Select Language

先黒と歩く浅草

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年07月02日 12時00分]

昨年9月にリニューアルされたVoigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用)。
レンズの高性能化が盛んな中、クラシカルな外見の中に
現代の光学技術が詰め込まれたコンパクトなマニュアル専用レンズです。

本レンズは前モデルと同様にニコンのAi-S仕様とCPU内蔵を継承しつつ、
前モデルにはなかったいわゆる「カニ爪(距離計連動爪)」が追加されてAi以前のニコンカメラにも対応しています。



今回は通称“先黒(さきぐろ)”と呼ばれるブラックリムカラーのこのレンズを携えて、この通称がどことなく似合いそうな街浅草を歩きました。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


仲見世通り入口からすぐ脇に入った路地にあった着物レンタル店のマネキン。
ボケ方に大きな癖はなく、手前を大きくボケさせても自然な感じです。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


クラシカルな外見ではありますが、ピント面は解放からしっかりとシャープな描写。
F4まで絞ればよりピント面が引き締まります。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


花やしき前の土産屋の通りを歩くと、レトロな雰囲気に溢れていました。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム




Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


吾妻橋を渡って有名なアサヒビール本社ビルから牛嶋神社へ。
思えば今年の正月の記事ではこのレンズの先々代モデルで柴又の狛犬を撮っていたのを思い出しました。
後で調べて分かったのですが、この神社は東京スカイツリーの氏神様であり、また名前の通り狛犬ならぬ「狛牛」があるそうです。


Nikon (ニコン) D800E ボディ<br />
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム


せっかくなので定番のスカイツリーを一枚。


前モデルと比べて基本的なレンズ構成は変わっていないものの、
本レンズの特徴はクローズアップレンズを用いなくても最短で25㎝まで寄れるようになっていることです。
たとえ25㎝まで寄ることはないとしても、これまでよりもう一歩踏み込める安心感があります。

デザイン面では精密に削られた金属製のローレットを回しているだけでも楽しくなってしまいました。
まさしくニコンファンのために作られたようなデザインにすっかり魅了されてしまい、近頃出番のすっかり無くなっているニコンFに装着して撮影に出掛けようと思います。


オールドニッコールレンズを知っている方もそうでない方も一目でノスタルジックな気分にさせてくれる一方、写りの方はしっかり現代に寄せている本レンズ。
ぜひ手にしてみてはいかがでしょうか。


今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) D800E ボディ
+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II S(ニコンF用) ブラックリム










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2018年07月02日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!33票


SONY α7III×Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO

【SONY】水槽の生きものがかわいい!【Tokina】[2020年04月01日]

少し前になりますが、「SONY α7III」と「Tokina FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」を組み合わせて、水族館へ撮影に行ってきました。 水族館といってもペットショップくらいの広さで、いつ行っても空いています。 じっくり見学できて良いと、私はこの穴場を大変気に入っており、たまに訪れるのです。 こちらはキイロハギ。 口がひょっとこのように突き出ています。 カクレクマノミがイソ...
続きを読む
私の一番好きなカメラ

【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】[2020年04月01日]

4月1日。1年のうちたった一日だけ、嘘吐きが許される日です。 そんな日だからこそ、誰かを楽しい気持ちにさせる嘘をつきたいものですね。 さて、今回は【マップカメラスタッフ10人に聞いた!私の一番好きなカメラ】というタイトルです。 寝ても起きてもカメラの事を考えているマップカメラスタッフは、いったいどんなカメラが好きなのか。 独断と偏見大歓迎、本日限りの特別企画です...
続きを読む
indoor ~Lens Taste in April~

【indoor】~Lens Taste in April~ 2020.04.01[2020年04月01日]

本日の機材 Nikon Z6 + NIKKOR Z 24-70mm F4 S var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759149534" ,LIMIT: "2" ,SELL:"new" }; var forcia_var = { JAN_CODE: "4960759901484,4960759901514...
続きを読む
お散歩

【Hassel blad】フィルム散歩[2020年03月31日]

妻、「天気いいし、散歩しましょう!」 少し前のことですが、妻と二人で多摩川まで散歩に出かけました。 自宅から徒歩だとちょっと距離があるのですが、冬にしては暖かな午後、休日は家でゴロゴロが当たり前の私を見かねての妻の決断です。 私、「……」 従うしかありません。 まぁ、どうせならと、今回お伴に選んだのは(…勿論、一番のお伴は妻ですが……)、ハッセルブラッド 500C/Mにプ...
続きを読む
邂逅、Leica M4

【Leica】邂逅、Leica M4[2020年03月31日]

ライカって、どんなカメラだろう カメラといえばどんな形?…カメラと言われて思い浮かぶ形には、ある程度の共通点があると思います。 例えば、CanonやNikonのデジタル一眼レフの形であったり、ローライのような二眼レフであったり、ディアドルフやリンホフの大判カメラであったり、ポラロイドのような形状を想像する方もいるかもしれません。 そのような「代名詞的な存在」のカメラた...
続きを読む