【24人の24mm】「東京スナップ」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】「東京スナップ」

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月22日 20時30分]



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/2000 ISO-500
Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM


「東京スナップ」



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/640 ISO-100
Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

友人を連れて、初めて東京駅周辺で撮影。
こちらの写真は東京国際フォーラム横にて。
この日は非常に暑く、友人と私は汗だくでした。




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/160 ISO-100
Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

東京国際フォーラム内にて。
SIGMA Artならではの、奥に行くにつれてとろけるような、独特で美しいボケ味。
原寸大でよく眺めても、うっとりする美しさ。




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM
F7.1 1/20 ISO-12800
Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

少し絞って東京国際フォーラムの内装撮影。
ポートレート撮影時は肌を綺麗に表現したかったので昼に撮影。
内装撮影時は落ち着いた雰囲気を出すため夜に撮影。
暗いので感度をISO12800まで上げましたが、カメラの高感度性能とレンズの解像度が高く綺麗に表現できました。




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/40 ISO-800
Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

東京駅横のKITTEビル内の天井。
色味設定に悩んで、白色蛍光灯モードで撮影。
基本スタイルがJPEG撮って出しなので、撮影時に色々と悩んで色味を出します。
それが私の撮影の愉しみ方。




Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM
F3.5 1/30 ISO-6400
Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM

KITTEビル屋上から東京駅を捉えました。
ホワイトバランスを変えて色々と撮影してみましたが、リアルな中間の色味だとつまらないので、あえて式温度を高くして撮影しました。
後から、もっとF値を絞って撮影すればよかったと少し後悔。





SIGMA Art24mmでポートレート撮影をする!そう決めた時すぐに思いついた撮影地が東京駅でした。
あの奥行きのある数々のビルや美しい建造物はSIGMA Artレンズで撮影するにはうってつけの撮影場所です。

24mm単焦点レンズ、今回初めて使いました。
単焦点ならではの滑らかなボケ味、高い解像度、歪みすぎず、美しく、シンプルで恰好良い画角。
今までポートレートで24mmの画角なら24-70mm F2.8の通しレンズで充分だと思っていましたが、 単焦点ならではの高解像度、美しいボケ味はポートレート撮影でとても重宝しました。
空間を生かして一枚の画にどう残そうか、思考を凝らして非常に楽しい撮影となりました。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲





↓今回使用した機材はコチラ!↓








〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月22日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

熱帯植物園 【SIGMA】熱帯植物園 2019年05月10日
今回、私が選んだカメラは、2015年に発売された 【SIGMA dp0 Quattro】です。 これを持って熱帯植物園へ行ってきました。 レンズは14mmF4。 35mm判換算で21mm相当の焦点距離です。 歪曲収差が少ないのが特徴です。 目の前いっぱいに広がる熱帯の植物たちを、 一つとして逃がすまいとシャッターを切ります。 目に映る迫力をそのままに。 dp0の超広角と極限まで抑え込まれた歪曲収差だからこそできる表現ではないでしょうか。 もっとこの熱帯の世界を切り取りたいと、ワイドで...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成を振り返る】私が見た平成の色平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM 【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 2019年04月10日
『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』 1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO -言葉を写真に- 【新元号令和、平成を振り返る】 "時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける" 1/160 f/2 ISO640 WB AUTO 「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」 という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。 2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。 その中でもS...
続きを読む
DP3 Merrill 【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る 2019年04月04日
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/30 ISO:200 業界3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。 そしてユーザー待望のフルサイズFOVEONの発表。 新元号を目前に多いに賑わいをみせたSIGMA。 FOVEONを初めて使ったのは「DP2X」からなので 初期型でよく耳にする「透明感」を知らないユーザーではありますが FOVEONの全ての色を取り込むという思想に惚れこんだ一人です。 最新の世代である「Quattro」は ボトム1:ミドル1:トップ4 の「1:1:4」構造を採用しました。 この変更はSIGMAユーザーの間で話...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]