【Leica】1日中撮りたいあなたに! | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】1日中撮りたいあなたに!

[ Category:Leica|掲載日時:2018年07月17日 10時00分]




夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。
しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。
汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。


今回はLeica M(Typ262)Summicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。


M(Typ262)M(Typ240)から
動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、
カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。
どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100gの軽量化は
撮影時間が長ければ長いほど大きな助けとなるでしょう。

まずはズミクロン M35mm F2 6枚玉からご覧ください。

Leica M(Typ262) + Summicron M35mm F2(6枚玉)




Leica M(Typ262) + Summicron M35mm F2(6枚玉)



まずは三ノ輪へ。
東京の下町でも今まで流れてきた時代の面影が残る場所。
アラーキーこと荒木経惟氏の生まれ育った町です。


開放付近でのハイライトの滲みや柔らかい描写への定評が高い6枚玉ですが
絞るとその印象を払拭するような切れ味を発揮します。
振れ幅の大きさもこのレンズの面白さの一つとも言えます。



Leica M(Typ262) + Summicron M35 F2(6枚玉)




Leica M(Typ262) + Summicron M35mm F2(6枚玉)



絞り込んでもそこまで硬くならず、しかし破綻もしない。
ライカレンズの素性の良さが分かります。

続いてズミルックス M75mm F1.4 フード組込です。

Leica M(Typ262) + Summilux M75mm F1.4




Leica M(Typ262) + Summilux M75mm F1.4




Leica M(Typ262) + Summilux M75mm F1.4




Leica M(Typ262) + Summilux M75mm F1.4




今まで75mmは使ったことがなく戸惑うばかりでした。
初めはどのように撮影すれば良いか全く想像できず、
闇雲に撮り続けていましたが少しずつ感覚に慣れていくと
面白さが分かってきたような気がします。


Leica M(Typ262)を1日使った感想は
「使っていてとにかく気持ちのいいカメラ」です。
シャッター音も従来のMよりも軽く、抑制が効いているように聞こえ
使っていて足取りも軽くなる楽しさ。


特に1日中、街を歩いて撮り続ける方にはオススメの1台。
この機会に是非、ご検討下さい!








〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:Leica|掲載日時:2018年07月17日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]