先黒と歩く浅草 | THE MAP TIMES 
Select Language



先黒と歩く浅草

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年07月02日 12時00分]


昨年9月にリニューアルされたVoigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用)。
レンズの高性能化が盛んな中、クラシカルな外見の中に
現代の光学技術が詰め込まれたコンパクトなマニュアル専用レンズです。

本レンズは前モデルと同様にニコンのAi-S仕様とCPU内蔵を継承しつつ、
前モデルにはなかったいわゆる「カニ爪(距離計連動爪)」が追加されてAi以前のニコンカメラにも対応しています。



今回は通称“先黒(さきぐろ)”と呼ばれるブラックリムカラーのこのレンズを携えて、この通称がどことなく似合いそうな街浅草を歩きました。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


仲見世通り入口からすぐ脇に入った路地にあった着物レンタル店のマネキン。
ボケ方に大きな癖はなく、手前を大きくボケさせても自然な感じです。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


クラシカルな外見ではありますが、ピント面は解放からしっかりとシャープな描写。
F4まで絞ればよりピント面が引き締まります。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


花やしき前の土産屋の通りを歩くと、レトロな雰囲気に溢れていました。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


吾妻橋を渡って有名なアサヒビール本社ビルから牛嶋神社へ。
思えば今年の正月の記事ではこのレンズの先々代モデルで柴又の狛犬を撮っていたのを思い出しました。
後で調べて分かったのですが、この神社は東京スカイツリーの氏神様であり、また名前の通り狛犬ならぬ「狛牛」があるそうです。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


せっかくなので定番のスカイツリーを一枚。


前モデルと比べて基本的なレンズ構成は変わっていないものの、
本レンズの特徴はクローズアップレンズを用いなくても最短で25㎝まで寄れるようになっていることです。
たとえ25㎝まで寄ることはないとしても、これまでよりもう一歩踏み込める安心感があります。

デザイン面では精密に削られた金属製のローレットを回しているだけでも楽しくなってしまいました。
まさしくニコンファンのために作られたようなデザインにすっかり魅了されてしまい、近頃出番のすっかり無くなっているニコンFに装着して撮影に出掛けようと思います。


オールドニッコールレンズを知っている方もそうでない方も一目でノスタルジックな気分にさせてくれる一方、写りの方はしっかり現代に寄せている本レンズ。
ぜひ手にしてみてはいかがでしょうか。


今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) D800E ボディ
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年07月02日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G ☆9/19写真追加しました☆ 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 ...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]