【Leica】Qと旅する~台湾編~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】Qと旅する~台湾編~

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月19日 10時30分]



今回Qと共に訪れたのは、台湾!

Leica Q(Typ116)

まずは仕事終わりに羽田に集合!
一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。

Leica Q(Typ116)

人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました!
暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。
サウナと言っても過言ではない次元でした。


ではまずは水分補給をしましょう。
Leica Q(Typ116)

Monster改め魔爪です。
日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。


Leica Q(Typ116)

こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース
お茶が激甘だったりと、甘い飲み物が多い印象でした。


ホテルに荷物を預け、いざ出発!!
Leica Q(Typ116)

…?
洋服の青山?FamilyMart?ここは日本?
いいえ、台湾です。
街を歩いていると、日本のコンビニが多く、飲食店なども展開しているようです。


Leica Q(Typ116)
Leica Q(Typ116)

新しいビル、古いビル、様々な建物が並んでいるのが面白く、ついシャッターを切ってしまいます。


Leica Q(Typ116)

スナップと言えばボケ・ブレだ!と寝不足で乱心気味に撮った一枚。


Leica Q(Typ116)

やってきたのはカメラ屋街
珍しいフィルムを販売しているお店や、
初めて見る日本製(?)のEFマウントレンズを置いているお店、
一つのメーカーに特化したお店など様々な店舗が立ち並んでいます。


一番のお目当てのお店がこちら!!
Leica Q(Typ116)

はい、お休みでした。


嘆息しながら振り向くと…。
Leica Q(Typ116)

コニカ!?
まさかコニカのフィルムが売っているのでは!?
と、期待に胸を膨らませましたが、残念。ありませんでした。
しかし、ここのお店のお姉さん曰く、このお店は手作業で現像をしているそうです!
日本で手作業で現像処理をしているお店がいったいどれだけあるでしょうか。


Leica Q(Typ116)

おまけ
K-50発売当時のポスターが貼られていました。
戦神II…。すごい…。


ちなみにこの近くにはライカブティックがあり、ライカだけでなく、RolleiやZEISSなどのカメラも置いてありました。
日本では見かけない限定モデルもあり、電卓片手に目が飛び出しそうになりました。


さあカメラで心を満たしたら、お待ちかねの台湾グルメです
Leica Q(Typ116)

まずは台湾ビールで乾杯!
日本のビールほどコクはないらしく、薄くて良い!!とのことです。
私が飲んだコーラも日本よりも薄く感じました…。

Leica Q(Typ116)

ちまき!日本の物よりもモッチリ柔らかで違った美味しさです!
私はこちらの方が好きです!

Leica Q(Typ116)

台湾のド定番の小龍包!肉汁のうま味がたまりません!

そのほかにも水餃子やワンタン、チャーハンなど、美味しくいただきました。
味も良く、日本で食べるより圧倒的に安いです!


Leica Q(Typ116)

移動途中の1コマ
これは暴走族?マッドマックス?
いえ、一般市民です。
彼らは隙間さえあればドンドン入っていくプロ顔負けの運転をします。


Leica Q(Typ116)

さて続いてやってきたのは日本で言う渋谷、原宿のような街です。
ファッションブランドのお店が軒を連ね、若者の街といった風情です。


Leica Q(Typ116)

おじさんの咆哮


Leica Q(Typ116)

フルーツの屋台。隣は泣く子も黙る臭豆腐の屋台。
これ以上近づけません。


Leica Q(Typ116)

台湾の若者を見ていると日本風、韓国風など様々なファッションで面白いです。

裏通りに入ると…。
Leica Q(Typ116)

裏原のような雰囲気でしょうか。
行かないので分かりませんが…。

Leica Q(Typ116)


Leica Q(Typ116)


Leica Q(Typ116)


Leica Q(Typ116)

裏路地を見るとつい入りたくなりますね。


Leica Q(Typ116)

寺、マンションが混然としている景色は新鮮です。
飛行機の上から見たときにも感じましたが、
集合住宅が多く、密集している印象です。


Leica Q(Typ116)

昔ながらのコインランドリーでしょうか。
日本と同じようでありながら、絶妙に違う、なんとも心くすぐられる街でした。


台湾と言えば
Leica Q(Typ116)

そう夜市です。
観光客が多く、欧米人の姿もチラホラ

Leica Q(Typ116)

かき氷のお店です。
氷の上にはたっぷりのマンゴーと練乳が!
夜でも暑い台湾にピッタリです。
でも食べすぎるとお腹を壊しますので、要注意です!!

本日はここまで!後半に続きます。






〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【Leica】ライカと往く 2018年11月13日
Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 皆さんこんにちは。 日中でも涼しくなり、段々と冬が近づくのを感じる昨今ですが写真を楽しまれていますでしょうか。 Leica M10にSUMMICRON M 50mm F2 3rdを付けて深大寺周辺を散策してきましたので、写真と共にお送りします。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm F2 3rd 実をつけ、枝垂れる柿の木が印象的だったので一枚。 SUMMICRONの50mmはこういった中距離での立体感の演出に優れるなあといつも感じさせられます。 Leica M10 + SUMMICRON M 50mm...
続きを読む
【Leica】M3と江の島散歩 【Leica】M3と江の島散歩 2018年11月12日
とある日の午後。新宿とは反対側の列車に乗り、たどりついたのは小田急線片瀬江ノ島駅。 今日の散歩のお供はライカM3ダブルストロークと沈胴ズミクロン。 レンズを引き出し準備を整えると潮の匂いを感じながら歩き始めた。 竜宮城をイメージした駅舎を背にして江の島方面に進んでいく。弁天橋を渡りながら横を見るとカヌーが一艘上流に向かってのんびりと進んでいった。 秋の東浜ビーチはぽかぽかとした気持ちがいい風が吹いている。砂浜ではカップルが海を見つめたり、子供たちがビ...
続きを読む
【Leica】秋祭りを撮る 【Leica】秋祭りを撮る 2018年11月06日
秋といえば何が思い浮かぶでしょうか? 読書?運動?はたまた食欲? 色々と思考を巡らせるのですが、毎年私の頭の片隅に必ずいるのが「お祭り」です。 お祭りというと夏のイメージが強いですが、地域によっては秋に行われているお祭りもあり 今回撮影に行ってきた「川越まつり」も秋に行われるお祭りです。 機材はLeica M10にAPO-Summicron 75mm F2 ASPH. CarlZeissのDistagon T* 35mm F1.4 ZMという組み合わせで臨みました。 それではどうぞ。 Leica M10 + Distagon T* 35mm F1.4 ZM ...
続きを読む
M9-P×ズミクロン M50mm F2 沈胴 【Leica】M9片手に夜の商店街を歩く。 2018年11月02日
友人との約束の時間より1時間も早く着いてしまったので、 M9にズミクロン M50mm F2沈胴を付け夜の商店街を撮影することに。 M9は高感度耐性が弱くISO400まで上げるとノイズが気になるのでモノクロで撮影しました。 ノイズのざらつきがかえって粒子のように感じられました。 テーラーショップの店先で1枚。 ライティングされ艶っぽいモノクロのトーンが印象的な仕上がりになりました。 昼も夜も関係なくつい路地に魅かれてしまうのは私だけでしょうか。 夜のスナップ撮影...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]