。
現代のカメラと比べてはいけませんが、驚きです。


ISO125, F3.5, 1/40

ISO125にて。やはり水面のシャドー部に粒状感を感じます。


ISO50, F5.6, 1/125

改めて細かいものを。こちらは黒っぽいためか綺麗に描写されています。


ISO64, F3.5, 1/40

淡い光はどうかと撮ってみました。きれいに描写されています。


ISO64, F3.2, 1/40

このような全体的にしっとりとした状況は得意なようです。
昨今のカメラと比べても遜色ない描写です。


ISO64, F4.0, 1/40

お地蔵さんの後頭部にピントを持ってきました。
119mm相当ですが、センサーが小さいため背景がボケません。


ISO64, F2.8, 1/40


ISO160, F3.5, 1/30

104mm相当で1/30秒で撮影していますが、手ブレしていません。
しっかりとセンサーシフト式手ぶれ補正が効いています。


ISO100, F3.2, 1/40

最後にレンズ前1cmまで寄れるスーパーマクロモードで。
なかなか背景がボケる撮影ができないでいましたが、ようやくボケてくれました。


改めて使ってみて、昨今のカメラの使いやすさ、性能の良さを再認識しました。
センサーの特性なのか非常にハイライトが飛びやすく、常にアンダー目で
撮らざるを得ないなど旧世代ゆえの苦労もあります。
設定で「ナチュラルモード」に固定していますが、常に緑っぽい特有の発色なのも特徴です。
当時のデータを見てもこの傾向があるので、ハード的に壊れたわけではない様です。
EVFも背面液晶も構図決定くらいにしか使えない品質で当時の限界を感じます。
しかし写り自体は問題ありません。思いのほか未だ使えるじゃないかという印象を持ちました。
長いこと使っていなかった「DiMAGE Z5」皆様にご覧頂き、ようやく日の目を見ることが出来ました。

マップカメラでは残念ながら当時のコンパクトデジタルカメラの取り扱いはこざいません。
しかし、コニカミノルタからカメラ事業を引き継いだSONY製品でコンセプトの近いものがありますので紹介致します。
ぜひ店頭にてお手にとってご覧くださいませ。


1.0型センサー搭載、ワイド側24mmで雄大な風景も納めやすくテレ側は200mm。
これ1台でなんでもこなせる万能性があります。
RX10やRX10M2はテレ側200mmにしてもF2.8を維持できるのがポイントです。





〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:etc.|掲載日時:2018年06月11日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]