【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月16日 11時30分]



SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。
2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、
そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。
愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。

ILCE-7RM3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。

ILCE-7RM3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。
それは、「虹彩と瞳孔」とくに虹彩は人によって全然違う世界が広がっている・・・

多くの人の虹彩を撮りたくなります。

ILCE-7RM3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


撮影機材も撮影してみると面白い。

ILCE-7RM3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO



ILCE-7RM3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO



ILCE-7M3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


紙幣の表面に寄ってみました。紙幣に多く隠されている細かい文字もこの通り。

ILCE-7M3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


特殊インクの凹凸まで見て取れる。

ILCE-7RM3+SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO


いかがでしょうか。持っていたら楽しい1本です。
「カミソリマクロ」は、ソニーEマウント用以外にもキヤノンEF、シグマSAマウント用がリリースされていますので、
ソニーEマウント以外のボディをお使いの読者の皆様にもご検討いただけます。




▽関連商品▽


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月16日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM 【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 2019年04月10日
『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』 1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- 【新元号令和、平成を振り返る】 "時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける" 1/160 f/2 ISO640 WB AUTO 「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」 という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。 2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。 その中でもS...
続きを読む
DP3 Merrill 【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る 2019年04月04日
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/30 ISO:200 業界3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。 そしてユーザー待望のフルサイズFOVEONの発表。 新元号を目前に多いに賑わいをみせたSIGMA。 FOVEONを初めて使ったのは「DP2X」からなので 初期型でよく耳にする「透明感」を知らないユーザーではありますが FOVEONの全ての色を取り込むという思想に惚れこんだ一人です。 最新の世代である「Quattro」は ボトム1:ミドル1:トップ4 の「1:1:4」構造を採用しました。 この変更はSIGMAユーザーの間で話...
続きを読む
null 【SIGMA】絶妙な中望遠 SIGMA Art 105mm F1.4  2019年03月30日
こんにちは。 今回は「SIGMA Art 105mm F1.4 」で撮った写真を ご紹介したいと思います。 中望遠レンズといえば 85mmや135mmを思い浮かびます。 100mmといえばマクロレンズが思い浮かびます。 つまりあまり聞きなじみのない焦点距離です。(私にとっては) ただ以前ブログ企画で100mmのレンズを撮ったことがあります。 今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2 今再びのCONTAX! Vol.34 Planar T*100mm F2 Part2 この時思ったんです。 実はこの「100mm」って一番程いい中望遠なんじゃないか...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]