Select Language

先黒と歩く浅草

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年07月02日 12時00分]

昨年9月にリニューアルされたVoigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用)。
レンズの高性能化が盛んな中、クラシカルな外見の中に
現代の光学技術が詰め込まれたコンパクトなマニュアル専用レンズです。

本レンズは前モデルと同様にニコンのAi-S仕様とCPU内蔵を継承しつつ、
前モデルにはなかったいわゆる「カニ爪(距離計連動爪)」が追加されてAi以前のニコンカメラにも対応しています。



今回は通称“先黒(さきぐろ)”と呼ばれるブラックリムカラーのこのレンズを携えて、この通称がどことなく似合いそうな街浅草を歩きました。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


仲見世通り入口からすぐ脇に入った路地にあった着物レンタル店のマネキン。
ボケ方に大きな癖はなく、手前を大きくボケさせても自然な感じです。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


クラシカルな外見ではありますが、ピント面は解放からしっかりとシャープな描写。
F4まで絞ればよりピント面が引き締まります。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


花やしき前の土産屋の通りを歩くと、レトロな雰囲気に溢れていました。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


吾妻橋を渡って有名なアサヒビール本社ビルから牛嶋神社へ。
思えば今年の正月の記事ではこのレンズの先々代モデルで柴又の狛犬を撮っていたのを思い出しました。
後で調べて分かったのですが、この神社は東京スカイツリーの氏神様であり、また名前の通り狛犬ならぬ「狛牛」があるそうです。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


せっかくなので定番のスカイツリーを一枚。


前モデルと比べて基本的なレンズ構成は変わっていないものの、
本レンズの特徴はクローズアップレンズを用いなくても最短で25㎝まで寄れるようになっていることです。
たとえ25㎝まで寄ることはないとしても、これまでよりもう一歩踏み込める安心感があります。

デザイン面では精密に削られた金属製のローレットを回しているだけでも楽しくなってしまいました。
まさしくニコンファンのために作られたようなデザインにすっかり魅了されてしまい、近頃出番のすっかり無くなっているニコンFに装着して撮影に出掛けようと思います。


オールドニッコールレンズを知っている方もそうでない方も一目でノスタルジックな気分にさせてくれる一方、写りの方はしっかり現代に寄せている本レンズ。
ぜひ手にしてみてはいかがでしょうか。


今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) D800E ボディ
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年07月02日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!31票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む