Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4 | THE MAP TIMES 
Select Language



Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その4

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年06月14日 12時15分]



Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


Panasonic G9PROを筆頭に、パナソニックのミラーレスは多彩なフォトスタイルが搭載されています。
白黒写真が気軽に撮れるモノクロモードも当然ラインナップされているのですが、その中でも力を入れているのがL.モノクロームです。

モノクロ写真特有の光と影によるシャープな質感表現を追求、豊かな階調で被写体を描き出すことで、普段見慣れている日常の風景をドラマチックに演出してくれるモードとなっており、スナップ撮影にピッタリのフォトスタイル。

写真は全てjpg撮って出し、レタッチなしで挑みましたが
実際使ってみると写真一枚一枚に味があり、思わずどんどんシャッターを押してしまいました。

今回はフォトスタイル“L-モノクローム”で撮影した江の島の写真を写真を中心にお送りします。


以前にもPanasonic G9PROの写真を中心とした記事を掲載しておりますので、興味のある方は是非ご覧ください。


Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その1
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その1


Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その2
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その2


Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その3
Panasonic G9PROはフルサイズに匹敵するのか? その3




元々は鎌倉で散歩をしながら撮影する予定だったのですが、日曜日に車で向かったところ、近隣の駐車場はすべて満車。
日頃から平日に撮影を行うことが多く駐車場の込み具合を気にしていなかったのですが、この時期の土日は電車で向かうべきでした。

埼玉から車を走らせ2時間…さすがにとんぼ返りは悲しかったので、車を走らせ江ノ島へと向かいました。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


江の島本島は人口が約350人と小さいながら、年中を通して観光客が訪れる湘南屈指の名所となっています。
土日はご覧の通り観光客で大賑わい。
海外からの観光客も多く見受けられました。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


そんな活気のある大通りから一本小道に入ると、一気に物静かな空間に。
入り組んでいる道を歩いていると、島独特の表情を見せてくれます。
L.モノクロームで撮影すると、より一層その場の雰囲気が伝わってきます。



Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


懐かしみを感じられる商店がいくつか営業しており、ゆっくりとした時間が流れていました。
ふと、子どもの頃に祖父母と一緒に駄菓子を買いに行った思い出が蘇ってきました。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO


隠れ家的なカフェも島のあちこちに点在していて、思わずふらっと立ち寄ってしまいそうになります。
江の島の海でたくさん遊んだあと、カフェでゆっくり休憩。
そんな優雅な休日が過ごせるのも江の島の魅力です。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


ぶらぶらと裏地を散歩していると、後ろから走ってくる女の子と急ぎ足で追いかけるお父さんが。

お父さんが待て待てと女の子を追いかけています。

何かあるのかな?と後を追っていると…。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.



Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.



Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.



Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


猫がたくさん!
女の子のお目当てはこの猫たちでした。
こちらを覗き込んで観察していたり、数匹が固まって寝ていたり…自由な猫は可愛いものです。

江の島は関東屈指の猫島で、島内にはたくさんの野良猫が生息しています。
もともとは捨てられてしまった野良猫たちだったようですが、今では島内のボランティアの方々が餌場を作ったり、避妊手術を行うなど、猫の暮らしやすい環境を維持されているようです。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO


日差しも弱くなり涼しくなってきたので、島を少し登ってみることに。

するとそこには、広々とした海に沈む素晴らしい夕日が待っていました。
金色に輝く夕日も綺麗ですが、L.モノクロームで撮る夕日も抜群です。
カラー写真では白とびしてしまう夕日も、モノクロ写真であれば質感や雰囲気がしっかり伝わってきます。
煌びやかな水面の反射もより一層美しく見えます。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.



Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


夕日が沈み切ってしまう前に、急ぎ足で浜辺へと降りてゆきます。
煌びやかに光り輝く水面を、水上バイクがかなりのスピードで過ぎ去っていきます。
G9PROの正確な高速追従AFのおかげで、思い通りの一枚を撮ることが出来ました。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


釣りに勤しむ姿を望遠で。
カラーだと眠くなってしまうような構図も、モノクロで撮る事で味のある一枚に。

逆光で黒潰れしそうな部分もしっかりと質感が残っているのは、L.モノクロームだからこそ。
光と影の明暗をよりはっきり表現しながらも、ギリギリのバランスで階調性を表現しているのは流石の一言です。


Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.


最後に波打ち際で会話を楽しむカップルを。
和気藹々と楽しそうな雰囲気の中、日が落ちていく寂しさを表現できるのもモノクロならでは。
海や夕日の反射した光をカメラの液晶で確認したときは、思わず息を飲んでしまいました。


普段モノクロの写真を撮ることはあまりなかったのですが、今回の撮影でモノクロ撮影の虜になってしまいました。

カメラが高性能になるとカラーでの色調やダイナミックレンジ、機械的な動作の向上に目がいきがちですが
L.モノクロームのような様々なフォトスタイルも目が離せません。

是非一度、モノクロの世界を楽しんでみて下さい。


null
過去にパナソニック担当者様によるL.モノクームについての説明記事がありますので
興味がある方はこちらも要チェックです。



↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓



〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:2018年06月14日 12時15分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Panasonic】青い丘であいましょう 【Panasonic】青い丘であいましょう 2019年05月02日
令和目前、平成最後に茨城の青い丘を観に行ってきました。 場所はひたち海浜公園。青の花の名前はネモフィラ。 SNSで知名度が一気に上がった青い丘。 想定した混み具合を軽く上回る人の数でした。 前日に茨城に着き一般道から向かったのですが着いた時には駐車場待ちの行列。 公園から少し歩く臨時の駐車場に止めることが出来ましたがそこもすぐに満車状態に。 ちなみに今は期間限定で朝7:30開園なのですが(着いたのは8時前くらい) 朝四時から五時に開園待ちをしている人もいたという人気っ...
続きを読む
null 【Touch&Try The Mapcamera】Panasonic DC-S1 & S1R 2019年03月22日
遂にこの日がやってきました。 今最も注目を浴びていると言っても過言ではないしょう。 三社協同による「L」マウントのミラーレス一眼カメラ 「Panasonic DC-S1&S1R」の発売日です。 cp+(シーピープラス)も多くの方で Touch&Try コーナーが賑わっていました。 中には長蛇の列を待ちきれずに触らずじまい、という方もいらっしゃったのではないでしょうか。 そこで今回マップカメラでは なるべく多くの方に実機を触っていただき魅力を感じていただきたいと思い 本館4FとB1Fにそれぞれ触って...
続きを読む
【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る② 2019年02月21日
以前のブログでは<Panasonic GX7MK3 標準ズームレンズキット>のクリエイティブフィルターを使った雰囲気写真に挑戦しました。 前回ブログはこちら↓ 【Panasonic】フィルターで雰囲気写真を撮る 今回は、鮮やかな色と打って変わってモノクロームを使った撮影を試みました。 焦点距離12mm ISO200 F3.5 1/60秒 ラフモノクローム 高架下 粒子のような質感を出せるモノクロフィルターです。 ざらついた写真がフィルムを現像したような雰囲気を醸せます。 焦点距離12mm ISO1000 F3.5 1...
続きを読む
通勤のち旅路 通勤という旅路 2019年02月09日
「通勤時間を楽しいものにしたい」 それが最近の私のテーマです。 通勤時間というのは一年で換算するとかなりの割合を占めていることに驚かされます。 毎日というわけにはいかなくとも、せめて休日前の帰りの時間だけでも有意義にすることは出来ないでしょうか。 そこである日、私はある試みをしてみました。 休日前の仕事終わりに家には帰らず、あえて一泊してみたのです。 はたして結果はどうなったのでしょうか。 市ヶ谷のホテルを出てすぐ、中央線の走る線路上から見下ろすところに釣り...
続きを読む
晩秋の京 晩秋の京 2018年12月22日
京都というのは実に面白い街です。 これだけメディアに取り沙汰され、常に国内外から多くの人々が訪れて情報を拡散しているにもかかわらず、 実際に自分で訪れてみれば途端にその雰囲気に飲まれてしまいます。 私は学生時代からほぼ毎年京都を訪れています。 そこまで惹きつけられる理由は、やはり市内に点在する多くの寺や古道、繁華街でしょうか。 そしてその場所に流れる「歴史の重み」を感じるのです。 そこまで難しく考えているわけではありませんが、要するに古都に流れる独特の「空気」という...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]